Switchboard のクイック スタート

プロジェクトに Switchboard を追加して、複数のデバイスにリモートで接続する方法を説明します。

Windows
MacOS
Linux

このページでは Switchboard を使い始めるための手順をステップバイステップで提供します。このチュートリアルを完了すると、Switchboard を設定して複数のデバイスに接続する方法を理解できます。

ステップ 1 - Switchboard に合わせてプロジェクトを設定する

  1. Unreal Editor のメインメニューで、[Edit (編集)] > [Plugins (プラグイン)] を選択し、[Plugins (プラグイン)] ウィンドウを開きます。

  2. [Virtual Production] セクションに移動して Switchboard プラグインを見つけます。

    The Switchboard plugin

  3. [Enabled] チェックボックスにチェックを入れます。表示されるポップアップで [Yes] を選択します。

    Enable switchboard warning

  4. [Restart Now (今すぐ再起動)] を選択してエディタを再起動し、この変更を有効化します。

    Restart to enable Switchboard

ステップ 2 - Switchboard を起動する

プラグインを追加してエンジンを再起動すると、ツールバー[Switchboard][SwitchboardListener] のオプションが表示されます。

  1. [Launch Switchboard (Switchboard を起動)] を選択して Switchboard アプリケーションを起動します。

    Switchboard toolbar icon

    Engine\Plugins\VirtualProduction\Switchboard\Source\Switchboard\Switchboard.bat」を実行して Switchboard をエディタの外部で起動することもできます。

  2. Switchboard を初めて起動する場合は、Python インタープリタを含む必須の依存関係をすべてダウンロードします。

    Installing Python

    Switchboard が使用するデフォルト バージョンは Python 3.7.7 です。Switchboard が使用する Python インタープリタを変更する場合は Switchboard 設定のリファレンス を参照してください。

  3. Switchboard を初めて起動する場合に、すべての依存関係のダウンロードが完了すると、[Add New Switchboard Configuration (新規 Switchboard コンフィギュレーションを追加)] ウィンドウが表示されます。このフィールドに入力して [OK] を選択するか、[Cancel] を選択した後で Switchboard の設定から更新することもできます。どちらを選んでも Switchboard のウィンドウが開きます。

    Switchboard configuration settings

Switchboard のコンフィギュレーション パラメータ

パラメータ

説明

Name

Switchboard プロジェクトの識別に使用する名前。

uProject

Switchboard で制御する uProject に対するローカル パス。

Engine Dir

使用するエンジンが存在するエンジン ディレクトリに対するローカル パス。ソースからビルドしたエンジンまたはインストール済みのエンジン リリースに対するパスを指定できます。例:"C:\Program Files\Epic Games\UE_4.26\Engine"

Perforce

ソース リポジトリに Perforce を使用する場合は、このチェックボックスを有効化します。

P4 Project Path

上記で指定した Uproject ファイルを含むディレクトリに対するデポ パス。

P4 Engine Path

上記で指定したエンジン ディレクトリに対するデポ パス。ソースからエンジンをビルドしない場合は省略できます。

Workspace Name

Uproject ディレクトリをマップした、ローカルで有効な Perforce ワークスペース名。

ステップ 3 - Switchboard Listener を起動する

エンジンをソースからビルドした場合は、このステップを開始する前に SwitchboardListener のビルドが必要です。これには Visual Studio でビルドを行うか、エンジンのソース コードが存在するルート ディレクトリで次のコマンドを実行します。 Engine\Binaries\DotNET\UnrealBuildTool.exe Win64 Development SwitchboardListener

Switchboard に接続するそれぞれのデバイスで SwitchboardListener を起動する必要があります。SwitchboardListener を独自のマシンで起動する際のオプションを、次の表に示します。

Switchboard toolbar options

メニュー オプション

説明

Launch SwitchboardListener

デフォルト アドレス「0.0.0.0:2980」または Switchboard 設定のリファレンス で指定したアドレスを使用して、リスナーをローカル マシンで起動する。

Install SwitchboardListener

リスナーをブート中に自動で起動するように Windows スタートアップに追加する。

Uninstall SwitchboardListener

Windows スタートアップからリスナーを削除する。

リスナーのウィンドウは起動時に自動で最小化され、nDisplay デバイスでの問題を回避します。このアプリケーションは OS のタスクバーにあります。

The listener log

ステップ 4 - Switchboard にデバイスを追加する

Switchboard はさまざまな種類のデバイスをサポートします。こうしたデバイスは Switchboard のプラグインとして実装されています。デフォルトで使用できるデバイス プラグインの一覧は Switchboard 設定のリファレンス を参照してください。

次の例では、Unreal デバイスを Switchboard に追加する方法を説明します。各種のデバイスに対しても、この一般的な手順に従うことができます。

  1. [Switchboard] から [Add Device] を選択して、デバイスのドロップダウンを展開します。

    Adding a device in Switchboard

  2. ドロップダウン メニューから [Unreal] を選択して [Add Unreal Device] ウィンドウを開きます。

    Switchboard device menu options

  3. [Add Unreal Device] ウィンドウで、Name に Unreal Engine を実行するマシンと、コンピュータの IP Address を割り当てます。[OK] を選択します。

    Switchboard device IP address

    この IP アドレスとデバイス名は追加した後で変更できます。対象のテキスト フィールドをクリックしてからテキストを更新します。

    Editing the device IP address

  4. このデバイスが Switchboard の Unreal デバイス一覧に追加されます。

    Switchboard device added

  5. デバイス行の右端にあるボタンをクリックして、リモート マシンで実行中の SwitchboardListener アプリケーションに接続します。

    Connecting to SwitchboardListener

  6. デバイスを接続すると左側のステータス アイコンが青色に変化します。

    • スタート ボタンをクリックして Unreal インスタンスを起動します。

    • Switchboard から Unreal インスタンスを起動すると、マルチユーザー セッションに自動で追加されます。

    Switchboard device connected Switchboard multi-user startup

  7. Unreal インスタンスを起動すると、左側のステータス アイコンがオレンジ色または緑色に変化します。

    • 緑色のステータスは、Unreal インスタンスが OSC で接続され、Take Recorder を Switchboard から使用できることを表します。

    • オレンジ色のステータスは OSC で接続していないことを表します。

    Switchboard device not connected

一覧から対象のデバイスを右クリックし、ポップアップで [Remove Device] を選択すると、デバイスを削除できます。

5 - 応用編

このクイック スタートでは、Switchboard と SwitchboardListener の起動、リモート デバイスの接続、Switchboard からの制御について、それぞれの方法を説明しました。Switchboard で変更できるオプションの完全な一覧は Switchboard 設定のリファレンス を参照してください。次の機能についても確認してプロジェクトでご利用ください。

  • プロジェクトとエンジンの同期とビルドをリモートで行う。

  • テイクのレコーディングを Switchboard からリモートで行う。

  • nDisplay クラスタの起動と監視を行う。

タグ
Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる