Blueprint Spline Mesh コンポーネントのプロパティ リファレンス

Blueprint Spline Mesh コンポーネントのエディタで使用できるすべてのプロパティのリファレンスの情報です。

Windows
MacOS
Linux

このページでは、Blueprint Spline コンポーネント プロパティのリファレンス リストを紹介します。ブループリント エディタBlueprint Spline Mesh コンポーネント を選択した場合、Root コンポーネント を選択した場合、またはコンポーネントを レベル エディタ で選択した場合、若干異なるプロパティが表示されます。

プロパティ

トランスフォーム

TransformCatRef.png

プロパティ

説明

Location

アクタ または コンポーネントワールド空間 もしくは親と 相対的な 位置です。

Rotation

アクタ または コンポーネントワールド空間 もしくは親と 相対的な 回転です。

Scale

アクタ または コンポーネントワールド空間 もしくは親と 相対的な スケールです。

ソケット

SocketsCatRef.png

プロパティ

説明

Parent Socket

このコンポーネントが Skeletal Mesh コンポーネント子供 (あるいは Socket のある Static Mesh コンポーネント) の場合、Socket または Joint をこのコンポーネントにアタッチするように指定できます。

スタティックメッシュ

StaticMeshCatRef.png

プロパティ

説明

Static Mesh

対象コンポーネントをレンダリングする Static Mesh を指定します。

Materials

MaterialsCatRef.png

プロパティ

説明

Element #

Static Mesh プロパティスタティックメッシュ が指定されると、マテリアル プロパティ が多数追加表示されます。これらは Static Mesh に適用された マテリアル ID に基づいて名前が付けられます。.

スプライン メッシュ

SplineMeshCat.png

プロパティ

説明

Start Pos

Start Tangent

End Pos

End Tangent

Spline Up Dir

Forward Axis

上級者向け

SplineMeshCat.png

プロパティ

説明

Start Scale

Start Roll

Start Offset

End Scale

End Roll

End Offset

Smooth Interp Roll Scale

Spline Boundary Min

Spline Boundary Max

スプライン

BPSM_SplineCatRef.png

プロパティ

説明

Allow Spline Editing Per Instance

物理

物理

Physics body details panel showing the physics properties

プロパティ

説明

Mass in KG

KG 単位でのボディの質量です。

Angular Damping

角度移動を削減するために追加されるけん引力です。

Linear Damping

線形移動を削減するために追加されるけん引力です。

Enable Gravity

オブジェクトに重力を適用するかどうかを設定します。

Double Sided Geometry

有効にすると、物理トライアングル メッシュはシーン クエリの際に両面を使用します。両面のトレースを必要とする平面や片面で構成されるメッシュに有用です。

Simple Collision Physical Material

このボディ上のシンプルなコリジョン用に使う物理マテリアルです。密度、摩擦などの情報をエンコードします。

Physics Type

  • Simulated: オブジェクトは物理シミュレーションを使用します。

  • Kinematic: オブジェクトは物理の影響を受けませんが、物理的にシミュレートされたボディとインタラクトすることができます。

  • Default: オブジェクトは OwnerComponent の挙動から継承されます。

詳細設定

Physics body details panel showing the advanced physics properties

プロパティ

説明

Start Awake

オブジェクトが「起きている」状態で開始するか、またはスリープ状態で開始するかを設定します。

Center of Mass Offset

ユーザー指定の、計算位置からのオブジェクトの重心のオフセットです。

Mass Scale

インスタンスごとの質量のスケーリングです。

Max Angular Velocity

インスタンスの最大角速度です。

Sleep Family

ボディをスリープ状態にする状況の設定に使用する一連の値です。Normal、Sensitive、Custom です。

Position Solver Iteration Count

物理ボディの位置に対するソルバー イタレーション回数です。回数が多いほど CPU 負荷が大きいですが、安定性が良くなります。

Velocity Solver Iteration Count

物理ボディのベロシティに対するソルバー イタレーション回数です。回数が多いほど CPU 負荷が大きいですが、安定性が良くなります。

Inertia Tensor Scale

インスタンスごとの完成のスケーリングです (数値が大きくなるほど回転が難しくなります)。

Max Depenetration Velocity

オブジェクトへの非貫通処理に使用される最大ベロシティです。

Override Walkable Slope on Instance

オブジェクトのインスタンスに、歩行可能な傾斜のオーバーライドに関する独自のカスタム設定を持たせるかどうかを指定します。

Walkable Slope Override

ボディのカスタム仕様の歩行可能なスロープ設定

使用に関する情報については「歩行可能な傾斜」ドキュメントを参照してください。

Walkable Slope Behavior

サーフェスの動作 (歩行可能な傾斜に影響するかどうか) です。

Walkable Slope Angle

歩行可能な傾斜をオーバーライドして、[Walkable Slope Behavior (歩行可能な傾斜の動作)] の設定を適用します。

Custom Sleep Threshold Multiplier

Sleep Family を Custom に設定すると、自然の睡眠しきい値をこの値で乗算します。値が高いほど、ボディはすぐに眠ります。

Stabilization Threshold Multiplier

物理の安定性を有効にする場合の、このボディに対する安定係数。値が高いほど安定性が積極的になり、ゆっくりと運動量を失うリスクが発生します。値が 0 の場合は、このボディに対する安定性は無効になります。

Generate Wake Events

物理シミュレーションでオブジェクトが目覚めたり眠ってしまった場合に、'wake / sleep' イベントを発行するか設定します。

Collision

Collision (コリジョン)

Physics body details panel showing the collision properties

プロパティ

説明

Simulation Generates Hit Events

物理シミュレーション中にオブジェクトが衝突した場合に、Hit イベントを起動するかどうかを指定します。

Phys Material Override

ボディでの単純なコリジョンに対して使用する物理マテリアルのオーバーライドを許可します。

Collision Complexity

コリジョン追跡動作 - デフォルトでは、単純な (凸型) / 複雑な (ポリゴン単位) コリジョンを区別します *

Collision Responses

詳細については、「コリジョン反応リファレンス」のドキュメントを参照してください。

Advanced (詳細設定)

Physics body details panel showing the advanced collision properties

プロパティ

説明

Use CCD

true の場合は、コンポーネントで「継続したコリジョン検知」 (CCD) が使用されます。

Ignore Analytic Collisions

true の場合、分析コリジョンを無視し、オブジェクトを通常の暗黙的なサーフェスとして処理します。

ライティング

LightingCatRef.png

プロパティ

説明

Cast Shadow

上級者向け

LightingCatRefAdv.png

プロパティ

説明

Affect Dynamic Indirect Lighting

Affect Distance Field Lighting

Cast Dynamic Shadow

Cast Static Shadow

Cast Volumetric Translucent Shadow

Self Shadow Only

Cast Far Shadow

Cast Inset Shadow

Cast Cinematic Shadow

Cast Hidden Shadow

Cast Shadow as Two Sided

Light as if Static

Light Attachments as Group

Indirect Lighting Cache Quality

Single Sample Shadow From Stationary Lights

Lighting Channels

Rendering

RenderingCatRef.png

プロパティ

説明

Visible

Hidden in Game

上級者向け

RenderingCatRefAdv.png

プロパティ

説明

Texture Streaming

プロパティ

説明

Force Mip Streaming

LOD

プロパティ

説明

Min Draw Distance

Desired Max Draw Distance

Current Max Draw Distance

Allow Cull Distance Volume

Detail Mode

Render In Main Pass

Receives Decals

Owner No See

Only Owner See

Treat As Background for Occlusion

Use As Occluder

Render CustomDepth Pass

CustomDepth Stencil Value

Translucency Sort Priority

ソート優先度の低い透過オブジェクトは、優先度の高いオブジェクトの後ろに描画されます。優先度が同じ透過オブジェクトは、バウンドの原点を基点に後ろから前にレンダリングされます。

Lpv Bias Multiplier

Bounds Scale

Use Attach Parent Bound

タグ

TagsCatRef.png

プロパティ

説明

Component Tags

アクティベーション

ActivationCatRef.png

プロパティ

説明

Auto Activate

イベント

EventsCatRef.png

プロパティ

説明

On Component Hit

On Component Begin Overlap

On Component End Overlap

On Component Wake

On Component Sleep

On Begin Cursor Over

On End Cursor Over

On Clicked

On Released

On Input Touch Begin

On Input Touch End

On Input Touch Enter

On Input Touch Leave

Physics Volume Changed

PhysicsVolume の変更時に呼び出されるデリゲートです。

モバイル

MobileCatRef.png

プロパティ

説明

Receive Combined Static and CSM Shadows from Stationary Lights

タグ
Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる