Apple ARKit

Apple ARKit を使ってイマーシブな体験を作成するための情報です。

Windows
MacOS
Linux

統一された AR フレームワークは、アライメント、光源の推定、ピン留め、セッション状態、トレース結果、トラッキングなどの基本的な AR 機能をサポートしています。これらの他に、iOS デバイスで ARKit の最新機能も利用することができます。

ARKit 4.0

エンジンは、次のイマーシブ機能を含む ARKit 4.0 をサポートします。

  • 2D 画像検出 (2D Image Detection)

  • 3D オブジェクト検出 (3D Object Detection)

  • フェイス トラッキング (TrueDepth Camera なしのデバイスへのサポートを含む)

  • 永続的な体験 (Persistent Experiences)

  • 共有エクスペリエンス

  • ピープル オクルージョン

  • モーション キャプチャ(2D, 3D, LiveLink)

  • オブジェクト オクルージョンのためのシーン デプス API

  • Geotracking

画像検出のための候補画像には、一意のフレンドリ名を付ける必要があります。複数の候補画像が同じフレンドリ名を共有している場合、フレンドリ名の最初のインスタンスのある画像のみが認識されます。

Epic Games のデベロッパー Joe Graf が UE4 の ARKit 機能について書いた以下のブログをぜひご覧ください。

サポート対象のハンドヘルド プラットフォーム

ARKit をサポートしているデバイスは、iOS Device Compatibility Reference の Apple のドキュメントで確認できます。既に Unreal Engine を iOS または Android デバイスと一緒に使用しているユーザーが Unreal Engine で AR を新たに使いたい場合は、追加設定を少しするだけで済みます。iOS AR 前提条件の詳細情報については、「

[](SharingAndReleasing/XRDevelopment/AR/ARPlatforms/AppleARKit/ARKitPrerequisites)
」トピックを参照してください。更に、 Unreal Engine と iOS デバイスの基本的な設定については、 Unreal Engine のドキュメントの「iOS ゲームの開発」セクションを参照してください。 

Unreal で ARKit の使用を開始する

タグ
Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる