DMX ピクセル マッピング

ユーザーがテクスチャ ピクセルをサンプリングして、カラーを DMX サンプルとして出力できる、DMX ピクセル マッピングの情報について説明します。

Windows
MacOS
Linux
前提トピック

このページは以下のトピックへの知識があることを前提にしています。まず以下のトピックの内容についてご確認をお願いします。

この機能では、指定したテクスチャのピクセルをサンプリングして、DMX としてカラー サンプルを出力できます。ピクセル マッピング機能は、DMX ライブラリ アセットと DMX プロトコル 機能を活用する他の DMX プラグインと統合します。新しい ピクセル マッピング アセットを作成するには、コンテンツ ブラウザを右クリックして、[DMX] カテゴリに移動し、[DMX Pixel Mapping (DMX ピクセル マッピング)] を選択します。

dmxpixelmapping1.png

ピクセル マッピング エディタは、UMG インターフェースと同様の構成です。

dmxpixelmapping2.png

パネル

説明

Palette (パレット)

機器の異なるタイプを表す、デフォルト コンポーネント。コンポーネントを [Designer (デザイナ)] にドラッグして追加します。

Hierarchy (階層)

このピクセル マッピング アセットに対して追加されたすべてのコンポーネントとその関連する親と子を階層で表したものです。

Designer (デザイナ)

多様なコンポーネントをいろいろ動かし、テクスチャの部分をサンプリングします。DMX 出力に対して実際に、テクスチャのどの部分をサンプリングするのかを構成する場所です。

Preview (プレビュー)

Designer でのコンポーネント レイアウトからテクスチャにダウンサンプリングが適用された後、見える出力をプレビューできます。

Details (詳細)

階層の選択コンポーネントに対して関連プロパティを設定します。

コンポーネント

機器 グループ

Fixture Group (機器 グループ) コンポーネントは、DMX を DMX ライブラリで定義された複数機器に出力するために使用されます。機器は、[Details] パネルから、[Designer] へのドラッグアンドドロップで、このグループに追加できます。グループの各機器は、機器に対して割り当てられた属性に RGB 値を出力するように構成できます。

dmxpixelmapping3.png

プロパティ

説明

Color Mode

テクスチャをサンプリングする方式、RGB (赤緑青) またはモノクローム (白と黒)。

Color Sample

DMX 出力にサンプリングする色 (反転オプションを含む)。

R/G/B Attribute

カラー サンプル データを出力するために機器パッチに割り当てる属性。

Extra Attributes

ピクセル マッパーがレンダリングされる間にスタティックに出力する追加属性。

Relative Position X

親の位置を基準にした位置の X 成分。

Relative Position Y

親の位置を基準にした位置の Y 成分。

Size X

X 方向のサイズ (ピクセル単位)

Size Y

Y 方向のサイズ (ピクセル単位)

Cell Blending Quality

イメージ セクションをサンプリングする品質。

Lock in Designer

デザイナーで位置をロックします。

Visible in Designer

デザイナーで表示/非表示を切り替えます。

Editor Color

ボックス ビジュアリゼーションに対して設定する色。

マトリックス

Matrix (マトリックス) コンポーネントは DMX ライブラリで設定されたマトリックス機器に DMX を出力するために使用されます。マトリックス機器は、DMX ライブラリと機器パッチ プロパティをパッチ済みマトリックス機器に設定することで、割り当てできます。すべてのセルがピクセル マッパーに自動で表示されます。DMX ライブラリで定義されたマトリックスの順序を基準にした位置を表す割り当て番号が付いています。

dmxpixelmapping4.png

プロパティ

説明

Color Mode

テクスチャをサンプリングする方式、RGB (赤緑青) またはモノクローム (白と黒)。

Color Sample

DMX 出力にサンプリングする色 (反転オプションを含む)。

R/G/B Attribute

カラー サンプル データを出力するために機器パッチ セルに割り当てる属性。

Extra Attributes

ピクセル マッパーがレンダリングされる間にスタティックに出力する追加属性。

Extra Cell Attributes

ピクセル マッパーがレンダリングされる間にスタティックに出力する追加セル属性。

Fixture Patch Matrix Ref

DMX を出力するための DMX ライブラリと機器パッチの割り当て。

Relative Position X

親の位置を基準にした位置の X 成分。

Relative Position Y

親の位置を基準にした位置の Y 成分。

Size X

X 方向のサイズ (ピクセル単位)

Size Y

Y 方向のサイズ (ピクセル単位)

Cell Blending Quality

イメージ セクションをサンプリングする品質。

Lock in Designer

デザイナで位置をロックします。

Visible in Designer

デザイナで表示/非表示を切り替えます。

Editor Color

ボックス ビジュアリゼーションに対して設定する色。

DMX スクリーン

DMX Screen (DMX スクリーン) コンポーネントは、[Details] パネルで手動で設定したセルのマトリックスに raw DMX を出力するために使用されます。

dmxpixelmapping5.png

プロパティ

説明

Remote Universe

出力ユニバース。

Start Address

1 番セルの開始アドレス。

Color Space

期待するサンプル タイプ。

Distribution

連続するセルをアドレス設定する順序。

Ignore Alpha Channel

色空間にアルファが含まれるときにアルファ チャンネルを使用するかどうかをコントロールします。

Pixel Intensity

DMX 出力に対するピクセル強度の乗数をコントロールします。

Alpha Intensity

色空間にアルファが含まれるとき、アルファ チャンネルの強度をコントロールします。

Show Addresses

セルの割り当てアドレスの表示/非表示を切り替えます。

Show Universe

セルの割り当てユニバースの表示/非表示を切り替えます。

X Cells

グリッドでの X 方向のセル数。

Y Cells

グリッドでの Y 方向のセル数。

Protocol Name

出力するための DMX プロトコル。

Size X

X 方向のスクリーン サイズ (ピクセル単位)

Size Y

Y 方向のスクリーン サイズ (ピクセル単位)

Position X

テクスチャの原点を基準にしたスクリーンの X 位置

Position Y

テクスチャの原点を基準にしたスクリーンの Y 位置

Cell Blending Quality

セル内でイメージ セクションをサンプリングする品質。

Lock in Designer

デザイナで位置をロックします。

Visible in Designer

デザイナーで表示/非表示を切り替えます。

Editor Color

ボックス ビジュアリゼーションに対して設定する色。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる