タイムライン パリティの概要

タイムライの BP/CPP マスターページ

Windows
MacOS
Linux
コンテンツ

実装方法を選んでください。

Blueprints

C++

k2_timeline_demo.png

Timeline ノード は、ブループリント内の特殊なノードです。タイムラインに沿ったキーフレームでトリガーできる eventsfloatsvectorscolors も基づいてすばやく作成およびプレイされる時間ベースのアニメーションを提供します。

タイムラインは、[Graph (グラフ)] タブまたは [My Blueprint] タブでタイムライン上で ダブルクリック することで直接編集できます。ドアを開けたり、ライトを変更したり、シーン内のアクタに対して他の時間に合わせた操作を実行したりするなど、単純にあ非シネマティック タスクを処理するために特別にビルドされています。タイムラインに沿ってキーフレーム間で補間される float、vector、colorr などの値を提供することから、レベル シーケンス に似ています。

入力値と出力値

image alt text

Timelines には以下の入力ピンと出力ピンがあります。

入力ピン

アイテム

説明

Play

タイムラインを現在の時刻から順再生させます。

Play from Start

タイムラインを最初から順再生させます。

Stop

現在時刻でタイムラインの再生をフリーズさせます。

Reverse

タイムラインを現在の時刻から逆再生させます。

Reverse from End

タイムラインを最初から逆再生させます。

Set New Time

現在時刻を New Time 入力の値設定 (または入力) に設定します。

New Time

Set New Time 入力が呼び出されるとタイムラインがジャンプできる時間へ秒時間を表す浮動小数点値を送るデータピンです。

出力ピン

アイテム

説明

Update

タイムラインが呼び出されるとすぐに実行シグナルを出力します。

Finished

再生が終了すると実行シグナルを出力します。Stop 関数ではトリガーされません。

Direction

タイムラインの再生方向を示す列挙型変数を出力します。

Timelines には、その中で作成されるトラック タイプを反映する出力データピンを好きな数だけ追加できます。Float、Vector、Event トラックが含まれます。

概要 (C++)

UTimelineComponents は一連の イベント (event)フロート (float)ベクター (vector)色 (color) と関連するキーフレームを保持します。それらは UActorComponents から継承されています。

詳細については、「アクタ コンポーネント」の概要を参照してください。

タイムラインを使うと、タイムラインに沿ったキーフレームでトリガーできるイベントから再生される時間ベースのアニメーションが可能になります。ドアを開ける、ライトを変更する、またはシーン内でアクタに対して時間ベースの操作を行うなど、単純な非シネマティック タスクの処理に使用することができます。タイムラインに沿ってキーフレーム間で補間されるフロート、ベクター、色などの値を提供するという点で、レベルシーケンス と似ています。

入力と出力

UTimelineComponents には、ネイティブコードで拡張できる堅牢なメソッドがあります。詳細については、UTimelineComponent API リファレンスを参照してください。エンジンでタイムライン コンポーネントを使用する方法の例を確認するには、以下のセクションのタイムラインの例に関するリンクを参照してください。

ExampleTimeline.h

/** Start playback of timeline */
UFUNCTION(BlueprintCallable, Category="Components|Timeline")
ENGINE_API void Play();

/** Start playback of timeline from the start */
UFUNCTION(BlueprintCallable, Category="Components|Timeline")
ENGINE_API void PlayFromStart();

/** Start playback of timeline in reverse */
UFUNCTION(BlueprintCallable, Category="Components|Timeline")
ENGINE_API void Reverse();

/** Start playback of timeline in reverse from the end */
UFUNCTION(BlueprintCallable, Category="Components|Timeline")
ENGINE_API void ReverseFromEnd();

/** Stop playback of timeline */
UFUNCTION(BlueprintCallable, Category="Components|Timeline")
ENGINE_API void Stop();

/** Set the new playback position time to use */
UFUNCTION(BlueprintCallable, Category="Components|Timeline")
ENGINE_API void SetNewTime(float NewTime);

/** Signature of function to handle a timeline 'event' */
FOnTimelineEvent OnUpdate();
FOnTimeLineEvent OnFinished();
FOnTimeLineEvent ExampleTimelineEventTrack();

/** Struct that contains one entry for each float interpolation */
FTimelineFloatTrack ExampleFloatTrack;

/** Struct that contains one entry for each vector interpolation */
FTimelineVectorTrack ExampleVectorTrack;

/** Enum data indicating the direction the Timeline is playing */
ETimelineDirection Direction;

タイムラインの例

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる