オーディオ コンソール コマンド

Unreal Audio Engine で使用できるコンソール コマンドに関するリファレンス。

Windows
MacOS
Linux

ゲームやその他のプロジェクトを Unreal Engineでデバッグする際は、実行中のゲームやエディタにコマンドを直接送信すると便利です。これはオーディオの場合に特に当てはまります。限定された状況や未知の条件でのみ発生するバグを追跡する場合、コンソール コマンドによって、特定の機能を有効化/無効化したり、重要なパラメータをリアルタイムで変更したりできます。

コンソールの使い方

キーボードの チルダ キー ( ~ ) を押して コマンド コンソール を開きます。英国の英語キーボードの場合は 重アクセント記号 キー ( ` ) を使用してください。

Press the tilde or grave key to open the command console.

チルダ キーでコンソールが開かない場合や、別のキーを使用する場合は、 [Project Settings (プロジェクト設定)] > [Engine (エンジン)] > [Input (インプット)] > [Console Keys (コンソール キー)] に移動してキーボードの割り当てを変更できます。

コンソール コマンドを使用する際は アウトプットログ も開けるようにしておくと便利です。この設定は [Window (ウィンドウ)] > [Developer Tools (デベロッパー ツール)] > [Output Log (アウトプットログ)] にあります。

ほとんどのオーディオ コンソール コマンドでは、「[CVar Name] [Value]」構文を使って特定の コンソール変数 (CVar) を目的の値に設定します。

例えば、サウンド ミックスのデバッグでは、コンソール コマンド [au.Debug.SoundMixes 1] を使用して、CVar au.Debug.SoundMixestrue に設定します。この場合は 1=true です。

また、コマンド [CVar name ?] を入力すると、指定した CVar の使用法について詳細情報を確認できます。

コンソールに入力するコマンドは、リアルタイムでエディタに影響を及ぼします。コンソール コマンドはゲーム内またはエディタ内から実行できるほか、ゲームが開始済みの場合は -server スイッチを使用してサーバーのコンソールから実行できます。

全般的なオーディオ CVar とユースケース

わずかな古い関数を除き、オーディオ固有のコンソール コマンドと CVar は au. で始まります。コンソールは自動提案機能をサポートしているため、コンソールに「au.」と入力して一覧のコマンドをスクロールすることで、使用できるコマンド一覧を表示できます。

  • au.Debug.SoundMixes—この変数を「1」に設定すると、現在アクティブなサウンド クラス ミックスに関する情報を取得できます。サウンド ミックスは、レベル内の多くのサウンドに同時に影響を与える可能性のあるオブジェクトであるため、それらのグリッチの追跡は困難です。サウンド ミックスの関連情報を表示することで、予期しないサウンド ミックスがトリガーされているかどうか、サウンド ミックスがプッシュされてサウンド ミックス モディファイアのリストから予期どおりに外れるかどうか、同じミックスで複数のインスタンスが同時にアクティブになっているかどうかを判断しやすくなります。多くの場合、これはサウンドの単一のクラスが突然再生されなくなるといった状況をデバッグする際の最初のステップとして最適です。

  • au.DumpActiveSounds1 に設定すると、現在再生しているすべてのサウンドのリストを取得します。これを使用して、人間の耳では同じように聞こえたとしても原因が異なる問題について、考えられるエラーの原因を絞り込むことができます。例えば、サウンドが聞こえなくなった場合、アクティブなサウンドをダンプすることで、問題がサウンドが再生されないことなのか、またはサウンドのレベルが低すぎて聞こえないのかを判別できます。同様に、ボリューム モディファイアを不適切なボリュームに設定したことによる大きな音と、同じ音の複数のインスタンスが同時に再生されて非常に大きな一つの音として認識される場合を区別するのに役立ちます。

  • AudioMemReport—値を指定せずに AudioMemReport コマンドを入力すると (値は必須ではありません)、アクティブなサウンド オブジェクトのメモリ使用量について詳細なドキュメントが生成されます。これは、オーディオ システムが想定以上に大量のメモリを使用する原因の究明に役立ちます。また、全般的なオーディオの最適化にも便利です。

オーディオ コンソール コマンド

Unreal Audio Engine のデバッグには以下のコマンドを使用します。新しいコマンドに置き換えられた非推奨のコマンドも、該当する場合はこの表に示します。

ほとんどの場合、有効化/無効化は 1 / 0on / offtrue / false (on/off と true/false は大文字小文字を区別する) で設定できます。

0 = false (無効化) と 1 = true (有効化) の場合、コマンドのアクションを無効化する [au.DisableDeviceSwap] コマンドなどを使用する際は、true を設定することで無効化のアクションが有効化されることに注意してください。つまり、この機能をオン (有効) にするには、「au.DisableDeviceSwap 1」と入力します。

コマンド

説明/コメント

引数

au.3dVisualize.ActiveSounds

アクティブなサウンドのビジュアリゼーション モード。

0:無効、1:ボリューム (Lin)、2:ボリューム (dB)、3:距離、4:ランダム カラー

au.3dVisualize.ActiveSounds.Type

オーディオ ビジュアリゼーションを適用するサウンド タイプ。

0:すべて表示、1:コンポーネントのみ、2:非コンポーネントのみ

au.3dVisualize.Enabled

オーディオ ビジュアリゼーション

0:無効、1:有効

au.3dVisualize.Listeners

3D ビジュアリゼーションが有効なときにリスナーを表示するかどうか。

0:無効、1:有効

au.3dVisualize.SpatialSources

3D ビジュアリゼーションが有効なときに、オーディオ空間化のソースを表示するかどうか。

0:無効、1:有効

au.3dVisualize.VirtualLoops

3D ビジュアリゼーションが有効なときに、仮想化したループを表示するかどうか。

0:無効、1:有効

au.adpcm.ADPCMReadFailureTimeout

音声波形を完全に停止する前に試行する ADPCM デコードの試行回数を設定します。

Value: 値:試行回数

au.adpcm.DisableSeeking

ADPCM でのシークを無効にします。

1:シークを無効化

au.AllowAudioSpatialization

オーディオの空間化を許可します。通常、これは有効です。無効化すると、すべてのオーディオが空間化されなくなり、減衰が発生します。

0:無効、>0:有効

au.AllowInitOnAudioRenderThread

有効化すると、オーディオ レンダリング スレッドでサブミックスを初期化します。

0:無効、1:有効

au.AllowReverbForMultichannelSources

チャンネル数が 2 を超えるソースに対してリバーブ処理を許可します。

0:無効、>0:有効

au.AnalysisTimeShift

ベイク済み解析再生のタイムラインをシフトします。

値:タイムラインをシフトする秒数

au.BakedAnalysisEnabled

オーディオ コンポーネントからのベイクされた解析へのクエリを有効または無効にします。

0:無効、1:有効

au.BypassAudioPlugins

オーディオのプラグイン処理をバイパスします。

0:有効、1:オーディオのプラグイン処理を無効化します。

au.BypassPlayWhenSilent

1 に設定すると、非プロシージャル ソースの Play When Silent フラグを無視します。

0:Play When Silent フラグに従う、1:サイレントな非プロシージャル ソースをすべて停止します

au.ClearMutesAndSolos

ソロやミュートしたサウンドをクリアします。

0:無効、1:有効

au.CommandBufferFlushWaitTimeMs

コマンド バッファのフラッシュが完了するまで待機する時間。

値:ミリ秒単位の数値

au.Debug.Display.X

ビューポートにデバッグ テキストをレンダリングする際の、最初の X 位置を設定します。

デフォルト = 100

au.Debug.Display.Y

ビューポートにデバッグ テキストをレンダリングする際の、最初の Y 位置を設定します。

デフォルト:-1

au.Debug.SoundCues

SoundCue 情報をビューポートにポストします。非推奨のコマンド stat soundcues を置き換えます。

0:無効、1:有効、オプション:-AllViews (現在のワールドに関連付けられたビューポートだけでなく、すべてのビューポートに対して有効化/無効化する)

au.Debug.SoundCues.Minimal

有効化すると、サウンド キュー デバッグのコンパクト ビューを使用します。

0:無効、1:有効

au.Debug.Soundcues.ShowPath

有効化すると、サウンド キューのフル パスを表示します。

0:無効、1:有効

au.Debug.SoundCues.Spacing.Char

コンパクト ビューでの文字のサイズ (ピクセル単位)。

デフォルト:7

au.Debug.SoundCues.Spacing.Tab

コンパクト ビューでのタブのサイズ (文字単位)。

デフォルト:5

au.Debug.SoundMixes

SoundMix の情報をビューポートにポストします。非推奨のコマンド stat soundmixes を置き換えます。

0:無効、1:有効、オプション:-AllViews (現在のワールドに関連付けられたビューポートだけでなく、すべてのビューポートに対して有効化/無効化する)

au.Debug.SoundModulators

SoundModulation の情報をビューポートにポストします。非推奨のコマンド stat soundmodulators を置き換えます。

0:無効、1:有効、オプション:-AllViews (現在のワールドに関連付けられたビューポートだけでなく、すべてのビューポートに対して有効化/無効化する)

au.Debug.SoundReverb

SoundReverb の情報をビューポートにポストします。非推奨のコマンド stat soundreverb を置き換えます。

0:無効、1:有効、オプション:-AllViews (現在のワールドに関連付けられたビューポートだけでなく、すべてのビューポートに対して有効化/無効化する)

au.Debug.Sounds

SoundWave の情報をビューポートにポストします。非推奨のコマンド stat sounds を置き換えます。

0:無効、1:有効、オプション:-AllViews (現在のワールドに関連付けられたビューポートだけでなく、すべてのビューポートに対して有効化/無効化する)

au.Debug.Sounds.Max

フル サウンド デバッガー ビューに表示するサウンドの最大数。

デフォルト:32

au.Debug.Sounds.ShowPath

サウンド デバッガー リストで有効化すると、サウンドのフル パスを表示します。

0:無効、1:有効

au.Debug.Sounds.Sort

サウンド統計がアクティブなときにソートおよび表示する値。

値:クラス、距離、名前 (デフォルト)、優先度 (サウンドごとの波形インスタンスの最高値)、時間、波、ボリューム

au.Debug.Sounds.TextColor

オーディオ デバッグ ビューの本文テキストの色。

値:白色、赤色、オレンジ色、黄色、青色、赤紫色 (マゼンタ)、紫色、黒色

au.Debug.SoundWaves

SoundWave 情報をビューポートにポストします。非推奨のコマンド stat soundwaves を置き換えます。

0:無効、1:有効、オプション:-AllViews (現在のワールドに関連付けられたビューポートだけでなく、すべてのビューポートに対して有効化/無効化する)

au.DecompressionThreshold

0 以外の場合、サウンド グループまたはプラットフォームのランタイム設定で設定された圧縮解除しきい値をオーバーライドします。

値:完全に圧縮解除する最大時間 (秒単位)

au.DefaultModulationPlugin

ロードして使用するデフォルトのモジュレーション プラグインの名前 (コンフィグ内のプラットフォーム固有の実装名によってオーバーライドされます)。

N/A

au.DisableAppVolume

1 に設定すると、外部ボリュームの変更コマンドを無視します。

0:アプリ ボリュームの復元、1:アプリ ボリュームを無効化

au.DisableAutomaticPrecache

1 に設定すると、ロードや起動の際にプリキャッシュを無効化し、再生時のみに同期的に事前キャッシュします。

0:通常の事前キャッシュ ロジックを使用、 1:同期呼び出しを除く、すべてのプリキャッシュを無効化

au.DisableBinauralSpatialization

バイノーラル空間化を無効にします。

0:無効、1:有効

au.DisableDeviceSwap

Windows のオーディオ ミキサーのデバイス スワップ処理コードを無効化します。

0:無効、1:有効

au.DisableDistanceAttenuation

距離減衰の使用を無効にします。

0:無効、1:有効

au.DisableEnvelopeFollowing

ソース エンベロープ トラッキングでのエンベロープ フォロワーの使用を無効にします。

0:無効、1:有効

au.DisableFiltering

ソースごとのローパスおよびハイパス フィルタの使用を無効にします。

0:無効、1:有効

au.DisableHPFiltering

ソースごとのハイパス フィルタの使用を無効にします。

0:無効、1:有効

au.DisableLegacyReverb

レガシー オーディオ バックエンドでリバーブを無効にします。

0:無効、1:有効

au.DisableParallelSourceProcessing

ソース処理に対する非同期タスクの使用を無効にします。

0:無効、1:有効

au.DisableQuadReverb

サラウンドのクワッド リバーブを無効にします。

0:無効、1:有効

au.DisableQuadReverbLegacy

サラウンドのクワッド リバーブを無効にします。

0:無効、1:有効

au.DisableReverbSubmix

リバーブ サブミックスを無効にします。

0:無効、1:有効

au.DisableReverbSubmixLegacy

リバーブ サブミックスを無効にします。

0:無効、1:有効

au.DisableSourceEffects

ソース エフェクトの使用を無効にします。

0:無効、1:有効

au.DisableStereoSpread

有効化すると、減衰設定の 3D Stereo Spread プロパティを無視し、代わりに特異点からオーディオをレンダリングします。

0:無効、1:有効

au.DisableStoppingVoices

音声停止機能を無効化します。

0:無効、1:有効

au.DisableSubmixEffectEQ

EQ サブミックスを無効化します。

0:無効、1:有効

au.dsp.FFTMethod

反復型の FFT 方式と DFT 方式のどちらを使用するか決定します。

0:反復型 FFT を使用、1:DFT を使用

au.DumpActiveSounds

現在アクティブなすべてのサウンドに関するデータをログに出力します。

N/A

au.editor.CookOverrideCachingInterval

プロジェクト設定のクック オーバーライドを変更してから、新しいオーディオ ソースに適用するまでの最大レイテンシーを設定します。

値:キャッシュの間隔を表す時間 (秒単位)

au.EnableBinauralAudioForAllSpatialSounds

バイノーラル レンダリングが利用可能な場合、すべての空間サウンドのバイノーラル オーディオ レンダリングを切り替えます。

0:無効、1:有効

au.EnableDetailedWindowsDeviceLogging

Windows デバイスの詳細ログを有効化します。

0:無効、1:有効

au.EnableOcclusionFilterScale

オクルージョンを 0.25f でスケーリングして、オーディオ ミキサーでフィルタ カットオフ周波数の変化を補正します。

0:無効、1:有効

au.EnableReverbStereoFlipForQuad

サラウンド時にクワッド リバーブのステレオ フリップを有効化します。

0:無効、1:有効

au.EnableReverbStereoFlipForQuadLegacy

サラウンド時にクワッド リバーブのステレオ フリップを有効化します。

0:無効、1:有効

au.FadeOutTimeoutMSec

FadeOut イベント実行までの待機時間。

値:時間 (ミリ秒単位)。

au.FlushAudioRenderCommandsOnSuspend

1 に設定すると、保留中のすべてのコマンドを、アプリの一時停止時にオーディオ スレッドとオーディオ レンダリング スレッドに送信します。

0:有効、1:無効にする

au.FlushAudioRenderThreadOnGC

1 に設定すると、GC を実行するたびに保留中のすべてのオーディオ レンダリング スレッド コマンドをフラッシュします。

1:有効

au.FlushCommandBufferOnTimeout

1 に設定すると、フェンスのタイムアウト時にオーディオ レンダリング スレッドを同期的にフラッシュします。

1:有効

au.ForceRealtimeDecompression

1 に設定すると、すべてのオーディオ アセットをロード時に完全に圧縮解除せず、再生時に徐々に圧縮解除します。

0:ロード時の完全な圧縮解除を許可、1:リアルタイムでの圧縮解除を強制。

au.ForceSyncAudioDecodes

ソース処理に対する非同期タスクの使用を無効化します。

0:同期タスクの使用停止、1:オーディオのデコードを強制的に同期

au.IsUsingAudioMixer

オーディオ ミキサーを使用するかどうか決定します。これは au.AllowUnsafeAudioMixerToggling が 1 に設定されておらず、オーディオ デバイスが現在使用されていない場合にのみ有効です。サウンドを停止し、ループ サウンドを自動で再開しません。

0:オーディオミキサーを使用しない、1:オーディオミキサーを使用する

au.LinearGainScalarForFinalOutut

線形ゲイン スカラーを最終フロート バッファに適用し、ホットフィックス可能なクリッピングの緩和を許可します。

デフォルト:1.0f

au.LogRenderTimes

オーディオ レンダリング時間をログに記録します。

0:ログ記録なし、1:ログ

au.MaxConcurrentStreams

最大同時ストリーム数をオーバーライドします。

0:オーバーライドしない、「0」以外:オーバーライドする

au.nrt.RenderEveryTick

1 に設定すると、エンジンがティックごとに RenderAudio を呼び出します。

0 = ティックごとにレンダリングしない、1 = ティックごとにレンダリングする

au.nrt.RenderFrameSize

単一のコールバックでレンダリングするフレームの数を選択します。

値:レンダリングするフレームの数。

au.NumPrecacheFrames

0 より大きい値に設定すると、その値によってオーディオ バッファが事前キャッシュするフレーム数を決定します。

0:事前キャッシュ フレームにデフォルト値を使用、>0:事前キャッシュするフレームの数。

au.OverrunTimeoutMSec

Null デバイスにスワップする前の、レンダリング スレッドがタイムアウトするまで待機する時間。

値:時間 (ミリ秒単位)。

au.RealtimeDecompressZeroDurationSounds

1 に設定すると、すべてのオーディオ アセットが完全にロードされるのではなく、再生時に計画的に圧縮解除されます。

0:ロード時の完全な圧縮解除を許可、1:リアルタイムの圧縮解除を強制

au.RecoverRecordingOnShutdown

1 に設定すると、レコーディング中にゲームがシャットダウンした場合に、.wav ファイルへのレコーディングのバウンスを試みます。

0:無効、1:有効

au.RenderThreadPriority

オーディオ レンダリング スレッドの優先度を設定します。デフォルト値は 3 です。

0:通常、1:通常より上、2:通常より下、3:最高、4:最低、5:通常より少し低い、6:タイム クリティカル

au.ReportAudioDevices

その時点で有効かつアクティブなオーディオ デバイス (オーディオ エンジンのインスタンス) をログに記録します。

N/A

au.SetAudioChannelCount

オーディオ チャンネル数を変更します。最大値を、オーディオ エンジンの初期化に使用した MaxChannelCount に固定します。

0:無効、>0:入力した数値が新しいチャンネル数になります

au.SetAudioChannelScaleCount

オーディオ チャンネル数をパーセンテージで変更します。

システムで使用できるチャンネルによってデフォルトが異なります。別の値を追加することでこれを変更できます。

au.SoundDistanceOptimizationLength

一度限りの距離の最適化のため、カリング候補となるにはサウンドの最大持続時間を設定する必要があります。

デフォルト値は「1.0」です (秒単位)

au.SpoofFailedStreamChunkLoad

受信するストリーム チャンクをロードの失敗として処理するようにエンジンを強制します。

0:無効、1:有効

au.streamcaching.AlwaysLogCacheMisses

0 以外の値に設定すると、すべてのキャッシュミスを audiomemreport に追加します。

0:au.streamcaching.StartProfiling を呼び出すまで、キャッシュミスをログに記録しません。1:キャッシュミスを常にログに記録する。

au.streamcaching.FlushAudioCache

これはストリーム キャッシュが有効な場合に、保持していないオーディオをキャッシュからフラッシュします。

N/A

au.streamcaching.ForceBlockForLoad

0 以外の値に設定すると、ディスクの読み取りが完了するまで GetLoadedChunk をブロックします。

0:無効、1:強制的にロードをブロック

au.streamcaching.KeepCacheMissBufferOnFlush

1 に設定すると、 AudioMemReport の呼び出し後に記録済みキャッシュミスのバッファを維持します。それ以外の場合、 AudioMemReport を呼び出すと以前に記録したすべてのキャッシュミスをフラッシュします。

1:セッション全体のキャッシュミスを、すべて AudioMemReport に表示します。0:セッション全体のキャッシュミスを、すべて AudioMemReport に表示します。0:

au.streamcaching.MaxCachesToDisplay

画面に表示するストリーム チャンクの最大量を設定します。

値:画面に表示する要素の数。

au.streamcaching.MinimumCacheUsage

この値が、当社でサポート可能なストリーム キャッシュの潜在的な最小使用量です。例えば、これを 0.25 に設定すると、チャンクの排除を開始する際に、潜在的に少なくともキャッシュ サイズの 25% を使用することになります。

0.0:チャンク数を (キャッシュ サイズ / 最大チャンク サイズ) に制限する、[0.01 ~ 0.99]:小さな音をたくさん再生する際に、チャンク数を増やしてディスク IO を制限します。

au.streamcaching.PlaybackRequestPriority

再生する準備の整った、キャッシュされていないオーディオ チャンクに対して、デフォルトの要求優先度を設定します。

0:高、1:通常、2:通常より下、3:低、4:最小値

au.streamcaching.PrimeSoundOnAudioComponents

1 に設定すると、そのサウンドで UAudioComponent をスポーンした際や、UAudioComponent::SetSound の呼び出し時に USoundBase を自動でプライムします。

0:無効、1:有効

au.streamcaching.ReadRequestPriority

ストリーム キャッシュが有効な場合に、オーディオ チャンクのデフォルト要求優先度を設定します。

0:高、1:通常、2:通常より下、3:低、4:最小値

au.streamcaching.ResizeAudioCacheTo

オーディオ ストリーム キャッシュを新しいサイズに縮小するために、必要に応じて十分なオーディオ チャンクをカリングし、キャッシュをそのサイズに維持するよう試行します。

値:サイズ (メガバイト単位)

au.streamcaching.SaveAudiomemReportOnCacheOverflow

1 に設定すると、キャッシュのオーバーフロー時に audiomemreport を出力します。

0:無効、1:有効

au.streamcaching.StartProfiling

このストリーミング マネージャーに対して、パフォーマンス重視のプロファイル モードを開始します。プロファイル統計は audiomemreport で出力できます。

N/A

au.streamcaching.StopProfiling

au.streamcaching.StartProfiling コマンドを停止します。

N/A

au.streamcaching.StreamCacheSizeOverrideMB

この CVar を設定してキャッシュ サイズをオーバーライドできます。0:プロジェクト設定のキャッシュ サイズを使用します。

値:新しいキャッシュ サイズ (メガバイト単位)。

au.streamcaching.TrimCacheWhenOverBudget

0 以外の値に設定すると、割り当てを超過しないように AddOrTouchChunk で TrimMemory を呼び出します。

0:無効、>0:有効 ( 0 以外の値はすべて 1 と同等)

au.submix.clearbrokensubmixassets

修正すると、子でなくなった子サブミックスをリストするサブミックスが存在しないことを確認し、以前の子が以前の親を誤ってリストすることを防ぎます。

N/A

au.UnderrunTimeoutMSec

バッファ アンダーランを送信する前に、レンダリング スレッドが次のバッファを生成するために待機する時間。

値:ミリ秒単位の数値

au.UseListenerOverrideForSpread

ステレオ パンニングに対するゼロ減衰のオーバーライド距離。

0:実際の距離を使用、1:リスナー オーバーライドを使用

au.VirtualLoops.Enabled

オーディオ ループの仮想化サポートを有効化/無効化します。

0:無効、1:有効

au.VirtualLoops.ForceUpdateListenerMoveDistance

仮想化したサウンドを強制的に更新して、リスナーが 1 フレーム内で指定した距離を移動するかどうかを確認するために必要な距離のしきい値を設定します。測定単位はアンリアル単位 (UU:Unreal Unit) です。

0:無効、1:有効、デフォルト値:2500 UU

au.VirtualLoops.PerfDistance

サウンドの最大可聴距離を超えて、最小と最大の間の更新レートをスケーリングするように仮想ループ距離を設定します。

0:無効、1:有効、デフォルト値:15000.0

au.VirtualLoops.UpdateRate.Max

サウンドが再び聞こえるかどうかを確認する最大レートを設定します (サウンドの最大可聴距離 + パフォーマンス スケーリング距離を超えた場合)。

0:無効、1:有効、デフォルト値:3.0f

au.VirtualLoops.UpdateRate.Min

サウンドの最大可聴距離で再びサウンドが聞こえるかどうかを確認する最小レートを設定します。

0:無効、1:有効、デフォルト値:.1f

au.WaitForSoundWaveToLoad

1 に設定すると、 USoundWave をロードしない限り、すべてのサウンドの再生を拒否します。

0:再生を試みる、1:ロードを待機する

古いオーディオ コンソール コマンド

以下に示すコマンドは依然として機能しており、一部のユーザーによって使用されている可能性があります。

ただし、これらのコマンドは入力を受け取らず、新しいオーディオ コンソール コマンドのように自動補完されないことに注意してください。

コマンド

説明/コメント

引数

Audio3dVisualize

3D サウンドの 3D ビジュアリゼーションに対してオン/オフを切り替えます

N/A

AudioDebugSound

サウンド名を追加の入力として受け取り、そのサウンドのデバッグ情報を提供します

N/A

AudioGetDynamicSoundVolume

動的なサウンド ボリューム名を追加の入力として受け取り、そのボリュームのデバッグ情報を提供します

N/A

AudioMemReport

オーディオ オブジェクトのメモリ レポートを作成します

N/A

AudioMixerDebugSound

サウンド名を追加の入力として受け取り、そのサウンドのデバッグ情報を提供します

N/A

AudioResetAllDynamicSoundVolumes

すべての動的なサウンド ボリュームをリセットします

N/A

AudioResetDynamicSoundVolume

動的なサウンドのボリューム名を追加の入力として受け取り、その特定のボリュームをリセットします

N/A

AudioSetDynamicSoundVolume

動的なサウンドのボリューム名を追加の入力として受け取り、その特定のボリュームを設定します

N/A

AudioSoloSoundClass

サウンドのクラス名を追加の入力として受け取り、そのサウンド クラスがソロ (可聴音のみ) かどうかを切り替えます

N/A

AudioSoloSoundCue

サウンドのキュー名を追加の入力として受け取り、そのサウンド キューがソロ (可聴音のみ) かどうかを切り替えます

N/A

AudioSoloSoundWave

サウンド ウェーブ名を追加の入力として受け取り、そのサウンド ウェーブがソロ (可聴音のみ) かどうかを切り替えます

N/A

ClearSoloAudio

現在ソロであるオーディオ デバイスのソロ コマンドをクリアします

N/A

DisableHPF

すべてのソースのハイパス フィルタ機能を無効にします

N/A

DisableLPF

すべてのソースのローパス フィルタ機能を無効にします

N/A

DisableRadio

ラジオ エフェクトを無効にします

N/A

DumpSoundInfo

現在アクティブなサウンド オブジェクトに関する詳細情報を出力します

N/A

EnableRadio

ラジオ エフェクトを有効にします

N/A

IsolateDryAudio

現在再生しているサウンドのドライ信号を分離します (まだエフェクト処理を経ていないサウンド部分など)

N/A

IsolateReverb

リバーブ処理によって生成されたオーディオを分離します

N/A

ListAudioComponents

アクティブなサウンド コンポーネントと関連データのリストをすべてダンプします

N/A

ListSoundClassVolumes

アクティブなサウンド クラスのボリュームと関連データのリストをすべてダンプします

N/A

ListSoundClasses

アクティブなサウンド クラスと関連データのリストをすべてダンプします

N/A

ListSoundDurations

各サウンド ウェーブ オブジェクトのリストを、対応する継続時間とともにダンプします

N/A

ListSounds

ロードされたサウンドに関するデバッグ情報を表示します。追加のパラメータ:ALPHASORT:true に設定するとサウンドを名前で並べ替えます。それ以外の場合は、メモリ使用量の大きい順に並べ替えます。true に設定すると、リストされた各サウンドのフル パスを出力します。それ以外の場合はオブジェクト名のみを出力します。

N/A

ListWaves

次のフィールドを使用して、現在アクティブな Wave インスタンスの情報を表示します。Instance Index Source ?TEXT("Yes") :、再生時間、ボリューム、パス名、サウンド名

N/A

PlayAllPIEAudio

フォーカスのある PIE ウィンドウにかかわらず、すべてのデバイスのオーディオを可聴にするかどうかを切り替えます

N/A

PlaySoundCue

サウンドのキュー名を追加の入力として受け取り、そのサウンド キューを再生します

N/A

PlaySoundWave

サウンド ウェーブ名を追加入力として受け取り、そのサウンド ウェーブを再生します

N/A

ResetSoundState

すべてのボリュームをデフォルトにリセットして、テスト フィルタをすべて削除します

N/A

SetBaseSoundMix

サウンド ミックス名を追加パラメータとして受け取り、そのサウンド ミックスを基本ミックスとして設定します

N/A

ShowSoundClassHierarchy

サウンド クラスの階層を表示します

N/A

SoloAudio

他すべてのデバイスをミュートして、単一のデバイスをソロ デバイスに設定します。

N/A

SoundClassFixup

潜在的なサウンド クラスの破損やパスのコリジョンを処理します

N/A

TestLFEBleed

すべてのソースに対してロー パス フィルタを最大に設定し、潜在的な LFE ブリードの問題をテストします

N/A

TestLPF

すべてのソースに対してロー パス フィルタを最大に設定します

N/A

ToggleHRTFForAll

呼び出すと、すべてに対して HRTF が有効かどうかを変更します。例えば、bHRTFEnabledForAll が現在「false」に設定されている場合は、「true」に設定されます。

N/A

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる