バーチャル カメラ マルチユーザーのクイック スタート ガイド

このクイック スタート ガイドでは、マルチユーザー バーチャル カメラ設定の使用方法について説明します。

Windows
MacOS
Linux

バーチャル カメラ マルチユーザーのクイック スタート ガイド

概要

バーチャル カメラ マルチユーザー 設定を使用すると、複数のデバイスに接続し、同一シーン内でバーチャル カメラを制御および表示できます。Unreal Engine に含まれる Switchboard アプリケーションを使用することで、これを行うことができます。

Switchboard は、ネットワーク内の複数のリモート デバイスを制御する Python アプリケーションです。この設定により、エディタやレンダラなど、特定のバーチャル プロダクション ロールが各デバイスに提供されます。

バーチャル プロダクション ロールは、コンフィギュレーション ファイル内に作成でき、同一シーンで共同作業する異なるユーザーを識別するために使用されます。これらのロールは、シーン内で特定のバーチャル カメラを使用するユーザー、および出力のレンダリング時に最終的な変更を受け取るユーザーを特定するために、Switchboard が使用します。

バーチャル カメラ マルチユーザー設定を使用すると、同一シーンで同時に作業する複数のオペレーターの共同作業が容易になります。

目標

このクイック スタート ガイドでは、バーチャル カメラを使用するマルチユーザー サポートの設定方法について説明します。

目的

このガイドを修了すると、次の実行方法を理解できます。

  • プロジェクトのバーチャル プロダクション ロールを作成する。

  • Switchboard アプリケーションをインストールおよび設定する。

  • Switchboard を使用して Unreal Engine の 2 つのインスタンスを起動する。また、これらのインスタンスにバーチャル カメラの情報がどのようにレプリケートされるかを確認する。

1 - 必要な設定

  1. [Settings (設定)] > [Project Settings (プロジェクト設定)] をクリックして [Project Settings] ウィンドウを開き、 [Virtual production (バーチャル プロダクション)] カテゴリに移動します。

    Virtual Production Category

  2. [Roles (ロール)] の横の [Edit (編集)] ドロップダウンをクリックし、 [Add New Tag Source (新しいタグ ソースを追加)] カテゴリを展開します。名前「VPRoles.ini」を [Name (名前)] フィールドに入力し、 [Add New Source] ボタンをクリックします。

    Add a new tag source

  3. [Edit] ドロップダウンをもう一度クリックし、 [Add New Gameplay Tag (新しいゲームプレイ タグを追加)] カテゴリを展開します。[Source (ソース)] の横のドロップダウンをクリックし、「VPRoles.ini」を選択します。名前「Editor」を入力し、 [Add New Tag (新しいタグの追加)] ボタンをクリックします。[Source (ソース)] の横のドロップダウンをクリックし、「VPRoles.ini」を選択します。名前「Editor」を入力し、 [Add New Tag] ボタンをクリックします。

    Add the Editor tag

  4. 上記手順を繰り返し、「Render」という名前の新しいタグを追加します。

    Add the Render tag

  5. [Multi-User Editing (マルチユーザー編集)] カテゴリに移動し、 [Validation Mode (検証モード)] ドロップダウンをクリックします。[Soft Auto Proceed (ソフト自動処理)] を選択します。[Project Settings] ウィンドウを閉じます。

    Validation Mode

  6. [Settings (設定)] > [Plugins (プラグイン)] をクリックし、 [Plugins (プラグイン)] ウィンドウを開きます。

    Open the Plugins window

  7. [Virtual Production] カテゴリに移動し、 Switchboard プラグインを オン にします。ポップアップ ウィンドウで [Yes (はい)] を選択し、 [Restart Now (すぐに再起動)] ボタンをクリックしてエディタを再起動します。

    Enable the Switchboard plugin

  8. エディタが再起動したら、 ツールバー[Switchboard] ボタンをクリックしてアプリケーションを起動します。

    Open the Plugins window

    初めてアプリケーションを起動する場合は、必要なすべての依存関係のダウンロードとインストールが行われるため、アプリケーションが開くまでしばらく時間がかかる場合があります。

  9. すべての依存関係のインストール後、 [Add new Switchboard Configuration (新しい Switchboard 設定を追加)] ウィンドウが表示されます。必要に応じてフィールドに入力し、 [OK] ボタンをクリックします。

    Add new Switchboard Configuration

  10. プロジェクトに戻り、 [Switchboard] ボタンの横にある 小さい矢印 をクリックします。[Launch SwitchboardListener (SwitchboardListener を起動)] をクリックします。

    MU-Switchboard-Button2.png

このセクションの結果

これで Switchboard に新しいデバイスを追加し、バーチャル カメラでマルチユーザーを使用する準備が整いました。

詳細情報については、「Switchboard」および「Switchboard のクイック スタート ガイド」ドキュメントを参照してください。

2 - バーチャル カメラでマルチユーザーを使用する

  1. Switchboard で、 [Add Device (デバイスの追加)] ドロップダウンをクリックし、 [Unreal] を選択します。名前「Editor」と、デバイスの IP アドレス を追加します。

    Click Add Device

    Add the new device information

  2. 上記手順を繰り返し、「Render」という名前で別の Unreal Engine デバイスを追加します。

    Add another device named Render

  3. 各 Unreal デバイスの横にある 接続アイコン をクリックし、デバイスを Switchboard リスナー に接続します。または、リストの上部にある接続アイコンをクリックすると、一覧表示されているすべてのデバイスを接続できます。

    Click on the connection icon

  4. [Settings (設定)] > [Settings (設定)] をクリックして [Settings] オプションを開きます。[Multi User Server (マルチユーザー サーバー)] セクションまで下にスクロールし、 [Auto Join (自動参加)] をオンにします。

    Enable Auto Join

  5. [Editor] デバイスのセクションまで下にスクロールし、 [Roles (ロール)] ドロップダウンをクリックします。[Editor] ロールを選択します。

    Add the Editor role to the Editor device

  6. [Render] デバイスのセクションまで下にスクロールし、 [Render] ロールをリストから選択します。[Settings] ウィンドウを閉じます。

    Add the Render role to the Render device

このセクションの結果

2 つの Unreal Engine デバイスを Switchboard に追加し、それらを正しく設定しました。各デバイスを起動し、バーチャル カメラでマルチユーザーの使用を開始する準備が整いました。

3 - バーチャル カメラでマルチユーザーを使用する

  1. Editor デバイスの横にある [Launch (起動)] アイコンをクリックしてデバイスを起動します。Unreal Engine が起動したら、 [Window (ウィンドウ)] > [Developer Tools (デベロッパー ツール)] > [Multi-User Browser (マルチユーザー ブラウザ)] に移動して [Multi-User Browser (マルチユーザー ブラウザ)] ウィンドウを開きます。ここで、エディタがマルチユーザー セッションに接続されていることを確認できます。

    Launch the Editor device by clicking on the Launch button

    Verify connection by using the Multi-User Browser

  2. [World Outliner (アウトライナ)]Virtual Camera アクタを選択します。[Details (詳細)] パネルに移動し、 VCAM コンポーネントを選択します。[Virtual Camera (バーチャル カメラ)] のセクションまで下にスクロールし、 [Role (ロール)] の横にあるドロップダウンをクリックします。[Editor] ロールを選択します。[Enabled (有効)] チェック ボックスをオンにして、カメラをアクティブにします。

    Verify connection by using the Multi-User Browser

  3. Switchboard で [Launch] アイコンをクリックし、 [Render] デバイスを起動します。上記手順を実行し、 [Multi-User Browser (マルチユーザー ブラウザ)] を使用してエディタがマルチユーザー セッションに接続されていることも確認します。

    Verify connection by using the Multi-User Browser

  4. これで両方のエディタ インスタンスが開いたので、 Editor デバイスのバーチャル カメラを移動し、変更がすぐに Render デバイスにレプリケートされることを確認します。以下の例では、 Editor デバイスがカメラを移動させ、 Render デバイスがその変更を受信しています。

    Moving the VCAM in the Editor device moves the same camera in the Render device

このセクションの結果

このセクションでは、Switchboard を使用し、相互に自動的に通信する複数の Unreal Engine インスタンスを起動する方法について学習しました。割り当て済みの Editor ロールを持つバーチャル カメラを移動すると、その変更がネットワーク内の他のデバイスに対してどのようにレプリケートされるかを確認しました。

4 - マルチユーザー設定について

バーチャル カメラ マルチユーザー設定を使用し、任意のバーチャル プロダクション環境に必要なステージ設定を作成します。このセクションでは、より複雑な設定を示すことで、マルチユーザー設定の動作について理解を深めます。

以下の例では、3 つの異なるバーチャル カメラがシーン内にあります。

  • VCam1 - Editorial ロールを割り当て済み。

  • VCam2 - Main ロールを割り当て済み。

  • VCam3 - Render ロールを割り当て済み。

各バーチャル カメラは Switchboard 経由でマルチユーザー サーバーに接続されており、各カメラの所有権に基づいてカメラの情報を送受信しています。

Switchboard から起動された各デバイスには割り当て済みのロールがあります。このロールがシーン内のバーチャル カメラのロールに一致した場合、デバイスはそのカメラを所有し、自由に操作できます。そのため、各デバイスは他のデバイスと競合することなくシーン内の特定のカメラを所有できます。

この例では、Editorial ロールを持つデバイスが VCam1 を所有し、カメラの情報を他の 2 つのデバイスに送信しています。Editorial ロールは VCam2 または VCam3 を所有していないため、これらのデバイスからは情報を受信しているだけです。

この関係は、以下の図で確認できます。

image alt text

この設定では、多数の異なるカメラ オペレーターがシーン (通常はエディタ) を操作でき、あらゆるデータを受信するデバイスが含まれていて、画面に最終的なレンダリングを表示します (このデバイスには通常、Render ロールが割り当てられます)。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる