カスタム仕様のオブジェクト タイプをプロジェクトに追加する

カスタム仕様の物理オブジェクト チャンネルを Unreal Engine 4 に追加する方法

Windows
MacOS
Linux
コンテンツ

6 つのオブジェクト レスポンス チャンネルと 2 つのトレース レスポンス チャンネルでは、作成したいものに対して詳細度が不十分な場合があります。そのような時のためにあるのが、プロジェクト設定のコリジョン エディタです。[Edit (編集)メニュー] -> [Project Settings (プロジェクト設定)] -> [Collision (コリジョン)] の順序でアクセスできます。

COL_projectSettings_1.png

ここから新規 Object Response Channels (オブジェクト レスポンス チャンネル) と Trace Response Channels (トレース レスポンス チャンネル) を追加することができます。[New Object Channel...(新規オブジェクト チャンネル)] または [New Trace Channel...(新規トレース チャンネル] ボタンをクリックして、名前を付けたら [Default Response (デフォルト応答)] を選択し [Accept (承認)] をクリックします。

COL_customChannel.png

カスタム仕様のオブジェクト レスポンス チャンネルまたはトレース レスポンス チャンネルは 18 まで持つことができます。

プリセット

カスタム仕様のプリセットは、 Preset カテゴリを展開し [New... (新規...) ] ボタンをクリックしても設定可能です。

COL_customPresets.png

ここでは、プリセットの命名、コリジョンの有効化または無効化、プリセットのオブジェクト タイプの選択、そして選択中のオブジェクト タイプに対する各レスポンス チャンネルの動作の定義が可能です。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる