インカメラ VFX 推奨ハードウェア

Unreal Engine でインカメラ VFX のセットアップをする場合の推奨ハードウェアの詳細です。

Windows
MacOS
Linux

Unreal Engine を使用したインカメラ VFX セットアップでは、複数のマシンが互いに通信し LED ボリューム ディスプレイを動かすことが必要になります。このページでは、インカメラ VFX セットアップ用に検討すべきハードウェアについて説明します。

3 つのレンダー ノードを使用したセットのハードウェア レイアウト例です。クリックしてフルサイズ表示。

ほとんどの LED プロセッサには、外部のゲンロックソースから、またはグラフィックカードからの受信映像信号のいずれかからの同期を受信するオプションがあります。使用している LED プロセッサで利用できるオプションを確認してください。ハードウェア図では、外部ゲンロックソースが LED プロセッサに同期を提供しています。

推奨されるマシン ハードウェア

ワークステーション

ワークステーションを選ぶときに重要なことは、メモリ、ストレージ、およびグラフィック ハードウェアの十分なスペースと電力です。Unreal Engine 4.26 以降で利用可能になるマルチ GPU を使用する場合は、ワークステーションに十分なスペースがあり、NVLink のサポートが可能であることを確認してください。

CPU

一般的に、コアの多さよりもクロック速度が優先されます。8 コアより多くなると、コアが多い利点は、他のユースケースよりもコードとシェーダーのコンパイル時に顕著になります。クロック速度は最低 3 ギガヘルツ (Ghz) から使用することを推奨します。インカメラ VFX シナリオに使用される CPU の一般的な例は、Intel Xeon および Intel Core i9 processors、および AMD Ryzen 9 3950X および AMD Threadrippers です。

RAM

ほとんどのインカメラ VFX シナリオには、64GB の DDR-4 メモリを推奨します。本番環境で大きなファイルを使用する場合は、RAM を追加する必要になることがあります。

GPU

アーティストのワークステーション: Unreal Engine の レイトレーシング やその他の高度なレンダリング機能を利用しているアーティストの場合は、NVIDIA GeForce RTXグラフィックスカード の使用を推奨します。

レンダリング ノード: NVIDIA Quadro Sync は、LED ボリューム全体でディスプレイを同期するために必要です。各レンダリング ノード マシンには、グラフィックカードの他にこのカードがあります。詳細については、NVIDIA の Quadro Sync II User Guide を参照してください。NVIDIA Quadro Sync で推奨されるグラフィックス カードについては、Quadro Sync の NVIDIA ページにある互換性のある GPU のリストを参照してください。

ビデオカード

ライブ グリーンスクリーン 合成を使用する場合は、カメラ入力、合成出力、およびタイムコード同期を処理するための SDI ビデオカードが必要になります。ライブ合成には、AJA Kona 5Blackmagic DeckLink などの SDI ビデオカードが推奨されます。

ストレージ

プロジェクト データは各コンピューターにローカライズされているため、最適なパフォーマンスを得るには高速のローカル ストレージが必要です。セカンダリ データがマシンの起動ドライブから動作する Samsung 970 Pro などの M.2 Solid State Drives (SSDs) の使用を推奨します。

ストレージ ネットワーク カード

オペレータ システムとレンダリング マシン間の高速データ転送を維持するには、10 ギガビット イーサネット (GbE) ネットワーク インターフェイス コントローラ (NIC) を推奨します。

その他の推奨ハードウェア

Network Switch

Netgear Smart Switch など、ほとんどの 10 GbE Layer 2 または Layer 3 型ネットワーク スイッチはこのシナリオを満たしています。

Sync Generators

同期ジェネレータには有線と無線のオプションがあります。インカメラ VFX セットにはこの両方を使用するのが一般的です。たとえば、有線ボックスを使用して、無線ボックスに信号を送信できます。上のハードウェア図のオレンジ色の線は、同期ジェネレータからカメラへの無線接続を表しています。 以下は、推奨される同期ジェネレータのリストです。

有線オプション:

無線オプション:

Display Adapters

  • NVIDIA GeForce および Quadro カードに推奨される NVIDIA 標準ディスプレイ アダプタのリスト を参照してください。

  • LED プロセッサのディスプレイ ポート 1.2 を HDMI2.0 に接続する方法については、Lightware MX2 Series を参照してください。 *グラフィック カードのディスプレイ ポートへの接続など、長めの非圧縮 HDMI 接続の場合はファイバー エクステンダーを使用します。非圧縮 HDMI2.0 4K 信号には、Lightware fiber extender を推奨します。

Video Distribution Amplifier (VDA)

インカメラ VFX セットアップの場合、VDA は通常、ゲンロック信号をレンダリング ノード、カメラ追跡システム、ライブ合成マシン、時にはカメラ自体への複数のチャネルに配信するために使用されます。上の図を見ると、ゲンロック同期からのラインが分配増幅器を介してセットアップ内の他のさまざまなデバイスに分配されていることがわかります。

以下は、推奨される VDA のリストです。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる