環境光ミキサー

共通する大気ライト コンポーネントを一元化して、作成と編集を行うウィンドウ。

Windows
MacOS
Linux

Environment Light Mixer (環境光ミキサー) とは、空、雲、大気ライト、スカイ ライトに使用するレベル内の環境ライト コンポーネントについて、作成と編集を行うエディタ ウィンドウです。デザイナーやアーティストにとっては、こうしたコンポーネントをすばやく編集し、アクセスするプロパティの値を詳細に選択できる単一のウィンドウです。

1_EnvLightMixer.png

環境光ミキサーを開く

環境光ミキサーを開く際は、エディタのメインメニューから [Window] > [Env. Light Mixer (環境光ミキサー)] を選択します。

2_ELM_Open.png

環境光ミキサーのインターフェース

環境光ミキサーのインターフェースは主要な 2 つの要素から成ります。

3_ELM_Interface.png

  1. Toolbar 1.コンポーネント パネル

ツールバー

ツールバー では、コンポーネント パネルに表示されるプロパティ詳細のレベルに対して追加と構成を行います。

4_ELM_Toolbar.png

シーン コンポーネントを追加する

ブランクのレベルで開始した場合、環境光ミキサーのウィンドウを開くと次のコンポーネントが一覧に表示されます。

4_ELM_Toolbar_AddingComponents.png

  1. Sky Light

  2. Atmosphere Light (太陽と月、または 2 つの太陽を表す 2 つの指向性ライト)

  3. Sky Atmosphere

  4. Volumetric Cloud

こうしたコンポーネントのいずれかを [Place Actors (アクタを配置)] パネルから追加した場合や、シーンに既存のコンポーネントが存在する場合は、このリストは現在追加されていないコンポーネントを自動で反映します。同様に、コンポーネントをシーンから削除した場合は、ツールバーの作成ボタンが再び使用可能になります。

プロパティ詳細の値を制御する

利用可能なコンポーネントの 1 つをレベルから参照している場合は、環境光ミキサーで追加しても、すでに存在していても、そのコンポーネントのプロパティがコンポーネント パネルに追加され、各コンポーネントのさまざまなプロパティについて調整と編集を行えます。

コンポーネントの編集を最大限に制御する場合は、[Property Details (プロパティ詳細)] ドロップダウンを使用して表示されるプロパティの値を変更できます。

4_ELM_Toolbar_PropertiesDetail1.png

  1. Minimal はコンポーネントの必要最小限を提供します。

  2. Normal はコンポーネントの共通プロパティを提供します。

  3. Normal+Advanced はコンポーネントに共通する高度なプロパティを提供します。

それぞれの詳細値を使用した場合に、指向性ライトについて表示されるプロパティ値の例を以下に示します。

Minimal

Normal

Normal+Advanced

クリックしてフルサイズ表示

コンポーネント パネル

[Components (コンポーネント)] パネルは、ツールバーから使用でき、シーンに追加するコンポーネントを一覧で表示します。これは、Sky Atmosphere、Volumetric Clouds、Directional Light (最大 2 つ)、Sky Light の各コンポーネントを含みます。

デフォルトで各コンポーネントに表示するプロパティは、その Minimal セットに制限されますが、ツールバーの Property Details (プロパティ詳細) ドロップダウンを使用して拡張し、さらに表示できます。

5_ELM_ComponentsPanel.png

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる