パーティクルを有効にする

シーケンサーでパーティクルのさまざまなタイプを有効にする方法の初心者向けガイドです。

Windows
MacOS
Linux

このページでは、シネマティックスと Unreal を初めて使用する人を対象に、シーケンサーにおけるパーティクルの有効化について初心者向けの概要を提供しています。

前提条件

シーケンサーにパーティクルを追加する

レベルにパーティクルを追加するところから開始します。これを行うには、コンテンツ ブラウザで Particle System アセットに移動してレベルにドラッグします。

add particle level

エフェクトが継続的に実行される場合は、パーティクルの [Details (詳細)] パネルにある Auto Activate プロパティを無効にすることをお勧めします。この例には火花、炎、煙のパーティクル システムが含まれています。

Auto Activate を無効にすると、代わりに シーケンサー でシステムの有効化を制御することができます。

auto activate

次に、シーケンスを開いてパーティクル システムを選択した状態で [+ Track (トラックを追加)] ボタンをクリックし、 [Actor to Sequencer (シーケンサーにアクタを追加)] > [Add ‘Particle System' (パーティクル システムを追加)] を選択します。

これにより、パーティクル システムを参照するトラックがシーケンスに追加されます。

particle sequencer add

最後に、パーティクル システム トラックの [+ Track] ボタンをクリックして [FX System Toggle Track] を選択し、FX System トラックを追加します。

particle track

Niagara システム を使用している場合、FX System トラックを追加する前に Niagara コンポーネント トラックを追加する必要があります。

領域エフェクト

このセクションでは、継続的にパーティクル システムの実行を有効または無効にする方法を説明します。これらを一定の期間のみ有効にする必要がある場合、[Activate] および [Deactivate] キーフレームを作成する必要があります。

最初に、[FX System] トラックを選択して Enter キーを押します。これにより、[Activate] キーフレームがパーティクル システム トラックに設定され、パーティクル システムが有効になります。

activate particle

次に、再生ヘッド マーカーをドラッグしてシーケンスの後半の位置に移動します。

[FX System] トラックでドロップダウン メニューをクリックして [Deactivate] を選択します。これにより、自動的に [Deactivate] キーフレームが設定され、パーティクル システムが無効になります。

deactivate particle

これで、シーケンスを再生すると、パーティクルが対応するキーフレームで有効および無効になることを確認することができます。

play particle

エフェクトをトリガーする

このセクションでは、「一度かぎり」のパーティクル システムを設定する方法について説明します。このシステムは、爆発や衝撃のようにパーティクルを一度発動したら継続的にループさせません。

開始するには、[FX System] トラックのドロップダウン メニューをクリックして [Trigger (トリガー)] を選択します。これにより、有効 / 無効状態のないトリガー キーフレームを設定することができます。

particle trigger sequencer

次に、再生ヘッド マーカーをドラッグしてシーケンスの選択した時間に移動します。

[FX System] トラックを選択して Enter キーを押し、キーフレームを配置します。

パーティクル システムのトリガーを確認できるようになりました。

trigger particle keyframe

パーティクル システムには、必要なだけ [Trigger] キーフレームを設定することができます。これらはシーケンスが再生されると、対応するキーフレームをすべてトリガーします。

trigger particle keyframe

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる