Unreal Engine 5 早期アクセスへようこそ

UE5 早期アクセス プログラムの内容について説明します。

Windows
MacOS
Linux

Unreal Engine 5 は、大きく進化を遂げた Unreal Engine の次のメジャー リリースです。Unreal Engine 5 は、次世代のゲーム、リアルタイム ビジュアリゼーション、および没入感あふれるインタラクティブ体験を実現するために、一新され、機能が強化されています。Unreal Engine 5 を使用すると、あらゆる業界のゲーム デベロッパーやクリエイターが、次世代のリアルタイムの 3D コンテンツや体験を、これまで以上に自由に、高い忠実度で、柔軟に制作することができます。

UE5 早期アクセス リリース では、こうした次世代ゲーム開発のための革新的な新しいツールを手に入れる最初のチャンスが提供されています。今回の早期アクセス リリースは、特に最先端のテクノロジーを活用したいと考えているゲーム デベロッパーを対象としています。UE5 に搭載される新機能の初期段階を共有することで、みなさまが将来のプロジェクトをより適切に計画し、また貴重なフィードバックを提供していただけることを大変うれしく思います。

ただし、早期アクセス リリースは実際の制作のための製品版ではありません。新機能のテスト、新機能の確認、将来的な次世代ゲームのプロトタイプ作成のみを目的として使用することをお勧めします。Epic Games は、早期アクセスでは、新しい機能を公開することに注力していますが、その一方で最適化やマルチプラットフォームのサポートにも引き続き取り組んでいます。

そのため、Epic Games では早期アクセス リリースを実際の制作に使用することは推奨していません。

早期アクセスの対象となるユーザー

UE5 早期アクセスは、次のほとんどまたはすべてに当てはまる方を対象としています。

  • ゲームやその他の同様のインタラクティブな体験に取り組んでいる。

    UE5 早期アクセスは、これまでの基準価値を打ち砕くような新技術をできるだけ早くゲーム スタジオに提供し、今後の次世代プロジェクトのプロトタイピングを支援することを目的としています。ただし、UE5 早期アクセスの新機能は、他のワークフローについてお客様からまだ広く検証されていません。

  • UE4 の使用経験が豊富な方。

    UE4 を使い慣れているユーザーは、比較的簡単に UE5 のワークフローに移行できます。UE5 早期アクセスには、魅力的な数多くの新機能を動作するゲームプレイ サンプルの中で見ることができる「古代の谷」も含まれています。ただし、この『古代の谷』プロジェクトを除くと、早期アクセスの学習資料は、UE4 の資料ほど充実しているわけではありません。また、新機能やワークフローは、現在の状態から、今後も引き続き変更されていく可能性があります。そのため、Unreal を初めて使用されるユーザーの方は、UE5 が製品版としてリリースされるまでは、まずは、UE4 で学習することをお勧めします。

  • 2022 年後半以降のリリースを目指してプロジェクトを計画している方。

    早期アクセス リリースの主な目的の 1 つは、プロダクション用途での使用が可能になる前に、ゲーム チームに新機能やワークフローを確認してもらうことです。これは、UE5 が製品版としてリリースされたときに、チームがすぐに使用を開始できるようにするうえで役立ちます。2021 年中や 2022 年初頭など早い段階でのリリースを計画している場合は、既存の 4.x リリース シリーズが提供する実証済みの優れた基盤を活用してビルドを継続することを強くお勧めします。

  • 未完の状態でも気にされない方。

    UE5 早期アクセスは、迅速に変化するターゲットのスナップショットです。早期アクセスで導入した機能をプロダクション用途で使用できるようにするまでには、パフォーマンス、安定性、洗練性の面で引き続き作業を行っていく必要があります。将来のプロジェクトに備えて新機能やワークフローを体験することが目的であれば、早期アクセスが未完状態であることが問題になることはありません。ただし、UE5 早期アクセスの新機能を使用すると、予期しない障害が発生する可能性がありますので、ご注意ください。嬉しいことは、フィードバックの提供とサポートの利用 によってこれらの粗いエッジを滑らかにして、改善するのに役立つことです。

Unreal を使い始めたばかりの場合、近い将来のプロジェクトを計画している場合、プロダクションに使用できる安定したエンジンを必要としている場合など、上記のほとんどまたはすべてに該当 しない 場合でも、早期アクセスを自由にお試しいただくことはできますが、開発作業は引き続き UE4 で行うことをお勧めします。

早期アクセスの詳細については、ホーム ページ を参照してください。

UE5 早期アクセスのドキュメント

このサイトでは、早期アクセス リリースに含まれている機能の概要と、自分で試してみることができる最も重要な新機能に関して詳しい説明を含むドキュメントが提供されています。

Unreal Engine と既存の機能の詳細については、引き続き UE4 ドキュメント サイトをご覧ください。

ページの左上にあるドロップダウン メニューを使用して、UE4 と UE5 のドキュメントを切り替えることができます。

UE5 早期アクセスを取得する

UE5 早期アクセスを入手するには、次の 2 つの方法があります。

Epic Games の Perforce リポジトリへのアクセスを含むライセンシーをすでにお持ちの方は、Perforce リポジトリからソース コードを 入手することができます。

Epic Games Launcher から UE5 早期アクセスを入手する

UE5 早期アクセス リリースを入手する最も簡単な方法は、Epic Games Launcher から入手することです。

  • この方法は、コンパイル済みのバイナリをダウンロードしてすぐに使用したい場合に使用してください。

  • これらのコンパイル済みバイナリの定期的なメジャー アップデートが提供される予定はありません。Epic Games が今後ホットフィックスやその他のアップデートをリリースするかどうかは未定です。ただし、UE5 の製品版がリリースされるまでは、早期アクセスの機能セットを大幅に拡張する予定はありません。

UE5 早期アクセスを Launcher からダウンロードするには、次の手順を実行します。

  1. まだお持ちでない場合は、Epic Games Launcher をダウンロードしてインストールします。

  2. Launcher を実行して、Epic アカウントでサインインします。

  3. 左側のメニューから [Unreal Engine] セクションを選択します。

  4. [Unreal Engine 5 Early Access (Unreal Engine 5 早期アクセス)] タブを探します。

  5. [Download Early Access (早期アクセスのダウンロード)] リンクをクリックします。

GitHub から UE5 早期アクセスを入手する

UE5 早期アクセスのソース コードを GitHub からダウンロードできます。

  • エンジンのソースに独自の変更やアップデートを加えたい場合や、UE5 の製品リリースに向けて Unreal Engine 開発チームが行った最新のコミットに随時アクセスしたい場合は、この方法を使用してください。

  • ただし、エンジンをソースから自分でコンパイルする必要があります。

Unreal Engine で GitHub を使用する基本的な方法は、4.x リリースと同じです。詳細については、最新の「UE4 のドキュメント」を参照してください。

早期アクセスでは、次のブランチのいずれかに同期します。

  • ue5-early-access — このブランチには、Launcher から入手可能なコンパイル済みバイナリのビルドに使用されたソース コードが格納されています。UE5 の新機能のうち、早期アクセス リリースに含まれる安定した QA テスト済みのバージョンを使用したい場合は、このブランチを使用してください。このブランチに、今後修正や改善が追加されるかは未定です。

  • ue5-main — このブランチは、UE5 のメインの開発トランクです。UE5 が早期アクセスから最終的な製品リリースに至るまでの間に Epic のエンジニアが行った最新のコミットを確認したい場合は、このブランチを使用してください。ただし、このブランチでは、不安定で中断のリスクが高くなるためご注意ください。

ソースを入手した後の UE5 早期アクセスのビルド方法は、UE4 とまったく同じです。詳細については、最新の「UE4 のドキュメント」を参照してください。 Visual Studio 2015 と 2017 がサポートされなくなった点のみ異なります。Visual Studio 2019 (v16.4 以上) を使用する必要があります。

UE5 早期アクセスを Perforce から入手する

Epic Games の Perforce リポジトリへのアクセスを含むライセンシーをすでにお持ちの方は、次のストリームでソース コードを入手することができます。

  • //UE5/Release-5.0-EarlyAccess — このストリームには、Launcher から入手可能なコンパイル済みバイナリのビルドに使用されたソース コードが格納されています。UE5 の新機能のうち、早期アクセス リリースに含まれる安定した QA テスト済みのバージョンを使用したい場合は、このストリームを使用してください。このストリームに、今後修正や改善が追加されるかは未定です。

  • //UE5/Main — このストリームは、UE5 のメインの開発トランクです。UE5 が早期アクセスから最終的な製品リリースに至るまでの間に Epic のエンジニアが行った最新のコミットを確認したい場合は、このストリームを使用してください。ただし、このストリームでは、不安定で中断のリスクが高くなることにご注意ください。

ソースを入手した後の UE5 早期アクセスのビルド方法は、UE4 とまったく同じです。詳細については、最新の「UE4 のドキュメント」を参照してください。 Visual Studio 2015 と 2017 がサポートされなくなった点のみ異なります。Visual Studio 2019 (v16.4 以上) を使用する必要があります。

互換性

UE5 早期アクセスは、次に予定されている 4.27 リリースと並行して存在する新しい別の開発パスを表しています。これまでに公開された 4.x リリースとの互換性はありますが、今後公開される 4.x リリースとの互換性は保証されていません。

Early Access compatibility

全般的な方針は次のとおりです。

  • UE 4.26 以前のリリースで作成されたプロジェクトは UE5 早期アクセスにアップグレードできます。「移行ガイド」に記載されているアップグレード要件や非推奨事項を除き、既存のコンテンツは比較的スムーズに動作します。

  • UE 4.27 がリリースされた場合、4.27 で作成したプロジェクトやコンテンツ、または 4.27 にアップグレードされたプロジェクトやコンテンツが UE5 早期アクセスで動作することを前提とすることはできません。

  • UE 5.0 の最終的な製品リリースは、UE4.27 と UE5 早期アクセスの両方のコンテンツと互換性があります。

  • UE5 のプロジェクトまたはコンテンツは UE4 のどのバージョンにもダウングレードすることはできません。

ターゲット プラットフォームおよびデバイス

UE5 早期アクセスでは、UE4 でサポートされているものと同じターゲット プラットフォームとデバイスをサポートしています。ただし、以下の例外があります。

  • 32 ビット プラットフォームのサポートは削除されました。

  • UE5 Early Access は、ネイティブ ランタイム ターゲットとして AppleSilicon デバイスをサポートするようになりました。(ただし、Unreal Editor は、Rosetta 2 を介して Intel バイナリとして翻訳されて実行されることに注意してください。)

  • 現時点では、すべての新機能がすべてのプラットフォームで動作するわけではありません。たとえば、Lumen と Nanite は現在、モバイル デバイスや最終世代のコンソールをサポートしておらず、PC に NVIDIA または AMDGPU が必要です。新機能のプラットフォームと GPU のサポートは、早期アクセスと UE5 の製品リリースの間で変更される場合と変更されない場合があります。

    機能ごとの現在のプラットフォームの制限の詳細については、「リリースノート」ページ、または各機能の詳細なドキュメントを参照してください。

    すべてのターゲットプラット フォームでサポートされているシステムと SDK バージョンのリストについては、リリースノートの「Platform SDK Upgrades」セクションを参照してください。

開発に関するハードウェア要件

Unreal Engine 5 早期アクセスを動作させるため基本的なハードウェア要件は UE4 と同じです。詳細については、最新の「UE4 のドキュメント」を参照してください。

ただし、早期アクセスの新機能の一部では、最高の結果を得るためにハイエンドのハードウェアが必要です。

たとえば、Nanite と Lumen を最大限に活用するには、現在、「NVIDIA GTX 1080、AMD VEGA 64、またはそれ以上」に相当するものをお勧めします。また、GPU も最新のドライバーへアップグレードすることをお勧めします。

Epic Games では、パフォーマンスと品質の向上に継続的に取り組んでおり、幅広い構成でテストを実施しています。そのため、早期アクセス期間中に推奨事項が変更される場合があります。また、最終的な製品リリースでも変更される可能性があります。

フィードバックの提供とサポートの利用

UE5 を早期アクセスでリリースする目的の 1 つは、新機能や今後の方向性についてユーザー コミュニティとの対話を開始することです。このように早い段階でフィードバックを得ることは、Unreal Engine の開発チームにとって、エンジンの機能を向上させるために必要な貴重な情報となります。

プラス、マイナスを問わずどんなご意見でも、皆様の早期アクセスの使用体験に関するフィードバックをお寄せください。お待ちしております。