iOS と tvOS のログとクラッシュ レポートにアクセスする

デバイスから直接、または TestFlight から iOS と tvOS のログとクラッシュ レポートをダウンロードして読む方法を説明します。

Choose your operating system:

Windows

macOS

Linux

iOS と tvOS のログとクラッシュ レポートにアクセスする

Unreal Engine を使用して作成した iOS アプリケーションでは、クラッシュ ログが作成されます。デベロッパーはこのログを利用して、プロジェクトをデバッグし、コードの問題を修正できます。しかし、セキュリティ上の理由から、クラッシュ ログ自体でデバッグ シンボルは使用できません。キーや数字は表示されますが、関数の名前や変数に関する情報は、人間が読み取ることのできる形式では表示されません。そのため、デベロッパーはプロジェクトのシンボルのデータベースとログを照合する必要があります。

ログを再シンボル化してそれを読み取るプロセスは、デバッグ ビルドをデバイスに配布する方法に応じて何通りかあります。TestFlight は、テスト ビルドを多数の候補デバイスに配布する Apple のアプリケーションです。デベロッパーは、このアプリケーションからテスト ビルドのログを入手できます。ログは、USB デバッグから直接入手することもできます。

iOS プロジェクトのログを読み取るには、Mac と Xcode が必要です。それ以外のオペレーティング システムと IDE では、このページのワークフローに沿って進めることができません。

1. デバイスから直接ログにアクセスする

USB またはイーサネットを通じて直接デバッグする場合は、以下の手順に従ってシンボル化されたクラッシュ ログを表示します。

  1. Xcode のメイン メニューで [Window (ウィンドウ)] > [Devices and Simulators (デバイスとシミュレーター)] の順に選択します。

  2. クラッシュ データを取得したい iPhone をクリックした後、[View Device Logs (デバイス ログの表示)] をクリックします。

  3. 読み取りたいログを Ctrl キーを押しながらクリックし、 [Re-Symbolicate and export Log (ログの再シンボル化とエクスポート)] をクリックします。

これで、デバッグ シンボルが付いて人間が読み取ることのできるログが提供されます。

2. TestFlight からログにアクセスする

TestFlight を通じて配布されたアプリケーションがクラッシュすると、クラッシュ情報を含む XCrashPoint ファイルが生成されます。このファイルを読み取るには、プロジェクトのデバッグ シンボルを含んだ .dSYM ファイルを用意する必要があります。その後、クラッシュ レポートを抽出して、再シンボル化する必要があります。

TestFlight を通じてアプリケーションをデプロイしてログにアクセスする具体的な方法については、『TestFlight に関する Apple のドキュメント』を参照してください。このセクションでは、クラッシュ レポートを取得してシンボル化する方法を説明します。

.dSYM ファイルを生成する

.dSYM ファイルを生成するには、以下の手順に従います。

  1. Unreal Editor を開きます。

  2. [Project Settings (プロジェクト設定)] を開き、[Platforms (プラットフォーム)] > [iOS] > [Build (ビルド)] の順に移動します。

  3. [Generate dSYM file for code debugging and profiling (コードのデバッグとプロファイリングのために dSYM ファイルを生成する)] を有効にします。

    Check the Generate dySM file option

  4. プロジェクトをパッケージ化します。

プロジェクトの .dSYM ファイルは、プロジェクト フォルダの「/Binaries/iOS」の下に表示されます。

.dSYM ファイルには、パッケージ化された日時を示すタイムスタンプがあります。この情報に注目して、.dSYM ファイルを正しいビルドと対応させます。

クラッシュ レポートを抽出して再シンボル化する

クラッシュ レポートを取得し、読み取ることができるように再シンボル化するには、以下の手順に従います。

  1. TestFlight から XCrashPointファイルを取得します。それには、以下をコマンド ラインに入力します。

    export PATH="/Applications/Xcode.app/Contents/SharedFrameworks/DVTFoundation.framework/Versions/A/Resources:$PATH"

  2. Ctrl キーを押しながら .XCrashPoint ファイルをクリックし、[Extract .crash file (.crach ファイルの抽出)] をクリックします。以下をコマンド ラインに入力すると、この情報をエクスポートすることもできます。

    export PATH="/Applications/Xcode.app/Contents/SharedFrameworks/DVTFoundation.framework/Versions/A/Resources:$PATH"

  3. XCode を開き、ターミナル を確認します。それを使用して Xcode .package に移動します。

  4. コマンド ラインで以下を実行して symbolicatecrash ツールを使用します。

    export DEVELOPER_DIR="/Applications/Xcode.app/Contents/Developer" cp -i /Applications/Xcode.app/Contents/SharedFrameworks/DVTFoundation.framework/Versions/A/Resources/symbolicatecrash ././symbolicatecrash unsymbolicated.crash symbols.dSYM > symbolicated.crash

上記の手順ではデフォルト ディレクトリを使用しています。自分でコマンド ラインを実行する際には、自分の .crash ファイルと .dSYM ファイルの場所を使用してください。

Xcode で、関数名と変数が見えるようになったクラッシュ ログが提供されます。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる