Camera アクタ

エディタでカメラを配置および使用するためのガイド

Windows
MacOS
Linux

CameraActorHeader.png

プロジェクトにはすべて表示方法が必要です。最も基本的なものは Camera アクタ を使った方法です。Camera アクタは主に、 Matinee と組み合わせて使われますが、ブループリントや C++ と使用すれば固定カメラゲーム、セキュリティ カメラ、またはカメラ アニメーションを使った短いカットシーンの作成まで可能になります。

Camera アクタ (または、カメラ コンポーネントを含むブループリント) を選択すると、メインの 3D ビューポートに (上の画像のような) カメラからの「ピクチャーインピクチャー」ビューが表示されます。

Camera アクタを配置する

Camera アクタは、[Mode (モード)] パネルの [All Classes (すべてのクラス)] カテゴリにあります。Camera アクタをワールドに配置するには、[Mode] パネルからゲームワールドにドラッグします。

Camera アクタを使用する

Camera アクタの使用方法は簡単です。 [Modes] パネルで選択してワールド内へドラッグするだけです。Camera アクタをワールドに配置すると、ブループリントやマチネと併用して、レベル用の視点として使うことができます。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる