Pain-Causing ボリュームのリファレンス

Pain-Causing Volume のリファレンスの詳細

Windows
MacOS
Linux

Physics Volume から割り当てが可能なプロパティの他に、Pain Causing Volume には以下の固有のプロパティもあります。

プロパティ

説明

Pain Causing

Volume が現在ダメージを与えるかどうかを決定します。

Damage Per Sec

Pain Causing が有効な場合、ボリューム内のアクタに毎秒単位で与えられるダメージです。

Damage Type

アクタに与えるダメージの種類を決定します。

Pain Interval

Pain Causing が有効な場合にダメージが与えられる間隔の秒単位の時間です。

Entry Pain

Pain Causing が有効な場合、ボリュームに入るとただちにダメージが適用されるかどうかを決定します。このダメージは、 Pain Interval に基づき繰り返し適用されるダメージに追加で適用されます。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる