1.4 - Point Gravity モジュールを使用した GPU パーティクル

エフェクト ギャラリーのサンプル レベルの概要

Windows
MacOS
Linux

image018.png

このエフェクトでは Point Gravity モジュールを紹介します。Point Gravity は GPU パーティクルと互換性がある唯一のモジュールです。このモジュールを使用して、エミッタの全パーティクルが引き寄せられる空間内のポイントを指定することができます。Point Gravity モジュールは、CPU パーティクルのみと互換性のある Point Attractor、Line Attractor、そして Particle Attractor モジュールの代わりになります。Point Gravity モジュールでは位置、半径、強さを設定する必要があります。

PointGrav.png

このエフェクトには以下の 2 つのエミッタがあります。

  • GPU スプライト エミッタ。エフェクト可視化できるほとんどのパーティクルを作成し、Point Gravity と Collision (Scene Depth) を含みます。

  • 標準の CPU エミッタ。いくつかのパーティクルだけを放射しますが、Light モジュールも使用し、パーティクルはシーンを照らす動的ライトのスポーンが可能なります。

Attractor モジュールに関する詳細は「Attractor モジュールのドキュメント」を参照してください。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる