シーケンサーでのカメラ

シネマティックスで使用するカメラの機能について説明します。

Windows
MacOS
Linux

シーケンサーには、強力なカメラ ツールがあり、映像制作の目標を Unreal Engine で達成するために活用できます。このページでは、各種カメラを使用し、それらの動作を活用する、いくつかの方法について概要を説明します。

Cine カメラ アクタ

Cine カメラ アクタ は、シーケンサーで使用する、メインのシネマティック カメラ オブジェクトです。実物のカメラ本体やレンズをエミュレートするために使用する多様なプロパティが含まれます。Cine カメラ アクタを使用すると、焦点距離、レンズ設定、絞り、カラー グレーディング、その他多様なポストプロセス エフェクトをコントロールできます。

これについての詳細は、「Cine Camera アクタ」ページを参照してください。

カメラ リグ

リアルなカメラの動きを再現するために、Unreal Engine の カメラ リグ を使用できます。これは、Camera DollysCamera Jibs をエミュレートするアクタです。

これについての詳細は、「カメラ リグ」ページを参照してください。

カメラの揺れ (シェイク)

カメラの揺れ は、シーンに力強さとリアリズムを加えるために、Unreal Engine のカメラで使用できます。プロシージャベースから、シーケンサーでカスタムに作成した揺れまで、多様な揺れを選択できます。

これについての詳細は、「カメラの揺れ」ページを参照してください。

シネマティック ビューポート

シネマティック ビューポート モードは、映像制作のコントロールを追加し、ビューポート内のガイドラインを提供するために使用できます。これを使用して、Rule of ThirdsSafe Areas を視覚化し、再生情報を表示できます。

これについての詳細は、「シネマティック ビューポート」ページを参照してください。

Image Plate (画像プレート)

Image Plate は、Cine Camera アクタ の錐台にアタッチされたプレートからムービーや画像シーケンスの再生をサポートします。これらの Image Plate を使用すると、フルスクリーンのビデオや画像シーケンスを再生し、カメラのパースペクティブ内に前景要素を含めることもできます。

これについての詳細は、「Image Plate アクタと Image Plate トラックを使用する」ページを参照してください。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる