カメラ リグ

カメラ リグを使用し、Unreal Engine 内で実世界のテクニックを活用して撮影します。

Windows
MacOS
Linux

実世界の映像制作者がスムーズなスウィープ ショットを撮影するために使用している方法の 1 つに、 カメラ リグ があります。これは、カメラを取り付ける器具です。Unreal Engine では、レール リグおよび クレーン リグを使用してリアルなカメラの動きを生み出すことができます。

前提条件

Camera Rig Rail

Camera Rig Rail は、 Tracking Shots の作成時に使用する Camera Dolly システムをエミュレートする場合に使用します。

camera rig rail

作成

レベルにレール リグを追加するには、 Place Actors パネルの [Cinematic (シネマティック)] タブに移動し、Camera Rig Rail を見つけます。このパネルからビューポートに、Camera Rig Rail をドラッグします。

create camera rig rail

次に、ドリーを基準として選択した位置にカメラを移動し、 ワールド アウトライナー のリグ レールにカメラ アクタをドラッグしてカメラをレールに取り付けます。

attach camera rig rail

ドリーにカメラを取り付けた後、ドリーを移動して最終的な位置に合わせて微調整することができます。

トラックの長さと形状

Camera Rig Rail では、Unreal Engine の ブループリント スプライン を使用してトラックの長さと形状が決定されています。デフォルトで、レールには線形のスプライン ポイントがトラックの最初と最後に使用されます。これらのポイントを選択して移動し、トラックの長さや方向を調整できます。

camera rig rail length

スプラインの接線のポイントを選択して移動すると、接線の角度に基づくカーブがトラックに追加されます。

camera rig rail curve

トラックのスプラインにさらにポイントを追加し、トラックの形状を微調整できます。リグ レールを選択し、スプラインを右クリックし、 [Add Spline Point Here (ここにスプライン ポイントを追加)] を選択してカーソルの位置に新しいポイントを追加できます。

camera rail spline point

レールのコントロール

Camera Rig Rail アクタ を選択すると、その動作と動きを制御する次のプロパティが表示されます。

rail details

名前

説明

Current Position on Rail

このプロパティは、トラックに沿ったドリーの動きを制御します。値の範囲は、 0 から 1 に固定されています。ここで、 0 はトラックの 開始ポイント 、また 1終了ポイント です。

current position on rail

Lock Orientation to Rail

デフォルトで、カメラの向きはドリーの向きと関係なく設定されます。Lock Orientation to Rail を有効にすると、カメラの向きがドリーの向きを基準にして設定されます。

lock orientation to rail

Show Rail Visualization

Show Rail Visualization を無効にすると、ドリーおよびトラックのメッシュが非表示になり、スプラインのみが表示されたままになります。

show rail visualization

Preview Mesh Scale

このプロパティは、トラックおよびドリーのプレビュー ジオメトリのサイズを変更します。

preview mesh scale

Camera Rig Crane

Camera Rig Crane アクタ は、ブーム アームまたは Camera Jib システムをエミュレートする場合に使用します。これは、 Crane Shots を作成する場合に使用されます。クレーンは、水平軸および垂直軸を中心に回転させることができます。また、必要に応じて拡張できます。

camera rig crane

作成

レベルにクレーン リグを追加するには、 Place Actors パネルの [Cinematic (シネマティック)] タブに移動し、Camera Rig Crane を見つけます。このパネルからビューポートに、Camera Rig Rail をドラッグします。

create camera rig crane

次に、クレーン アンカーを基準として選択した位置にカメラを移動し、 ワールド アウトライナー のリグ クレーンにカメラをドラッグして取り付けます。

attach camera crane

クレーンのコントロール

Camera Rig Crane アクタ を選択すると、その挙動と動きを制御する次のプロパティが表示されます。

camera rig crane details

名前

説明

Crane Pitch

クレーンのメカニズムにおいてヨーの動きを制御します。

crane pitch

Crane Yaw

クレーンのメカニズムにおいてヨーの動きを制御します。

crane yaw

Crane Arm Length

クレーン アームの長さをセンチメートル単位で制御します。これは、入力内容を認識するフィールドです。

つまり、2m など、他の単位で入力した場合は自動的に変換され、200cm になります。

Lock Mount Pitch / Yaw

デフォルトで、カメラの向きはクレーンのピッチやヨーの動きと関係なく設定されます。Lock Mount Pitch または Lock Mount Yaw のいずれかを有効にすると、カメラの向きがクレーンのピッチまたはヨーの向きを基準にして設定されます。

crane lock axis

シーケンサーのカメラ リグ

カメラ リグを制御する主な方法は、 シーケンサー を使用してカメラ リグをアニメートすることです。Camera Rig Rail のトラックも Camera Rig Crane アクタのトラックも、 シーケンスに追加 できます。

add camera rig sequencer

また、取り付けたカメラ アクタをシーケンサーにトラックとして追加し、リグの動きに合わせてアニメートする必要があります。

add camera rig sequencer

レール

Camera Rail Rig プロパティのトラックは、 [+ Track (+ トラック)] ボタンをクリックし、 [Properties (プロパティ)] カテゴリから 1 つを選択することで、シーケンサーに追加できます。

camera rail tracks

トラックを追加したら、レール上で キーフレームをセット し、カメラ プロパティのトラックを設定してトラッキング ショットを作成できます。

camera rig rail example

クレーン

Camera Crane Rig プロパティのトラックは、 [+ Track] ボタンをクリックし、 [Properties] カテゴリから 1 つを選択することで追加できます。

camera crane tracks

トラックを追加したら、クレーン上で キーフレームを設定 し、カメラ プロパティのトラックを設定してクレーン ショットを作成できます。

camera rig crane example

クレーンとレールを組み合わせる

上記に詳細を記載したカメラの取り付けと同じ手順を使って、レールをクレーンに取り付けて、カメラの ドリーおよびクレーン システムを作成することができます。クレーンおよびレールのプロパティを一緒にアニメートすることで、ショットの作成においてさらなる自由やリアルさを実現できます。

crane and rail example

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる