CineCamera アクタにレンズ歪み効果を使用する

Camera Calibration プラグインを使ってレンズ歪み効果を CineCamera アクタに適用する方法を説明します。

Windows
MacOS
Linux
前提トピック

このページは以下のトピックへの知識があることを前提にしています。まず以下のトピックの内容についてご確認をお願いします。

  1. [World Outliner (アウトライナ)][CineCamera Actor] を選択し、 [Details (詳細)] パネルを開きます。

    Select the CineCamera Actor

  2. LiveLink Component Controller コンポーネント を選択し、Camera Role カテゴリが出るまで下にスクロールします。正しい Lens FileLens File スロットに割り当てられていることを確認します。例では、クイックスタート ガイド の「LumixLens」ファイルが使用されています。

    Select the Live Link Component

    Check that the Lens File is assigned correctly

  3. [Add Component] ボタンをクリックし、[Lens Distortion] を選択してコンポーネントを追加します。

    Add the Lens Distortion component

  4. [Default] が出るまで下にスクロールして Distortion Source の横のドロップダウンをクリックします。「LumixLens」ファイルを選択し [Apply Distortion] チェックボックスを 有効 にします。

    Add the Lens Distortion Source

  5. レンズ歪みが CineCamera アクタに適用されたことがビューポートで確認することができます。

    The lens distortion is applied to the CineCamera Actor

このセクションの結果

このガイドでは Camera Calibration プラグインからレンズ歪み効果を CineCamera アクタに適用する方法を学習しました。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる