コンテンツとサンプル

Unreal Engine 5 の習得に役立つ追加リソース

Windows
MacOS
Linux

このページでは、Unreal Engine5 早期アクセスですぐに使用できるエンジン プロジェクトと追加のリソースを紹介します。

古代の谷

古代の谷』は Unreal Engine5 早期アクセスの新機能をどのように使用できるかを示す充実した内容の実用的なサンプルです。これは、実際の制作で使用する品質のコンテンツを使用して、実際の条件下でツールのストレステストを行った結果です。プロジェクトを無料ダウンロードしてあなた自身でテストしてみましょう。Unreal Engine を使って、プロジェクトを自由に変更して使用することができます。

MetaHumans

MetaHumans のサンプルがアップデートされて Unreal Engine 5 で使用できるようになりました。Unreal Engine Marketplace からダウンロードして、Unreal Engine 5 で使用できる 2 つのリアルな MetaHuman キャラクターを入手しましょう。

サンプルでの MetaHumans の使い方は Unreal Editor UI への一般的な変更を除いては UE4 と同じです。MetaHumans サンプルでのキャラクターの使用方法の詳細は、UE4 ドキュメント最新版 を参照してください。

MetaHuman Creator アプリケーションの早期アクセスにサインアップして、自分独自の UE5 で使える MetaHuman キャラクターを作成することもできます。

その他のサンプル

Epic Games Launcher の [Learn] タブには、Unreal Engine4 用に作成された数多くのサンプル プロジェクトが含まれています。これらのサンプルは、『古代の谷』サンプルのように UE5 の新機能のデモは行えませんが、 UE5 の機能を独自に探索するためのスタート点として便利な場合があります。

これらの Unreal Engine 5 用サンプルはまた [Learn] タブにリリースされていませんが、ほとんどのサンプルはご自身で問題なくアップグレードすることが可能です。

移行ガイド の指示に従って、プロジェクトのコピーをアップグレードするのが最善の方法です。

以下の [Learn (ラーニング)] タブにあるサンプルは、Unreal Engine 5 早期アクセスにアップグレードした後、期待どおりに機能するはずです。

  • 機能別サンプル

  • Meerkat デモ

  • Pixel Streaming デモ

  • Spatial Audio テンプル

  • Face AR

  • Virtual Studio

  • Composure フレームワーク

  • インフィルトレーター

  • 少年とカイト

  • サンテンプル

  • ブループリント

  • ActionRPG

  • シューターゲーム

  • Composure

  • アンリアル マッチ 3

  • Chaos Destruction デモ — 追加の操作が必要になります。まず、こちらのフォーラム投稿 の指示に従ってソースコード ファイルを変更します。次に、テキストエディタで 「.uproject」ファイルを開き、 MeshEditor プラグインを参照する行を削除する必要があります。これらの手順を完了すると、プロジェクトを Unreal Engine 5 にアップグレードできるようになります。

以下のサンプルは機能しないことが分かっています。

  • Vehicle Game

  • ArchViz Interior

  • In-Camera VFX Example

  • Subway Sequencer

  • Virtual Camera