Datasmith でサポートされているソフトウェアとファイルの種類

Datasmith で使用できるすべてのサードパーティ ソフトウェア アプリケーションとデータ形式の詳細について説明します。

Windows
MacOS
Linux

以下の表には、Datasmith で現在使用できるソフトウェア アプリケーションとファイル形式が示されています。

表内の [Status (状態)] 列には、それぞれのソフトウェアまたはファイル形式のステータスが次のアイコンによって示されています。

アイコン

意味

Production-ready

プロダクションでの使用が可能です。

Beta or Experimental

ベータ版または実験的機能であり、テスティングとフィードバック目的で共有されています。さらなる変更が予想され、場合によっては将来当社で非推奨にする可能性もあります。

Workflow Type (ワークフロー タイプ) 列はデザイン アプリケーションからの情報をどのようにパッケージ化するかを示しています。

  • Direct (直接) は、Datasmith がアプリケーションのファイル形式を直接読み取ることを示します。

  • Export (エクスポート) 列は、Datasmith で Unreal Engine にインポートする前に、コンテンツをアプリケーションから特定のファイル形式にエクスポートする必要があることを示しています。アプリケーションに組み込まれている機能を使ってコンテンツをエクスポートします。

  • Export Plugin (エクスポート プラグイン) 列は、デザイン データを Datasmith がUnreal にインポートする形式にエクスポートするために、アプリケーションに新規プラグインをインストールする必要があることを示しています。

Importer Plugin (インポーター プラグイン) 列は、それぞれの種類のファイルをインポート可能にするために Unreal Engine プロジェクトで有効にする必要のある Datasmith インポーターを示します。このプロセスの詳細については、「DAtasmith コンテンツをインポートする」を参照してください。

Datasmith エクスポータ プラグインは Datasmith エクスポータ プラグイン ページからダウンロードします。

サポートされるアプリケーション

アプリケーション

サポート レベル

バージョン

ワークフロー タイプ

インポータ プラグイン

3D ACIS

Production-ready

R27 まで

Direct

CAD

3DEXCITE DELTAGEN

Production-ready

2017, 2018

エクスポート (FBX のみ)

FBX

ArcGIS CityEngine

Production-ready

Export Plugin

Datasmith

Autodesk 3ds Max

Production-ready

2016, 2017, 2018, 2019, 2020, 2021, 2022

Export Plugin

Datasmith

Autodesk Alias

Production-ready

2021 まで

Direct

CAD

Autodesk AutoCAD

Beta or Experimental

Direct

CAD

Autodesk Inventor

Production-ready

Up to 2019 まで

Direct

CAD

Autodesk Revit

Production-ready

2018.3, 2019, 2020, 2021, 2022

Export Plugin

Datasmith

Autodesk Navisworks

Production-ready

2019, 2020, 2021, 2022

Export Plugin

Datasmith

Autodesk VRED

Production-ready

VRED Professional 2018, 2019, 2020

Export Plugin

FBX

Dassault Systèmes CATIA V5

Production-ready

R10 - R29

Direct

CAD

Dassault Systèmes SOLIDWORKS

Production-ready

Up to 2021

Export Plugin

CAD

Dassault Systèmes SOLIDWORKS

Beta or Experimental

2020, 2021

Direct

Datasmith

Graphisoft Archicad

Beta or Experimental

23, 24, 25

Export Plugin

Datasmith

Maxon Cinema 4D

Production-ready

Direct

C4D

McNeel Rhinoceros

Production-ready

7 まで

Direct, Export Plugin

Datasmith

McNeel Rhinoceros

Production-ready

6 まで

Direct (.3dm files)

Datasmith

PTC Creo (Pro/ENGINEER)

Production-ready

V13 Creo 6 まで

Direct

CAD

Siemens NX

Production-ready

V11 - NX CR

Direct

CAD

Trimble SketchUp Pro

Production-ready

2017, 2018, 2019, 2020, 2021

Export Plugin, DirectLink

Datasmith

サポート対象のファイル形式と標準

ファイル形式および標準名

サポート レベル

バージョン

ワークフロー タイプ

インポータ プラグイン

3DXML

Production-ready

R2018X

Direct

CAD

glTF

Beta or Experimental

2.0

Direct

glTF

Industry Foundation Classes (IFC)

Production-ready

IFC 2x3

Direct

IFC

Initial Graphics Exchange Specification (IGES)

Production-ready

5.2, 5.3

Direct

CAD

JT Open

Production-ready

Up to 10.2

Direct

CAD

Parasolid (x_t)

Production-ready

31 まで

Direct

CAD

Siemens PLM XML

Production-ready

7.0.3 以上 (TeamCenter 11 以上との互換性あり)

Direct

CAD

STEP

Production-ready

AP203, AP214, AP242

Direct

CAD

macOS 用エクスポータ プラグイン

現時点では、Unreal Editor に装備されているほとんどの エクスポート プラグイン と Datasmith インポータは Microsoft Windows プラットフォーム向けのみです。Unreal Engine 4.27 では、macOS の以下のアプリケーションからのエクスポートもサポートしています。

アプリケーション

サポートしているバージョン

Trimble SketchUp Pro

2019, 2020, 2021

Graphisoft Archicad

23, 24, 25

McNeel Rhinoceros

6, 7

Formats that Unreal Engine が直接サポートする形式

Unreal Engine では、FBX ファイルのインポートとエクスポートに対するビルトイン サポートを提供しています。

FBX ベースのこれらのワークフローは、個々のオブジェクト操作に重点が置かれる傾向の多いゲーム要件をサポートするよう最適化されています。一方で、Datasmith はシーン全体を取り込むため、そこに数千にも及ぶオブジェクト (さらに、それぞれに含まれる、幅広いソースからのマテリアル、ピボット、スケール、階層、メタデータ) が含まれる可能性もあります。ただし、FBX がニーズや目的に適うものであれば、FBX インポート パイプラインを使用してください。例えば、Unreal レベルで Datasmith コンテンツを補強するために使用する追加の環境設定の一部をインポートするために使用する場合などがあります。

詳細については、「FBX コンテンツ パイプライン」を参照してください。

組み込まれた Unreal Editor インポータを使用して「glTF」形式を コンテンツ ブラウザ に直接インポートするための実験的サポートも提供されています。これは、FBX のインポート プロセスと同様にオブジェクトベースのワークフローに最適化されており、Datasmith glTF インポータと比較するとさまざまな制限事項がありますが、状況によっては非常に有用な場合があります。[Edit (編集)] > [Plugins (プラグイン)] > [Importers (インポータ)] に移動し、「glTF Importer」 プラグインを有効にして、Unreal Engine を再起動すると試すことができます。

下位互換性

Unreal Studio はオープン ベータ段階にあるため、新機能追加を目的として Datasmith ファイル形式やインポータ プラグインのビヘイビアが随時変更される場合もあります。この段階では、Unreal のすべてのバージョンと Datasmith エクスポート プラグインのすべてのバージョン間での下位互換性は保証されません。エクスポート プラグインの旧バージョンで生成された「.udatasmith」ファイルを新しいバージョンの Unreal Engine にインポートできる場合もありますが、それに依存すべきではありません。

エクスポートされたファイルで使用する Unreal Engine および Datasmith プラグインのバージョンに該当するバージョンのエクスポート プラグインを必ず使用してください。Unreal Studio を最大限利用し、Datasmith の最新の修正プログラムと機能を活用するには、できる限り最新のバージョンのエクスポート プラグインと Unreal Engine を常に使用することをお勧めします。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる