1.3 - マスク処理されたデカール

デカールのサンプル レベルの概要、サンプル 1.3:マスク処理されたデカール

Windows
MacOS
Linux

1.1 - デカールの基本

このサンプルでは、デカールでオパシティ マスクと法線マップの両方をどのように使用するかを示します。デカールマテリアルは、半透明デカール ブレンドモード を使用します。つまり、透過処理に対する値を受け入れられることを意味します。テクスチャにフィードすることで、この場合はアンリアルのロゴですが、デカールの形状を制御します。ただし、法線マップを追加する機能もあります。これによりデカールは、投影サーフェス上のペイントのようなものではなく、重厚感があるものになります。

これは、レベル内にある種のディテールや装飾を施すうえで役立つテクニックです。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる