Image Plate

Image Plates を使用して、フルスクリーンのビデオや画像シーケンスをカメラで再生します。

Choose your operating system:

Windows

macOS

Linux

Image Plate アクタ は、Cine Camera アクタ の錐台にアタッチされたプレートからムービーや画像シーケンスの再生をサポートします。これらの Image Plate を使用すると、フルスクリーンのビデオや画像シーケンスを再生し、カメラのパースペクティブ内に前景要素を含めることもできます。

前提条件

作成する

Image Plate アクタを完全に設定するtには、Cine Camera アクタImage Plate Actor をレベルに追加して、プレートを Cine Camera アクタにアタッチする必要があります。

[Place Actors (アクタを配置)] パネルの [Cinematic (シネマティック)] タブに移動し、Cine Camera アクタをレベルに追加し、Cine Camera Actor を探します。このパネルからビューポートに、Camera Rig Rail をドラッグします。

create cine camera

次に Place Actors パネルから Image Plate をドラッグしてレベルに追加します。

create image plate

アクタがレベルに追加されたら、[[](BuildingWorlds/LevelEditor/SceneOutliner)] パネルでプレートをカメラの上にドラッグしてアタッチします。カメラにアタッチされると、Image Plate はカメラの正面にスナップして、視錐台に適するサイズに調整されます。

attach image plate to camera

動作

デフォルトで、Image Plate はカメラのビューに常に完全におさまるように Cine Camera アクタの センサー ディメンション のサイズに調整されます。

image plate sensor size

プレートをカメラに近づけたり離したりして、プレートとカメラの間の空間を調節することができます。この空間調節により、カメラの視界により多くのフォアグランド要素を含めることができます。また、プレートは常に全体がカメラのビューに納まるように動的にスケールを調整します。

move image plate foreground

カメラを 誘導 する場合、Image Plate はカメラのアスペクト比に合わせて引き伸ばされ、画面全体に表示されます。場合によっては、焦点を合わせるために、プレートまでの距離と一致するようにカメラの焦点距離を調整する必要があります。

image plate viewport view

プロパティ

Image Plate アクタを選択すると、その詳細が [Details (詳細)] パネルに表示されます。

image plate details

[Fill Screen] プロパティを使用すると、カメラのビュー全体と合うようにプレートのサイズを自動的に設定できます。これを無効化する場合は、代わりに [Fixed Size] プロパティを使用して手動でプレートのサイズを設定できます。

image plate fill screen

[Fill Screen] を有効化する場合は [Fill Screen Amount] プロパティで割合を指定し、画面に対してプレートのサイズをオフセットできます。[X] は画面の [Y] は画面の 高さ に適用する割合を制御します。

image plate screen space size

マテリアル

[Image Plate] の詳細 を展開すると、その詳細セクションに [Material] プロパティが表示されます。ここからデフォルトのマテリアルやテクスチャを調整できます。

image plate material

マテリアルの設定

プレートに表示する対象が画像シーケンスであるか、ビデオであるかに関わらず、 Media Texture を参照する新しい マテリアル を作成する必要があり、さらにその Media Texture は Media Player を参照する必要があります。

メディア テクスチャとプレイヤー

まず最初に、 コンテンツ ブラウザ[Add/Import (追加/インポート)] をクリックして [Media] カテゴリに移動し、 [Media Player] アセットを選択することで Media Player を作成します。これを選択するとダイアログ ウィンドウが表示されるので、[Video output MediaTexture asset] が有効であることを確認してから [OK] をクリックします。

create media player

以上の手順により Media TextureMedia Player の作成とリンクが完了します。

media texture link

マテリアル グラフ

コンテンツ ブラウザから [Add/Import (追加/インポート)] と [Material (マテリアル)] を順にクリックして、新しい Material アセットを作成します。作成したらそれを開き、[Details (詳細)] で [Shading Model][Unlit] に設定し、 [Two Sided] プロパティを有効化します。この設定により、レベル内のライティングが Image Plate に影響を与えなくなります。

image plate material unlit

次に Media Texture アセットをマテリアル グラフにドラッグして、その RGB ピンをマテリアルの Emissive Color 入力ピンに接続します。

image plate media texture material

そして最後に、Image Plate アクタの [Material] プロパティに「MediaMaterial」を割り当てます。

image plate assign material

再生する

ビデオと画像シーケンスを Image Plate 上で再生する際は、シーケンサーの メディアトラック を利用します。

Media Track を設定する

まず最初に新しいレベル シーケンスを作成し、 [+ Track][Media Track] を順にクリックします。

image plate media track

次に [+ Media] をクリックして、再生するソースがビデオの場合は [File Media Source] アセット、画像シーケンスの場合は [Image Media Source] アセットを選択します。これらのアセットのどちらかが表示されない場合は、 ビデオ または 画像 の再生に関するドキュメントで設定手順を参照してください。

media track add media

[Media] セクションを右クリックして [Properties] カテゴリに移動し、用意したメディア テクスチャを Media Texture プロパティに割り当てます。

assign media texture

以上の手順を完了すると、シーケンスを再生して Image Plate 上に表示し、ビデオや画像シーケンスをプレビューできます。

image plate video

ビデオのサンプル

image plate image sequence

画像シーケンスのサンプル

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる