XR 開発

XR (AR/VR/MR) プラットフォームとデバイスを Unreal プロジェクト用にセットアップおよび使用する方法を説明します。

Windows
MacOS
Linux

XR とは、仮想現実拡張現実、そして複合現実体験の連続体のことです。XR プラットフォームとデバイスに対する幅広いサポートにより、Unreal Engine を使用してプロジェクトを任意の XR プラットフォームにデプロイしたり、コンテンツ作成パイプラインで没入型デバイスを利用したりできます。

Epic Games は Khronos Group および業界のパートナーと共に OpenXR ワーキング グループの創設メンバーの 1 つです。この企業グループ メンバー達は、クロスプラットフォーム スタンダードを使用して、XR の断片化の解決に向けた取り組みを行っています。OpenXR はXR プラットフォームとデバイスに対して高いパフォーマンスでのアクセスを提供する ロイヤリティ フリー、オープン スタンダードのライセンスです。OpenXR を使用すると、OpenXR API をサポートするあらゆるシステムで実行可能な Unreal Engine で没入感のある体験を作成することができます。プロジェクトで OpenXR を使用する方法については、「OpenXR」セクションを参照してください。

Unreal Engine プロジェクトは OpenXR、Oculus、SteamVR、Windows Mixed Reality のプラグインを有効にしてシッピングすることができます。アプリケーションを起動すると、プラグインのリストがプラグインの優先度の高いものから低いものの順番にチェックされます。リストの中で、実行時にアプリケーションが接続可能な最初のプラグインが選択されます。プラグインの現在の優先順位 (高いものから低いもの) は以下のとおりです。

  • Oculus

  • OpenXR

  • Windows Mixed Reality

  • SteamVR

以下のセクションでは、Unreal Engine でサポートされている XR プラットフォームのセットアップおよび使用に関する方法を説明しています。

プラットフォーム

拡張現実

バーチャル リアリティ (VR)

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる