Static Mesh カテゴリ

アクタの全コンポーネントに適用されるスタティックメッシュ アセットの表示および修正に使用するカスタマイズ制御について説明します。

Windows
MacOS
Linux

[Details (詳細)] パネルの Static Mesh カテゴリは、選択したアクタが StaticMesh アクタまたは Interp アクタの場合 のみ表示されます。通常は埋もれているアクタの StaticMesh コンポーネントの StaticMesh プロパティを第一級オブジェクトとして扱い、 通常の Object reference プロパティ制御と一緒に サムネイルを盛り込んだカスタマイズされたウィジェットを使用して表示します。

staticmesh.png

また StaticMesh アクタの選択時は、 高度な制御 を含むカテゴリを button_advanced_controls.png ボタンをクリックして表示することができます。

staticmesh_advanced.png

様々なプリセット手法を使用した BlockingVolume の生成です。

制御

説明

button_blocking_volume.png

コリジョンとして使用するために、以下のいずれかの手法で スタティックメッシュ から BlockingVolume を生成します。

メソッド

説明

Blocking Volume

StaticMesh のバウンディング ボックスの範囲で、立方体形状の BlockingVolume を作成します。

Heavy Convex Volume

値 0.01 の NormalTolerance で StaticMesh のジオメトリから凸型 BlockingVolume を作成します。

Normal Convex Volume

値 0.15 の NormalTolerance で StaticMesh のジオメトリから凸型 BlockingVolume を作成します。

Light Convex Volume

値 0.50 の NormalTolerance で StaticMesh のジオメトリから凸型 BlockingVolume を作成します。

Rough Convex Volume

値 0.75 の NormalTolerance で StaticMesh のジオメトリから凸型 BlockingVolume を作成します。

NormalTolerance

拒絶許容値です。ブロッキング ボリューム キューブをどの面でカットするかを決める場合に、このコードは

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる