Unreal Engine テンプレートのリファレンス

Unreal Engine で使用可能なテンプレートとその使用方法について説明します。

Windows
MacOS
Linux

Unreal Engine のプロジェクトを新規に作成する際は、ゲームまたはアプリケーションのベースとして、既存のテンプレートの 1 つを使用できます。Unreal Engine のテンプレートには、キャラクター コントローラー、ブループリントなど、追加で設定する必要なく動作する機能が含まれています。

テンプレートから新規プロジェクトを作成する方法については、「新規プロジェクトを作成する」ページを参照してください。

テンプレートを選択すると、そのテンプレートの詳細やテンプレートに含まれている機能に関する説明が表示されます。

既存のプロジェクトからカスタム テンプレートを作成することもできます。詳細については、「プロジェクトをテンプレートに変換する」を参照してください。

プレイアブル キャラクターのインプットを設定する

多くのテンプレートには、キーボード、マウス、またはコントローラーで操作できるキャラクターが含まれています。Unreal Engine の用語では、このキャラクターのことを ポーン といいます。

[Project Settings (プロジェクト設定)][Input (インプット)] セクションで、ポーンの既存のコントロールを確認したり、新しいコントロールを設定したりすることができます。このセクションを開くには次の手順を実行します。

  1. メインメニューの [Edit (編集)] > [Project Settings (プロジェクト設定)] を選択します。

  2. 左のサイドバーで [Engine (エンジン)] セクションまで下にスクロールして、 [Input (インプット)] をクリックします。

[Bindings (バインディング)] セクションを展開すると、次の項目が表示されます。

  • [Action Mappings (アクション マッピング)] :ジャンプなどのアクションを制御するキーを定義します。

  • [Axis Mappings (軸マッピング) :動きを制御します。テンプレートによっては、1 つまたは複数の軸で動きが制限される場合があります。たとえば、「Side Scroller (サイド スクロール)」テンプレートでは、ポーンは左右の移動とジャンプしかできません。

プロジェクトのインプット設定の詳細については、「インプット」に関するドキュメントを参照してください。

Unreal Engine 4 で使用可能なテンプレート

Unreal Engine 4 のテンプレートは、次のカテゴリに分類されています。

  • Games (ゲーム)

  • Film, Television, And Live Events (映画、テレビ、ライブ イベント)

  • Architecture, Engineering, and Construction (建築、土木、建設)

  • Automotive, Product Design, and Manufacturing (自動車、製造設計、製造)

また、これらの各カテゴリに、「ブランク」テンプレートが 1 つ含まれています。このテンプレートはコンテンツや設定がまったく追加されていない空白のプロジェクトです。これは使用可能な最も基本的なテンプレートです。

ゲーム テンプレート

Vehicle Advanced template in Unreal Engine 4

Unreal Engine 4 の「Vehicle Advanced (ビークル応用)」テンプレート。

Unreal Engine の ゲーム テンプレートを起点として使用すると、ファーストパーソン、サードパーソン、サイドスクロール、運転など、さまざまなゲームの作成にすばやく着手できます。

このカテゴリのテンプレートは「ゲーム」テンプレートとしてタグ付けされていますが、あらゆるタイプのプロジェクトの起点として使用できます。たとえば、「VR (バーチャル リアリティ)」テンプレートを使用すると、3D 空間の VR ウォークスルーを作成することができます。「Third Person (サードパーソン)」テンプレートは、通常、多くのさまざまなプロジェクトの適切な起点として使用されます。

テンプレート名

テンプレートの内容

参照ドキュメント

First Person (ファースト パーソン)

物理ベースの発射物を発射する銃で武装した一人称視点のキャラクター。プレイヤーは、このキャラクターの視点でレベルのコンテンツを体験します。

ファーストパーソン (First Person) テンプレートの概要

サードパーソン (Third Person)

三人称視点のキャラクターと基本的なジオメトリ。カメラがキャラクターの上後方に配置されています。

サードパーソン (Third Person) テンプレートの概要

Flying (フライング)

3D 空間を移動するスペースシップ。カメラがスペースシップを追跡します。

Puzzle (パズル)

シンプルな格子状のブロックと画面上のスコア カウンター。ブロックをクリックまたはタップすると、色が変わったり、スコア カウンターが増えたりします。

Rolling (ローリング)

キーボードやバーチャル ジョイスティックで操作できる物理ベースの回転するボールと、複数の基本的なジオメトリ。

Top Down (トップダウン)

クリックまたはタップで新しい場所に移動するキャラクター。カメラがキャラクターの上方の定位置に配置されており、キャラクターの動きを追跡します。

Twin Stick Shooter (ツイン スティック シュータ)

移動と発射を行うスペースシップと、発射物が影響を及ぼす複数のジオメトリ。

Handheld AR (携帯 AR)

Android または iOS にデプロイ可能な AR アプリケーションを作成するための起点。バーチャル シーンでインタラクティブな平面を作成するため、環境をスキャンしてデータを収集するランタイム ロジックや、ライティングおよびシーン深度に関する情報を備えています。

Side Scroller (サイド スクロール)

制限のある 3D 環境で横方向に移動する 3D キャラクター。カメラは固定されており、プレイヤー キャラクターが画面の中心に維持されます。また、レベルにキャラクターがジャンプできる複数のプラットフォームが含まれています。

2D Side Scroller (2D サイド スクロール)

制限のある 2D 環境で移動する Paper 2D スプライト。また、レベルにキャラクターがジャンプできる複数のプラットフォームが含まれています。

Paper 2D

Vehicle (ビークル)

シンプルな物理ベースの車両。車内 に 1 つと車両の上後方に 1 つの 2 種類のカメラ ビューと HUD を備えています。

Vehicle Advanced (ビークル応用)

ダブル ウィッシュボーン式サスペンション付を採用した、より複雑な物理ベースの車両。車内 に 1 つと車両の上後方に 1 つの 2 種類のカメラ ビューと HUD を備えています。

VR (バーチャル リアリティ)

Unreal Engine 4 のすべてのバーチャル リアリティ (VR) プロジェクトの起点。このテンプレートには、テレポートによる移動や、アイテムを手で掴んで、手に装着するなどの一般的な入力アクションのための、カプセル化されたロジックが搭載されています。

映画、テレビ、ライブ イベント テンプレート

DMX template in Unreal Engine 4

Unreal Engine 4 の「DMX」テンプレート。

映画、テレビ、ライブ イベント テンプレートは、ライブ プロダクション作業の起点として使用できます。

テンプレート名

テンプレートの内容

参照ドキュメント

Virtual Production (バーチャル プロダクション)

VR スカウティング、バーチャル カメラ、SDI ビデオ、Composure、および nDisplay の機能を搭載。

DMX

プロキシ ライティング フィクスチャーのアドレス設定、パッチ、コントロールのサンプル、および Unreal Engine に入出力するライブ DMX データ ストリームのレコーディングと再生のサンプル。

DMX

InCamera VFX (インカメラ VFX)

インカメラ VFX ワークフローのブループリント、プラグイン、およびサンプル ステージ。LED ボリュームを使用したバーチャル プロダクション撮影の起点として使用します。

nDisplay

PC のクラスタを使用したディスプレイ機能。ライブ パフォーマンス用の物理ディスプレイの複雑な配置をレンダリングするための起点として使用します。

建築、土木、建設テンプレート

Archviz template in Unreal Engine 4

Unreal Engine 4 の「Archvis」テンプレート。

建築、土木、建設 テンプレートでは、Datasmith を使用して、さまざまな 3D プログラムから Unreal Engine にコンテンツをインポートし、デスクトップ アプリケーションや XR アプリケーション用にコンテンツをさらに調整することができます。

テンプレート名

テンプレートの内容

参照ドキュメント

Archvis

建築ビジュアライゼーション ワークフローのサンプル。太陽の調査、室内のレンダリング、フォトリアルでないスタイライズド レンダリングのサンプル シーンを備えています。

Archviz Interior Rendering (建築インテリア レンダリング)

Design Configurator (設計コンフィギュレータ)

Variant Manager、UMG、ブループリント機能を使用して、可視性などのオブジェクトの状態、ビュー、または設計オプションを切り替えたり、アニメーション シーケンスを開始したりできるプロジェクトをビルドします。

Hololens Viewer

Microsoft HoloLens 用のナビゲーションおよびインタラクション。このテンプレートは、共同作業による産業プロジェクトまたは建築プロジェクトの起点として使用します。

HoloLens Viewer テンプレート

Collab Viewer

共同作業セッションにおけるデスクトップおよび VR のためのナビゲーションとインタラクション。このテンプレートには、archviz 固有のスターター コンテンツが含まれています。また、OpenXR、LiveLink をはじめとする複数の追加のプラグインがデフォルトで有効になっています。

Collab Viewer テンプレート

Handheld AR (携帯 AR)

Android または iOS にデプロイ可能な AR アプリケーションを作成するための起点。バーチャル シーンでインタラクティブな平面を作成するため、環境をスキャンしてデータを収集するランタイム ロジックや、ライティングおよびシーン深度に関する情報を備えています。

自動車、プロダクト デザイン、製造テンプレート

Photo Studio template in Unreal Engine 4.

Unreal Engine 4 の「Photo Studio」テンプレート。

自動車、プロダクト デザイン、製造 テンプレートでは、Datasmith を使用して、さまざまな 3D プログラムから Unreal Engine にコンテンツをインポートし、デスクトップ アプリケーションや XR アプリケーション用にコンテンツをさらに調整することができます。

テンプレート名

テンプレートの内容

参照ドキュメント

Photo Studio

シネマティックスおよび製品のプレゼンテーションに使用できる、事前作成済みの写真スタジオ環境。

Hololens Viewer

Microsoft HoloLens 用のナビゲーションおよびインタラクション。このテンプレートは、共同作業による産業プロジェクトまたは建築プロジェクトの起点として使用します。

HoloLens Viewer テンプレート

Product Configurator (製品コンフィギュレータ)

Variant Manager、UMG、ブループリント機能を使用して、汎用的な製品コンフィギュレータ (自動車の色など、さまざまなパーツを切り替えて製品の新しい外観を試すことができるプログラム) をビルドします。

製品コンフィギュレータ

Collab Viewer

共同作業セッションにおけるデスクトップおよび VR のためのナビゲーションとインタラクション。このテンプレートには、archviz 固有のスターター コンテンツが含まれています。このテンプレートには、VR で体験できるモデル カーのサンプルも含まれています。

Collab Viewer テンプレート

Handheld AR (携帯 AR)

Android または iOS にデプロイ可能な AR アプリケーションを作成するための起点。バーチャル シーンでインタラクティブな平面を作成するため、環境をスキャンしてデータを収集するランタイム ロジックや、ライティングおよびシーン深度に関する情報を備えています。

タグ
Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる