SketchUp Pro から Datasmith のコンテンツをエクスポートする

Unreal Engine にインポート可能な Datasmith ファイルに SketchUp Pro のシーンをエクスポートする方法について説明します。

Windows
MacOS
Linux
コンテンツ

SketchUp 用の Datasmith Exporter プラグインをインストールすると、シーンをエクスポートする際に、 「.UDATASMITH」 ファイル タイプを新たに使用できるようになります。

SketchUp 用の Datasmith プラグインをインストールすると、新しいツールバーが追加されます。

datasmith-toolbar-sketchup.png

SketchUp 用の Datasmith エクスポーター プラグイン をインストールすると、シーンを保存またはエクスポートする時に Unreal Datasmith (*.udatasmith) ファイル形式が使用できるようになります。

この新しいファイル タイプを使用してシーンをエクスポートするには、SketchUp で以下の手順に従います。

  1. Datasmith ツールバーの [Export] ボタンをクリックします。

    datasmith-toolbar-export.png

  2. [Export Model (モデルのエクスポート)] ウィンドウで、ファイルを指定し、Save as タイプのドロップダウン リストのファイル拡張子が .udatasmith であることを確認します。

    sketchup_export_model.png

  3. エクスポートしたファイルを保存する場所を開いてファイル名を指定し、[Export] をクリックします。

最終結果

これで、新規の「 .udatasmith 」ファイルを Unreal Editor にインポートする準備が整いました。「Unreal Engine 4 に Datasmith コンテンツをインポートする」を参照してください。

新規の「.udatasmith」ファイルとともに、このファイルと同じ名前に _Assets サフィックスが付いたフォルダが作成されます。「.udatasmith」ファイルを別の場所に移動する場合は、このフォルダも同じ場所に移動してください。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる