トランスフォームのカテゴリ

アクタの位置、回転、スケーリングを修正するためのカスタマイズ制御

Windows
MacOS
Linux
コンテンツ

[Details (詳細)] パネルの [Transform (トランスフォーム)] セクションで、選択したアクタの 位置回転、そして スケーリング などのトランスフォームの表示および修正が出来ます。また、該当する場合はアクタの可動性に関する設定もあります。

Transform Properties

Transform (トランスフォーム) プロパティには、X、Y、Z 軸の数値の入力欄があります。選択したアクタを調整するために、精密な数値を直接入力欄へタイプすることが出来ます。複数のアクタが選択された状態でそれぞれのプロパティ値が異なる場合、欄には 複数の値が表示されます。この場合、入力された数値は選択されたすべてのアクタに対して適用されます。

Rotation (回転) 欄はスライダーとして使用できる特別な機能があります。この欄をクリックし、ドラッグすることによって値を回転させることが出来ます。マウスをどれくらい動かすかによって、値が増加または減少します。

Scale (スケール) 欄は button_lock_scale.png ボタンをクリックしてロックすることもできます。スケール欄がロックされると、各スケール値の比率は、いずれかの値の修正時に保持されて、均等なスケーリングとなります。

Lock scale button

Transform プロパティはデフォルトで 相対的な トランスフォームとなります。これはコンポーネントの親に対して相対的なトランスフォームであることを意味します。プロパティ ラベルはそれぞれがハイパーリンクとなっていて、クリックすることによって絶対的トランスフォームと相対的トランスフォームとの間で切り替わります。絶対的なトランスフォームを使用する場合は親ではなくワールドに対して相対的になります。

可動性

[Mobility (可動性)] 設定では、ゲームプレイ中にアクタを移動または変更できるかどうかを制御します。この設定は、主に Static Mesh アクタと Light アクタに適用されます。

詳細は「アクタの可動性」を参照してください。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる