コントロールリグ ループ

ループとコレクションを使用して動的で柔軟性のあるコントロールリグを作成する方法の概要です。

Windows
MacOS
Linux
コンテンツ

柔軟で動的なコントロールリグを、最小限の手順で作成することができます。ループを使用すると、繰り返し処理される、ボーン チェーンやコントロールのリストなどの動的に生成されるオブジェクトのコレクションを作成することができます。これにより、グラフのサイズが縮小され、グラフのパフォーマンス、作成時間が向上し、リグの柔軟性が増加します。

コレクション

image alt text

コレクションとは、ループの特定の機能を行うためにグループ化されたリグ要素のアイテムのリストです。コレクションには、ボーン、コントロール、スペース、およびカーブなど、複数のアイテムが含まれます。カスタム コレクションは Items ノードを使用して作成することができます。 ChildrenGet Parents など、他の一般的なコレクションも利用することができます。

image alt text

また、これには他にも、複数のコレクションを組み合わせる、2 つのコレクションの差異を取得する、コレクションを元に戻す、などの機能が含まれます。

image alt text

ループ

image alt text image alt text

ループを使用すると、カウントまたはコレクションを反復させて特定のプロセスを繰り返すことができます。For Loop ノードは指定されたカウントに基づいてループし、 For Each Item ノードは指定されたコレクションに基づいてループします。

image alt text

image alt text

For Each Item ノードを使用すると、 Collection ノード カテゴリの他のノードを使用することができます。それらの他のノードは、アイテムが存在するかどうかを確認したり、アイテムの名前を置き換えたりする場合に使用することができます。

image alt text

タグ
Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる