Env フォルダの構造

コンテンツ ブラウザのインカメラ VFX プロジェクトの Env ファイルを整理するための参照ガイド。

Windows
MacOS
Linux

The recommended Envs folder structure in the Content Browser

Envs フォルダには環境 (envs) 専用のすべてのアセットがふくまれています。

ソース コントロールでは.umap ファイルなどのバイナリ アセットのみ確認できるので、1 つの環境で同時に作業する各アーティストは、それぞれのレベルで作業しなければいけません。これを解決するには、環境をアクタの種類に基づいて複数の サブレベルに 分割します。

例えば、ライティング アーティストはライティング サブレベルで、FX アーティストは FX サブレベルで作業します。環境を領域ごとに分割した複数の GEO レベルがあり、それぞれを別のアーティストが担当することも一般的です。使われるサブレベルの数や種類はプロダクションのニーズに応じます。

このセクションのファイルは、最終的なインカメラ VFX パーシスタント レベルにすべて結合されるので、Stages フォルダ ファイルにリンクしています。

次のフォルダ タイプはサンプル プロジェクトの各環境に使われたものです。

  • Level Asset:(LevelName)_(Descriptor) 構造に従います。パーシスタントレベルには、サブレベルのコンテナとして機能する _P サフィックスが与えられます。このレベル アセット開くと、すべてのサブレベルで構成される環境全体が表示されます。

  • SubLevels:このプロジェクトでは、各レベルはコースティクス、FX、Geo、ライティングのサブレベルに分けられました。

  • Snapshots:レベルに関連するレベル スナップショット アセットです。

たとえば、次のように確認します。

  • CaveEntrance

    • CaveEntrance_P — メインとなるパーシスタント レベル

    • SubLevels

      • CaveEntrance_Geo_A

      • CaveEntrance_Lighting_A

      • CaveEntrance_FX_A

      • CaveEntrance_Anim_A

      • CaveEntrance_Vis_A

    • Snapshots

      • SNAP_CaveEntrance_(Description)

  • CavePath

  • SpaceJunkyard

コンテンツ ブラウザでのプロジェクトに推奨される Envs フォルダ構造を示す図。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる