ファースト パーソン

さまざまなシーンの例、サンプル ゲーム、チュートリアルへのリンクを示します。

Windows
MacOS
Linux

templateMore1.png

First Person Template を使用して新しいゲームを開始したのですね。素晴らしいことです。特定の何かをするための指示が欲しい、または無限の可能性を持つ真っ白なキャンバスをただ見ているだけの場合、このページに実行できるアイデアが含まれています。

  • ブループリント ビジュアル スクリプティング」を読んだり、ブループリント ビジュアル スクリプティング システムに関する動画を見てください。何を行うかではなく、どのように行うか、そしてブループリントについての理解を深めることで、最終的には C++ で作業する場合であってもアイデアを迅速にプロトタイプ化できるでしょう。

  • カスケード パーティクル エディタ を使用してマズルフラッシュ (発火炎) を表す パーティクル エフェクト を作成します。次に パーティクル システム コンポーネント を使用して、FirstPersonCharacter ブループリントに追加します。次に、InputAction Fire Event にあるコンポーネントをアクティベートします。

    • 追加オプション:パーティクル システム コンポーネントを FirstPersonProjectile に追加し、背後に煙がたなびいて見えるようにします。Use Local Space プロパティを ここで 探します。

  • UMG UI デザイナのクイック スタート ガイド を使用してファースト パーソン ゲームの HUD を作成 してください。

  • 背景に被破壊メッシュを追加することもできます。その方法については、「被破壊アクタのドキュメント と ブループリント通信プロジェクト」を参照してください。

  • [ビヘイビア ツリー](InteractiveExperiences/BehaviorTrees/QuickStart)
    を使用して、 AI Characters をゲームに追加して、プレイヤーを追いかけたり、プレイヤーから逃げたり、プレイヤーを助けたり、プレイヤーを傷つけたりすることができます。

    • 追加オプション: FirstPersonCharacter と新しく作った AI Characterダメージ を実装し、互いに 破壊 できるようにします。この方法に関する詳しい情報は、「ブループリントでアクタをスポーンおよび破棄する」ガイドに記載されています。

    • 特典:ブループリントでキャラクターの移動を設定する ガイドの手順に従うと、AI の動きの幅が広がります。

  • プレイヤーをキルしたら、リスポーンさせたいかもしれません。プレイヤーのリスポーン に関する操作ガイドをご覧ください。

  • ブループリント通信プロジェクト チュートリアルで学んだことを活用して、周囲に危険物を追加します。爆発する樽は、ゲームで代表的な存在ですが、ゲームで再現する危険物は以下のようにワールドに数多くあります。

    • 大きな送風機。プレイヤー / AI を押したり、引っ張ったりすることができます。

    • 毒ガス。ガスを拡大したり、移動させたりします。

    • 溶岩は接近を阻む効果的な危険です。

    • 氷などの滑りやすいサーフェス。プレイヤーがその上を滑るようにサーフェスの摩擦を変更できます。

  • FirstPersonCharacter のジャンプの高さ、走る速さ、質量、その他の多数のプロパティは、Charactor Movement コンポーネント で変更し、ユニークな感覚のゲームプレイを作ります。

  • 発射台 は、ファーストパーソン ゲームを含む数多くのゲーム タイプで非常に一般的なものです。

  • さらに詳しいヒント、チュートリアル、ガイド、アイデアなどについては、Unreal Engine の フォーラム をご覧ください。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる