アニメーション ブループリントでのブレンド スペース

ブレンド スペースをアニメーション ブループリントで参照または作成して、Unreal Engine でブレンド スペースの使用を始めます。

ブレンド スペース は、ブレンド グラフ で使用されるサンプルのブレンドを制御する アニメーション ブループリントAnimGraph にノードを配置することで、Unreal Engine で使用されます。ブレンド スペースが事前に存在することなく、AnimGraph で直接作成することもできます。

このページでは、アニメーション ブループリントでのさまざまなタイプのブレンド スペースの概要、およびその使用方法について説明します。

前提条件

Blend Space Player

Blendspace Players は既存のブレンド スペース アセットを参照するノードであり、両方の軸のデータ ピン入力、または 1D のブレンド スペース を使用している場合は 1 つの軸のデータ ピン入力が入っています。このノードは、それらの入力に基づいた結果のポーズを出力します。

blendspace player

エイム オフセットをプレイヤーとして使用することもできます。

作成および使用方法

Blendspace Player は以下のいずれかの方法で作成できます。

AnimGraph で右クリックして、使用するブレンド スペースを Blend Spaces カテゴリから選択します。Blendspace Player というプレフィックスが付いていることを確認します。

create blendspace player

アセット ブラウザまたはコンテンツ ブラウザからブレンド スペースを AnimGraph にドラッグします。

create blendspace player

ブレンド スペースが割り当てられている場合は、Blendspace Player をダブルクリックすると、別のウィンドウでそのアセットが開きます。

open blendspace player

プロパティ

Blendspace Player を選択すると、そのブレンド スペースに関連する以下のプロパティが [Details (詳細)] パネルに表示されます。

名称

説明

Coordinates

ブレンド スペースの軸 (1D の場合は 1 つ、それ以外は 2 つ)。

Play Rate

ブレンド スペース内のサンプルが再生される速度。これを負の値に設定すると、サンプルが逆再生されます。

Loop

これを有効にすると、サンプルの再生が無限に繰り返されます。無効にすると、サンプルの最終フレームが保持されます。

Reset Play Time when Blend Space Changes

Blend Space プロパティが変化した場合に、再生中のサンプルの正規化された時間をリセットします。

Start Position

ブレンド スペース内のすべてのサンプルの開始時間。これは正規化された時間であるため、この値は 01 の範囲である必要があります。

Blend Space

使用されブレンド スペース アセット。

LOD Threshold

このノードで実行が許容される最大詳細度 (LOD) を制御します。例えば、この値を「2」に設定している場合、LOD2 までは有効ですが、このコンポーネントの LOD が 3 になると無効になります。この値を「-1」に設定すると、このノードは LOD の値に関係なく常に実行されます。このプロパティは、エイム オフセット および Aim Offset Player に対してのみ表示されます。

Blend Space Graph

Blendspace Player は、既存のブレンド スペースを参照するノードですが、ブレンド スペース グラフ はアニメーション ブループリント内のブレンド スペースが入っているノードです。ブレンド スペース グラフを使用すると、カスタムメイドのブレンド スペースを作成でき、他のアセットから分化でき、サンプルのロジックを編集できます。

同様にエイム オフセットを使用することもできます。

作成する

このブレンド スペース タイプを作成するには、AnimGraph で右クリックして Blend Spaces カテゴリから Blend Space を選択します。既存のブレンド スペース アセットを選択し、そのプレフィックスが Blendspace であることを確認して選択することもできます。そうすると、そのブレンド スペースが (参照されるのではなく) インポートされ、その中で元のブレンド スペースから分化させることができます。

使用方法

ブレンド スペース グラフは、アニメーション ブループリント内で作成および管理されることになっているので、[My Blueprint (マイ ブループリント)] でブレンド スペースのエントリをダブルクリックしすることで、そのブレンド スペース インターフェースを開くことができます。そこから、ブレンド スペース アセットと同様に、サンプルを追加し軸値を定義し、他のプロパティを編集する ことができます。

add samples to blend space graph

ブレンド スペース内の各サンプルには、独自のサブグラフが入っていて、それをダブルクリックすると表示されます。そうすると、追加のロジックを作成することで、より多くの機能をサンプルに割り当てることができます。

blend space sample animgraph

Blend Space Evaluator

Blendspace Evaluators は、自動的に再生されるのではなく、時間が外部で制御されているそのすべてのサンプルの時間を持っているブレンド スペース ノードです。この時間は、そのポーズがサンプリングされたポイントを特定する、正規化された (0 ~ 1 の範囲) 浮動小数点値です。

blend space evaluator

このブレンド スペース タイプを作成するには、AnimGraph で右クリックして Blend Spaces カテゴリから Blendspace Evaluator を選択します。既存のブレンド スペース アセットを選択し、そのプレフィックスが Blendspace Evaluator** であることを確認して選択することもできます。

create blend space evaluator

デフォルトでは、Blendspace Evaluator は、指定された時間にテレポートしますが、時間を前に進めることはしないので、ルート モーションまたはアニメーション通知は評価されません。Teleport to Normalized Time を無効にすると、この機能が復元されます。

blend space evaluator settings

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
キャンセル