シネマティックスとシーケンサー

シーケンサーは UE4 のマルチトラック エディタです。シネマティックス シーケンスを作成し、リアルタイムでプレビューするために使用します。

Windows
MacOS
Linux

Unreal Engine には、アニメートされたシネマティック シーケンスをの作成を可能にする堅牢なシネマティック ツールが含まれています。カメラを操縦して、レベル フライ スルーの作成、ライトのアニメーション化、オブジェクトの移動、キャラクターのアニメーション化、出力シーケンスのレンダリングなどを行うことができます。これらのワークフローの中核となるのは、パワフルな非線形編集スイーツの シーケンサー です。シーケンサーは Unreal Engine でシネマティック コンテンツを作成するために使用する主要ツールです。

このページには Unreal Engine のシネマティック ツールを説明するドキュメントのリンクと関連ワークフローの実勢の例が含まれています。

image alt text

はじめに

シネマティックスと Unreal Engine を学び始めたばかりの場合、シーケンサー エディタの基本に関する説明は以下のページにあります。シネマティックスを作成するために実行する可能性のある一般的なアクションを学ぶ際に役立つシンプルなガイドです。

シーケンサ エディタ

これらのページでは、シーケンサー エディタのツール、機能、ワークフローと、シーケンサーの関連ツールを説明します。

TopicIcon.png

カーブ エディタ

カーブ エディタおよびカーブ エディタ内のツールを使用し、キーフレームおよびカーブを微調整します。

カーブ エディタおよびカーブ エディタ内のツールを使用し、キーフレームおよびカーブを微調整します。

TopicIcon.png

トラック

シーケンサーのアクタに作用するトラックを作成します。

シーケンサーのアクタに作用するトラックを作成します。

TopicIcon.png

マスター シーケンス、ショット、およびテイク

マスター シーケンス、ショット、テイクを使用して、ノンリニア方式でシネマティックを編集します。

マスター シーケンス、ショット、テイクを使用して、ノンリニア方式でシネマティックを編集します。

TopicIcon.png

シーケンス レコーダー

シーケンス レコーダー ツールとゲームプレイをキャプチャするための記録のオプションの概要です

シーケンス レコーダー ツールとゲームプレイをキャプチャするための記録のオプションの概要です

TopicIcon.png

Take Recorder

Take Recorder を使用する Record Editor、ゲームプレイ、および Live Link アクタの説明です。

Take Recorder を使用する Record Editor、ゲームプレイ、および Live Link アクタの説明です。

TopicIcon.png

キーフレーミング

オブジェクト、アクタ、プロパティをキーフレーム化してセクションを使用することで、シーケンサーでアニメートします。

オブジェクト、アクタ、プロパティをキーフレーム化してセクションを使用することで、シーケンサーでアニメートします。

TopicIcon.png

レンダー ムービー

シネマティック シーケンスのレンダリング時に利用できるオプションについて説明します。

シネマティック シーケンスのレンダリング時に利用できるオプションについて説明します。

TopicIcon.png

FBX ファイルのエクスポートとインポート

FBX ファイルをシーケンサーからエクスポート、およびシーケンサーにインポートする方法を説明します。

FBX ファイルをシーケンサーからエクスポート、およびシーケンサーにインポートする方法を説明します。

TopicIcon.png

テンプレート シーケンス

テンプレート シーケンスを使用してシーケンサで作成されたアニメーション データを再利用します。

テンプレート シーケンスを使用してシーケンサで作成されたアニメーション データを再利用します。

TopicIcon.png

シーケンサーのタグとグループ

ブループリントのスクリプティング用にタグを使用してシーケンサーのアクタを参照し、グループを使用してトラックを整理します。

ブループリントのスクリプティング用にタグを使用してシーケンサーのアクタを参照し、グループを使用してトラックを整理します。

カメラ

以下のページにはシネマティックスでカメラを設定および使用するための情報が含まれます。

TopicIcon.png

Cine Camera アクタ

Cine Camera アクタは、Unreal Engine でシネマティック コンテンツを撮影するための主なカメラ タイプとして使用されます。

Cine Camera アクタは、Unreal Engine でシネマティック コンテンツを撮影するための主なカメラ タイプとして使用されます。

TopicIcon.png

カメラ リグ

カメラ リグを使用し、Unreal Engine 内で実世界のテクニックを活用して撮影します。

カメラ リグを使用し、Unreal Engine 内で実世界のテクニックを活用して撮影します。

TopicIcon.png

カメラの揺れ

Unreal Engine ではカメラの揺れの効果を作成できます。

Unreal Engine ではカメラの揺れの効果を作成できます。

TopicIcon.png

シネマティック ビューポート

シネマティック ビューポートを使用して、ビューポートに映像制作のコントロールを追加します。

シネマティック ビューポートを使用して、ビューポートに映像制作のコントロールを追加します。

レンダリング

Unreal Engine のムービー レンダー キューを使って、シネマティック シーンを画像シーケンスに出力できます。これらのページではこのツールの使用方法を説明します。

TopicIcon.png

レンダリング設定

Movie Render Queue のレンダリング設定を使用して、レンダリングの出力とビジュアルをカスタマイズします

Movie Render Queue のレンダリング設定を使用して、レンダリングの出力とビジュアルをカスタマイズします

TopicIcon.png

Still Image Render

Quickly render multiple camera angles to individual images in MRQ using the Still Image Render tool.

Quickly render multiple camera angles to individual images in MRQ using the Still Image Render tool.

TopicIcon.png

ランタイム ビルドでムービー レンダー キューを使用する

配布されたビルドでムービー レンダー キューを使用して、エンド ユーザーのデバイスでムービーを作成する方法を説明します。

配布されたビルドでムービー レンダー キューを使用して、エンド ユーザーのデバイスでムービーを作成する方法を説明します。

ワークフロー ガイドと例

この操作ガイドでは、任意のシネマティック コンテンツの例がどのように作成されているかを説明します。

チートシートとワークフローの時短テクニック

このページには、ワークフローのちょっとしたヒント、ホットキー、その他時間を節約できるショートカットが含まれています。

シネマティック サンプル

あらかじめ作成されたプロジェクトを参照およびダウンロードし、コンテンツ サンプルがシーケンサーを使ってどのように作成されたのかを学習することもできます。

テクニカル ドキュメント

シーケンサー ツールに関連するテクニカル サポートとメモが含まれているドキュメントです。

タグ
Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる