シネマティック ビューポート

シネマティック ビューポートを使用して、ビューポートに映像制作のコントロールを追加します。

Windows
MacOS
Linux

Unreal Editor では、任意の レベル ビューポート を特別な シネマティック ビューポート に変更できます。シネマティック ビューポートは、追加の機能、ビヘイビア、およびディスプレイ モードを有効にし、シネマティック コンテンツの作成をサポートします。このガイドでは、シネマティック ビューポートとその機能を有効にする方法の概要を示します。

前提条件

  • シーケンサーを使用するプロジェクトがある。プロジェクトがまだない場合は、提供されている シネマティック サンプル のいずれかを使用できます。

  • シーケンサー をレベル内で開いている。

シネマティック ビューポートを有効にする

シネマティック ビューポート モードを有効にするには、 [Viewport Perspective (パースペクティブ ビューポート)] メニューを選択し、 [Cinematic Viewport (シネマティックス ビューポート)] を有効にします。

enable cinematic viewport

概要

シネマティック ビューポートを有効にし、 シーケンサー を開いたら、ビューポートに新しいシネマティック要素が表示されます。

cinematic viewport layout

  1. フィルム オーバーレイ

  2. 再生プレビューおよびコントロール

フィルム オーバーレイ

[Film Overlays (フィルム オーバーレイ)] メニューには、ビューポートの視覚的なガイドが含まれており、有効にするとフレーミングやコンポジションに役立ちます。オーバーレイには、 Composition オーバーレイと Frame オーバーレイという 2 つの主なカテゴリがあります

film overlays menu

Composition オーバーレイ

名前

説明

Disabled

デフォルトの表示モード。オーバーレイを表示しません。

Grid (3x3)

3x3 のグリッドをビューポートに表示し、 三分割法 に基づくフレーミングを許可します。

3x3 grid

Grid (2x2)

2x2 のグリッドをビューポートに表示します。

2x2 grid

Crosshair

中央のレチクルを表示します。これは、写真のレチクルをエミュレートするのに便利です。

crosshair reticle

Rabatment

ラバットメント オーバーレイをビューポートに表示することで、 長方形のラバットメント に基づいたフレーミングが可能になります。

rabatment

Composition オーバーレイのラインは、任意のカラーやアルファ値で着色することもできます。[Tint (色合い)] の横のカラー バーをクリックすると、 カラーピッカー が開き、ここからラインのカラーや透過性を選択できます。

composition lines color

Frame オーバーレイ

Frame オーバーレイ は、イメージをフレーミングする際に セーフエリア または レターボックス をエミュレートするために使用されるガイドラインです。

名前

説明

Action Safe

「アクション」セーフのガイドラインを表示します。デフォルトで、スクリーン空間の余白の 95% の位置に 赤色 で表示されます。

action safe guidelines

Title Safe

「タイトル」セーフのガイドラインを表示します。デフォルトで、スクリーン空間の余白の 90% の位置に 黄色 で表示されます。

title safe guidelines

Custom Safe

カスタムのセーフ ガイドラインを表示します。デフォルトで、スクリーン空間の余白の 85% の位置に 緑色 で表示されます。

custom safe guidelines

Letterbox Mask

レターボックス オーバーレイを表示します。ターゲットのアスペクト比によって切り取られる元のイメージの内容を示します。デフォルトで、レターボックス アスペクト比は 2.35:1 です。

letterbox overlay

カメラのセンサー サイズに対してレターボックスが正確になるようにするには、カメラのプロパティConstrain Aspect Ratio プロパティが有効になっていることを確認する必要があります。

各セーフ領域のエントリには横にパーセンテージ フィールドがあり、これはガイドラインのスクリーン サイズに対応します。値を 100% にするとスクリーンの外側のエッジにガイドラインが到達し、0% にするとスクリーンの中心点にガイドラインが到達します。完全に表示するため、ガイドラインの範囲は 1% から 99% に固定されています。

safe region size

Letterbox Mask エントリの横で、異なるレターボックスのアスペクト比を入力できます。これを行うと、入力アスペクト比に従うようにレターボックスの形状が変更されます。

letterbox ratio change

セーフ ガイドラインとレターボックス ガイドラインは、どちらもプロパティのカラー バーをクリックすることで任意のカラーに着色できます。これを行うと、 カラーピッカー が開き、ここからガイドラインのカラーや透過性を選択できます。

frame overlay tinting

再生プレビューおよびコントロール

シネマティック ビューポートが有効になると、新しいコントロールとディスプレイがビューポートの下部に表示されます。

cinematic viewport playback display

このエリアの上部領域には現在のショット、カメラ、およびタイミングに関する情報が表示されます。

cinematic viewport time display

  1. 現在の シーケンス と現在の カメラ の名前。

  2. 現在のカメラの フィルムバックのプロパティ

  3. シーケンスまたは Master Sequence の現在の 時間

時間バーも表示されます。また、シーケンサーから類似する 再生ヘッド のインタラクションを活用することで、操作を行えます。表示されている時間バーが、シーケンサーの時間バーと同期されます。

cinematic viewport timebar

下部領域には時間および再生のコントロールが表示されます。

cinematic viewport playback controls

  1. 作業範囲再生範囲 の開始時間。

  2. アクティブなシーケンスの現在の時間。

  3. 再生コントロール 。これらをクリックし、再生、一時停止、およびその他の再生機能を実行できます。

  4. 再生範囲作業範囲 の終了時間。

時間表示は下の部分で操作できます。時間表示をクリックして異なる値を入力したり、クリックして左右にドラッグし、値をスクラブしたりすることができます。

cinematic viewport time interaction

シネマティック コントロールを許可する

Unreal Engine でシネマティック コンテンツの作業に取り組む際には、主なシネマティック ビューに加えて 複数のビューポート を使用し、シーンを異なる視点からプレビューする必要があることがあります。[Allow Cinematic Control (シネマティック コントロールを許可)] オプションを使用すると、 シーケンサー でカメラを制御しているときにシネマティックを表示するビューポートを選択できます。

cinematic control viewport

[Allow Cinematic Control] は、 パースペクティブ 表示モードをビューポートで使用する場合にのみ、有効または無効にすることができます。

Unreal Engine のプライマリ ビューポートでは [Allow Cinematic Control] がデフォルトで有効になっています。

allow cinematic control

パースペクティブ ビューポートに設定されているビューポートが複数ある状況では、ビューポートのオプション メニューで [Allow Cinematic Control] を有効または無効にすることで、シネマティックを完全に制御するビューポートを選択できます。ほとんどのケースで、1 つ以上のビューポートの [Allow Cinematic Control] を有効にし、その他すべてのビューポートでは無効のままにすることをお勧めします。

allow cinematic control comparison

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる