DMX マトリクス機能

DMX マトリクス フィクスチャ コントロールに関する情報 (マトリクス フィクスチャ ブループリントなど)

Windows
MacOS
Linux
前提トピック

このページは以下のトピックへの知識があることを前提にしています。まず以下のトピックの内容についてご確認をお願いします。

マトリクス フィクスチャは、個別に制御可能な「セル」のグループを持つという点で標準フィクスチャと異なります。各セルは、グループ内の他のセルと同じ属性と機能を持ちます。マトリクス フィクスチャの例は、ピクセルでできたセルのグループを含む "MagicPanel" です。それぞれのピクセルには「赤」、「緑」、「青」、「調光」など制御するための属性セットがあります。

dmxmatrixfeatures1.png

マトリクス フィクスチャ コントロールは 4.26 の新機能です。

マトリクス フィクスチャをセットアップするには、DMX ライブラリでフィクスチャ タイプを設定する必要があります。ライブラリの [Fixture Type] パネルの [Fixture Settings] で、[DMX Category] を選択して [Matrix Feature] にチェックを入れます。可能な場合は DMXImport を使用します。さらに、Entity プロパティの NameMatrixFeature に設定します。

dmxmatrixfeatures2.png

[Modes Properties (モード プロパティ)] パネルでさまざまな設定を調整してマトリクス セルを設定することができます。

プロパティ

説明

First Cell Channel

マトリクスの最初のセルが含む最初のチャンネル

X Cells

x-方向のセルの数

Y Cells

y-方向のセルの数

PixelMapping Distribution

グループ内のすべてのセルの順序

Cell Attributes

各セルに割り当てられる属性

dmxmatrixfeatures3.png

マトリクス フィクスチャ ブループリント

マトリクス セルにデータの設定および取得に使用できる数多くのブループリントがあります。Fixture Patch リファレンスを使って Get Matrix Cell を呼び出して、これらにアクセスすることができます (下図参照)。

dmxmatrixfeatures4.png

タグ
Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる