バーチャル カメラ

Unreal のバーチャル カメラは、モジュラー コンポーネント システムを使用して Unreal 内部でシネカメラを動かして、カメラデータを操作し、その結果をさまざまな外部出力プロバイダーに出力するために使用されます。

Windows
MacOS
Linux

バーチャル カメラ は、モジュラー コンポーネント システムを使用して Unreal Engineシネカメラ を動かして、カメラデータを操作し、その結果をさまざまな外部出力デバイスに出力するために使用されます。さらに、仮想カメラシステムは、エディタ および プレイ イン エディタ (PIE) または スタンドアロンゲーム モードで機能を提供します。

バーチャル カメラ コンポーネント (VCamComponent) は、Unreal Engine でカスタム バーチャル カメラを構築するための基本コンポーネントです。

VCamComponent を使って、ユーザーは モディファイア出力プロバイダー を追加することで、Unreal Engine 内部でシネカメラを動かすことができます。

モディファイアは、フィルタリング、トラッキング、オートフォーカスなどのカスタム エフェクトでカメラ データを操作します。出力プロバイダーは、バーチャル カメラの出力を ComposureMedia Framework、エディタのビューポート、または Unreal Remote アプリを実行しているあらゆるデバイスにルーティングします。

また、この新しいアーキテクチャには次のものが含まれます。

  • すべての機能をサポートする マルチユーザー編集

  • カスタム UMG コントロールを出力にオーバーレイし、エディタまたはデバイスでそれらとインタラクトする機能。

  • コントローラーやタッチスクリーンなどの入力ハードウェアの組み込みサポート。

  • Live Link を使用して任意のカスタム トラッキング システムに切り替える機能を提供。

  • Unreal Remote アプリの更新による新しい UI と改善されたストリーミング パフォーマンス。

バーチャル カメラ システムに関する詳細なドキュメントについては、バーチャル カメラ コンポーネントを使用してカスタム カメラを構築するためのクイックスタート、およびエンジンが備える組み込みバーチャル カメラの概要が説明されている以下のページリンクを参照してください。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる