キーとカーブ

ブループリントのタイムライン エディタ内でキーとカーブを使用する方法の概要。

Windows
MacOS
Linux

ブループリントのタイムライン エディタ内でキーとカーブを使用する方法の概要。

実装方法を選んでください。

Blueprints

C++

カーブは、ベクター (vector)浮動小数点 (floats)カラー (colors) です。各トラックには、時間と値を定義する キー をいくつでも持つことが出来ます。データは、これらのキーの間を補間して、タイムライン間のいずれかの時点の値を計算することができます。

キーとカーブを使用する

この例では、一定範囲を評価するために補間された浮動小数点のカーブを定義する Curve Float を作成します。

  1. エディタで、Timeline Component を含む新しい Actor ブループリントを作成します。

  2. Timeline Component をクリックして Timeline Editor を開きます。

  3. [Add Float Track (Float トラックを追加)] ボタンをクリックして、CurveFloat を Timeline Component に追加します。

image alt text

キーを追加する

キーを追加するには、Shift キーを押しながらグレーのバーをクリックする、またはグレーのバーを右クリックしてドロップダウン メニューからアクション [Add Key To CurveFloat] を選択します。

image alt text

キーの編集

キーの時間と値を設定するには、キーをクリックし、トラック上部付近のフィールドにそれぞれの値を入力します。

image alt text

キーを削除する

選択したキーは、キーボードの [Delete] キーで削除できます。

キーを移動させる

タイムラインに沿ってキーを移動させるには、キーを選択、クリック、そしてドラッグします。Ctrl キーを使用すると、一度に複数のキーを選択できます。水平にドラッグするとキーの Time 値が更新され、垂直にドラッグすると Value が更新されます。

キーの補間

キーを右クリックすると、そのキーの補間タイプを選択するためのドロップダウン メニューが表示されます。

image alt text

キーの補間は、ユーザーが補間したキーとその次のキーの間のカーブにのみ影響を及ぼします。たとえば、他のすべてのキーを Linear に設定した状態で、そのセンターのキー (オレンジで表示) を Cubic-Auto に設定すると、次の画像のようになります。

image alt text

以下は利用可能な補間タイプです。

  • Auto

    image alt text

  • User

    image alt text

  • Break

    image alt text

  • Linear

    image alt text

  • Constant

    image alt text

外部のカーブ

メイン キー エリアの左側のフィールドに、コンテンツ ブラウザ から外部のカーブアセットをそのトラックに追加することができます。

image alt text

外部カーブ アイコン

説明

image alt text

このトラックに対して コンテンツ ブラウザ で選択したカーブを使用します。

image alt text

このトラックに対するカーブを選択するには コンテンツ ブラウザ をブラウズします。

image alt text

インポートした外部カーブを内部カーブに変換し、キーとカーブを編集できるようにします。

ただし、任意のカーブ上で (少なくとも 1 つのキーを選択した状態で) 右クリック して Create External Curve を選択することもできます。その結果、コンテキスト ウィンドウが表示され、そこでカーブアセットを保存するパスを編集できます。こうすることで、他のタイムラインでこのカーブを使用できます。

image alt text

カーブ (UCurveBase) は一定範囲を評価するために補間ポイントのカーブを定義します。カーブは、ベクター (vector)浮動小数点 (floats)カラー (colors) です。各トラックには、時間と値を定義する キー をいくつでも持つことが出来ます。データは、これらのキーの間を補間して、タイムライン間のいずれかの時点の値を計算することができます。

キーとカーブを使用する

この例では、一定範囲を評価するために補間された浮動小数点のカーブを定義する UCurveFloat を作成します。

以下の手順に従って UCurveFloat を作成し、Timeline Component にインスタンス化します。

  1. UTimelineComponent を含む Actor クラスを作成します。

    // Copyright 1998-2021 Epic Games, Inc.All Rights Reserved.
    
    #pragma once
    
    #include "CoreMinimal.h"
    #include "GameFramework/Actor.h"
    #include "Components/TimelineComponent.h"
    #include "MyActor.generated.h"
    
    UCLASS()
    class UTIMELINEKEYSCURVESEXAMPLE_API AMyActor : public AActor
    {
        GENERATED_BODY()
    
    public: 
        // Sets default values for this actor's properties
        AMyActor();
    
    protected:
        // Called when the game starts or when spawned
        virtual void BeginPlay() override;
        UPROPERTY(EditAnywhere, BlueprintReadWrite)
            UTimelineComponent* ExampleTimelineComp;
    
    public: 
        // Called every frame
        virtual void Tick(float DeltaTime) override;
    
    };

    UTimelineComponent の作成方法の詳細については、「Timeline ノードの作成」を参照してください。

  2. TimelineActor.h」ファイルのクラス定義から、以下を宣言します。

    public:
      UPROPERTY(EditAnywhere)
        UCurveFloat* ExampleTimelineCurve;
  3. Unreal Editor でコードを コンパイル します。

  4. コンテンツ ブラウザ から、[Add/Import]> [Miscellaneous] > [Curve]> [CurveFloat] を選択し、CurveFloat アセットに「ExampleFloatTrack」と名前を付けます。

    image alt text

  5. UTimelineComponent を含むアクタから派生させて Blueprint クラスを作成します。

  6. クラス デフォルトを開き、ExampleFloat Track で Example Timeline Curve を割り当てます。

    image alt text

  7. コンテンツ ブラウザで Example Float Track をダブルクリックして Timeline Editor を開きます。

キーを追加する

キーを追加するには、Shift キーを押しながらグレーのバーをクリックする、またはグレーのバーを右クリックしてドロップダウン メニューからアクション [Add Key To CurveFloat] を選択します。

image alt text

キーの編集

キーの時間と値を設定するには、キーをクリックし、トラック上部付近のフィールドにそれぞれの値を入力します。

image alt text

キーを削除する

選択したキーは、キーボードの [Delete] キーで削除できます。

キーを移動させる

タイムラインに沿ってキーを移動させるには、キーを選択、クリック、そしてドラッグします。Ctrl キーを使用すると、一度に複数のキーを選択できます。水平にドラッグするとキーの Time 値が更新され、垂直にドラッグすると Value が更新されます。

キーの補間

キーを右クリックすると、そのキーの補間タイプを選択するためのドロップダウン メニューが表示されます。

image alt text

キーの補間は、ユーザーが補間したキーとその次のキーの間のカーブにのみ影響を及ぼします。たとえば、他のすべてのキーを Linear に設定した状態で、そのセンターのキー (オレンジで表示) を Cubic-Auto に設定すると、次の画像のようになります。

image alt text

以下は利用可能な補間タイプです。

  • Auto

    image alt text

  • User

    image alt text

  • Break

    image alt text

  • Linear

    image alt text

  • Constant

    image alt text

外部のカーブ

メイン キー エリアの左側のフィールドに、コンテンツ ブラウザ から外部のカーブアセットをそのトラックに追加することができます。

image alt text

外部カーブ アイコン

説明

image alt text

このトラックに対して コンテンツ ブラウザ で選択したカーブを使用します。

image alt text

このトラックに対するカーブを選択するには コンテンツ ブラウザ をブラウズします。

image alt text

インポートした外部カーブを内部カーブに変換し、キーとカーブを編集できるようにします。

ただし、任意のカーブ上で (少なくとも 1 つのキーを選択した状態で) 右クリック して Create External Curve を選択することもできます。その結果、コンテキスト ウィンドウが表示され、そこでカーブアセットを保存するパスを編集できます。こうすることで、他のタイムラインでこのカーブを使用できます。

image alt text

タグ
Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる