アニメーションの新機能

エディタでアニメーションをオーサリングしたり、ランタイム時にアニメーションを制御する新機能の説明です。

Windows
MacOS
Linux

上記にリンクされている重要な機能に加えて、Unreal Engine 5 には、いくつかの新しいツールとクオリティ オブ ライフの向上が含まれています。次のセクションで説明していきます。

Tween ツール

新しい Tween ツールを使用して、新しい中間キーフレームを作成し、現在のキーフレームの前または後ろにあるキーフレームまたはポーズに基づいて重み付けを行うことができます。

Tween Tool

Tween ツールを開くには、[Animation Panel (アニメーション パネル)][Create Tweens (Tween を作成)] ボタンを押します。

このツールは、シーケンスに コントロールリグ がある場合にのみ開くことができます。

コントロール リグ ポーズ ライブラリ

新しい ポーズ ライブラリ を利用して、コントロール リグのセットアップでポーズをすばやく保存、ミラーリング、ブレンドします。さらにポーズ ライブラリでは、リグで選択頻度の高いものを再利用するためのセレクション セットを作成することができます。レベル エディタの [Animation Panel] ツールバーに、このユーティリティや Tween や Snapper などの他のユーティリティがあります。

control rig pose library

ポーズ ライブラリには、[Animation (アニメーション)] パネルからアクセス可能で、現在、コントロール リグを含むレベル シークエンスを開いている場合にのみアクセスできます。

Snapper ツール

Control Rig Snapper を使用して、コントロール リグのオブジェクトやコントロールを、ワールド内の他のオブジェクトにピンで留めることができます。このピン留めは、キーフレームを一定時間にわたってベイクすることで実現します。

以下の例では、マントルしているキャラクターの手のスライティングを固定するために使用しています。

Control Rig Snapper in action

Snapper ツールには、[Animation (アニメーション)] パネルからアクセス可能で、現在、コントロール リグを含むレベル シークエンスを開いている場合にのみアクセスできます。[Snapper (スナッパー)] ボタンを押すと、Control Rig Snapper ツールが開きます。このツールでは、親、子、範囲、アタッチを設定できます。

Control Rig Snapper

コントロール リグ関数とノードの折りたたみ機能

コントロール リグ ノードを 1 つのノードに折りたたむことができるようになり、編集と表示がより簡単になりました。コントロール リグ ノードを編集および表示するには、選択したノードのグループを右クリックして、 [Collapse Nodes (ノードを折りたたむ)] を選択します。

Collapsing nodes

折りたたまれたノードをダブルクリックして新しいタブで開くことで、折りたたまれたノードを編集できます。[Create a New Input Argument (新しい入力引数を作成)] ボタンを押すと、プロパティをルーティングするためにカスタムの入出力引数を追加することができます。

Editing collapsed nodes

折りたたまれたノードを再利用可能な関数に変換することもできます。折りたたまれたノードを右クリックし、[Promote to Function (関数に昇格)]を選択して、折りたたまれたノードを [関数] に変換します。

Creating a function from collapsed nodes

Blendspace Node 2.0

様々な改良を加えた新たな Blendspace ノードを導入しました。この新しいノードには Blendspace グラフが含まれるようになりました。そのため、Blendspace アセットや Aim Offset アセットを作成するのではなく、Blendspace ノードをダブルクリックするとこのグラフにアクセスできるようになりました。

Accessing the Blendspace Node

Blendspace 2.0 ノードとそのサンプルは、AnimGraph ツリーにも表示されます。サンプルはシンプルなアニメーション シーケンスから独自のサブグラフに変わり、幅広くカスタマイズできるようになりました。

Blendspace nodes in the AnimGraph tree

従来の Blendspace アセットは、今後改良およびバグ修正を行うので、現在の状態のまま変更されていません。従来の Blendspace ノードの名称が Blendspace Player に変更されました。これらのノードを新しい 2.0 フレームワークに変換するには、現在の Blendspace Player ノードを右クリックして、 [Convert to Blend Space Graph (ブレンド スペース グラフに変換)] を選択します

Converting to a graph

シーケンサーのマチネ カメラの揺れコンバータ

従来のマチネベースのカメラの揺れアセットを、Camera Animation Sequence というシーケンサー ベースのカメラの揺れアセットに変換できるようになりました。これにより、Matinee が非推奨になった後も従来のカメラの揺れが機能し続けます。

Camera shake conversion

このツールを起動するには、 [Window (ウィンドウ)] > [Developer Tools (デベロッパー ツール)] > [Matinee Camera Shake Converter (マチネ カメラの揺れコンバータ)] を選択します。

Opening the converter

シーケンサーの作業の質の改善

選択とトリミングのワークフローを改善するために、シーケンサーに新しいホット キーと動作が追加されました。

ALT + ][ を押すと、クリップのキーフレームを現在の再生ヘッド時間に合わせてトリミングまたはループさせることができます。

Trimming and looping to playhead

該当するトラックのみに作用する単一トラックを選択する。選択しない場合は、すべてのクリップ キーフレームに影響します。この機能は、セクション、アニメーション、ショットなど、シーケンサのセクションベースのすべてのキーフレームに適用されます。

CTRL + ][ を押すと、すべてのキーフレームを現在の再生ヘッドを基準にして前方または後方に選択できます。

Select all keyframes ahead and behind

クリップ キーフレームの場合は、再生ヘッドがクリップ上の任意のか所にあれば、常にクリップが選択されます。