物理マテリアルのユーザーガイド

物理マテリアルのユーザーガイド - 物理マテリアルの作成および使用方法

Windows
MacOS
Linux

このガイドは、 物理マテリアル の作成および利用方法に加えて、プロジェクトの サーフェス タイプ を有効にする方法や編集方法について説明します。

作成

  1. コンテンツ ブラウザ で、[Add / Import] > [Physics] > [Physical Material] をクリックする、または コンテンツ ブラウザを右クリック して [Browser] > [Physics] > [Physical Material] の順に選択します。

    new_physics_material.png

  2. 新規の物理マテリアルを ダブルクリック してプロパティを編集します。

    PhysMatProperties.jpg

  3. プロパティを調整します

    AdjustProperties.jpg

  4. [Save (保存)] をクリックします。

    icon_SaveAsset_40x.png

物理マテリアルのプロパティに関する情報は、「物理マテリアルのリファレンス」を参照してください。

サーフェス タイプ

UE4 はデフォルトで 62 種類のサーフェスをサポートしています。サーフェスタイプに名前を付けてプロジェクトの「DefaultEngine.ini」ファイルに格納することができます。ファイルの場所は「YourProjectRoot\Config\DefaultEngine.ini」です。

使用方法

マテリアル

  1. マテリアルを 開く、もしくは 新規作成 します。

    PhysMat_Material_01.png

  2. メインとなるマテリアル ノードを 選択します

    PhysMatNone.jpg

  3. [Physical Material (物理マテリアル)] を 変更します

    PhysMatGlass2.jpg

マテリアル インスタンス

  1. マテリアル インスタンスを 開く、もしくは 新規作成 します。

    PhysMat_MaterialInst_01.png

  2. [Physical Material (物理マテリアル)] を 変更します

    StoneMat.jpg

物理アセット (スケルタルメッシュ)

物理アセット の物理マテリアルを調整する際は、最も一般的に使用する物理マテリアルを物理アセットの 物理ボディ に割り当てることから開始すると良いでしょう。

  1. コンテンツ ブラウザ物理アセット をダブルクリックして、そのアセットを 物理アセット エディタ で開きます。

    physics_asset.png

  2. 物理アセット エディタで、ツールバーの [Physical Material (物理マテリアル)] ドロップダウンから物理マテリアルを選択します。

    physical_material_dropdown.png

ある特定の物理ボディと物理マテリアルを区別する必要がある場合は、個々に調整することができます。

  1. コンテンツ ブラウザ物理アセット をダブルクリックして、そのアセットを 物理アセット エディタ で開きます。

  2. 物理ボディを 選択します

  3. [Details (詳細)] ペインの [Physics (物理)] カテゴリで [Simple Collision Physical Material] を変更します。

PhysMat_PhAT_04.png

スケルタルメッシュを割り当てた物理のインタラクションは、デフォルト動作では関連する物理アセット間のみになります。 そのため、スケルタルメッシュのマテリアルの物理マテリアルは使用しません。

物理アセットについては [Simple Collision Physical Material] を設定しても、複雑なトレースが必要になります。 物理アセットのトレース中に物理ボディにヒットした場合、その Simple Collision Physical Material プロパティにリスト表示された物理マテリアルを返すようにします。

スタティックメッシュ

スタティックメッシュ には Simple コリジョン (3D アートパッケージまたはスタティックメッシュ エディタで作成する物理ボディ) と Complex コリジョン (ポリゴンごとのコリジョン) があります。コリジョンは、独自の異なる物理マテリアルを持つ様々なマテリアルから構成されています。

コリジョン

物理マテリアルの順序

Simple

コリジョンまたはトレースで Simple Collision を使用すると、スタティックメッシュ エディタで設定されたスタティックメッシュの物理マテリアルを参照します。あるいは、StaticMesh アクタ の Phys Material Override が「None」以外に設定された場合、プロパティにリスト表示されたマテリアルを使用します。

Complex

コリジョンまたはトレースで Complex Collision を使用すると、StaticMesh アクタに適用したマテリアル、またはマテリアル インスタンスを参照します。あるいは、StaticMesh アクタの [Phys Material Override] が「None」以外に設定された場合、プロパティにリスト表示されたマテリアルを使用します。

スタティック メッシュに Simple Collision Physical Material を設定するには、以下の操作を行います。

  1. コンテンツ ブラウザスタティックメッシュダブルクリック して、スタティックメッシュ エディタ を開きます。

    PhysMat_StaticMeshEd_01.png

  2. Static Mesh Settings カテゴリの Simple Collision Physical Material プロパティを使用する物理マテリアルに設定します。

    PhysMat_StaticMeshEd_02.png

  3. [Save (保存)] をクリックします。

    icon_SaveAsset_40x.png

その他

PhysMat_Override.png

Phys Material Override プロパティはあらゆる Physics カテゴリに存在します。アクタの Simple Collision Physical Materials 設定や、選択した物理マテリアルのコンポーネントを完全にオーバーライドするために使用します。

  • スタティックメッシュのシンプル コリジョンの物理マテリアルをオーバーライドします。

  • スケルタルメッシュの物理アセットは常に Simple Collision を返すため、配置された Skeletal Mesh アクタに適用された物理マテリアル全てのオーバーライドに使用することができます。

Complex Collision トレースには影響を及ぼしません。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる