Collab Viewer テンプレート

「Collab Viewer」テンプレートを使用して、VR およびデスクトップの共同デザイン レビューを実行する方法について説明します。

Choose your operating system:

Windows

macOS

Linux

Collab Viewer テンプレートでは、同一の 3D コンテンツの共有環境に複数のユーザーが参加できます。Collab Viewer テンプレートの目的は、チームがより簡単かつ迅速にデザインをリアルタイムにレビューおよびやり取りできるようにすることで、問題を特定し、コンテンツの繰り返し作業の効率化を図ることです。

業界固有のテンプレート

Unreal Engine には、作業に利用できる 2 つの「Collab Viewer」テンプレートが用意されており、ユーザーの具体的なニーズに合わせてカスタマイズできます。

  • OEM/製造: このテンプレートには、自動車設計を目的としたカスタム コンテンツが含まれています。シーン内に存在する各種ライトが含まれており、異なる条件での自動車のサーフェスに対するエフェクトを示すことができます。

    拡大表示するには、画像をクリック。

  • AEC: このテンプレートには、建物のモックアップの設定方法を示す建物のサンプルなど、建築、土木、および建設を目的としたカスタム コンテンツが含まれています。

    拡大表示するには、画像をクリック。

Collab Viewer セッションのすべての参加者は、標準のマウスとキーボード、または VR ヘッドセットとモーション コントローラーを備えるコンピュータを使用できます。このテンプレートには、ランタイム時にシーン コンテンツを操作するためのさまざまなビルトイン ツールが用意されています。すべての参加者は、オブジェクトを移動したり、オブジェクトを透明な X-Ray マテリアルに変更したり、コンテンツをさまざまな空間配置に「展開」させるアニメーションを再生したりできます。セッションでは全員がアバターを確認できます。また、レーザー ポインタ ツールを使用して環境の機能に注目することもできます。

拡大表示するには、画像をクリック。

「Collab Viewer」テンプレートは、複数のコンピュータ間の接続の設定や表示情報のレプリケートを含む、マルチビューア環境に固有の困難な問題のほとんどに対応しています。デザイン レビュー環境の出発点としてこのテンプレートを使用することで、ネットワークの設定に費やす時間を短縮し、より長い時間をデザインの検討に費やすことができるようになります。また、「Collab Viewer」テンプレートは、チーム環境でデザインを評価およびやり取りするのに非常に役立ちますが、1 人で 3D コンテンツの作業を行う場合でも、出発点として十分な相互作用とナビゲーション コントロールが用意されています。

インタラクションとナビゲーションのすべてのコントロールは、プロジェクト内のブループリント クラスによって提供されているため、それらをカスタマイズしたり、そこから学んだり、自分のプロジェクトにコピーしたりできますブループリントでの作業に関する詳細については、「ブループリント ビジュアル スクリプティング」を参照してください。

このページでは、「Collab Viewer」テンプレートの操作を開始するため、また、このテンプレートを自分独自のモデルで使用するために知っておくべきことをすべて説明します。

このドキュメントで説明しているコンセプトや手順のデモが多数収録された「Collab Viewer」テンプレートのビデオでのウォークスルーについては、録画されたウェビナーを参照してください。

ワークフロー

「Collab Viewer」テンプレートの一般的な使用パターンは、次のとおりです。

  1. テンプレートから新しいプロジェクトを作成するか、既存のプロジェクトにテンプレートのコンテンツを取り込みます。

  2. 他のユーザーと共有したいコンテンツを使用してプロジェクトを設定します。
    これには、通常、Unreal Engine プロジェクトで行う場合と同様のデータのインポート作業やルック デベロップメント作業が含まれます。コリジョン メッシュやナビゲーション メッシュなど、コンテンツを設定するときに留意する必要のある具体的な考慮事項の詳細については、「Collab Viewer に独自のコンテンツを追加する」を参照してください。

  3. Unreal Editor 搭載のツールを使用して、プロジェクトを実行可能ファイルにパッケージ化します。

  4. 共同レビューに参加する必要があるユーザーとそのファイルを共有します。

  5. 1 人のユーザーがパッケージ化された Unreal Engine アプリケーションを起動し、サーバー モードで開始します。

  6. 同じ表示セッションに参加したいその他の各ユーザーは、別のコンピュータでアプリケーションのコピーを起動し、サーバー セッションに参加します。

テンプレートのデフォルト コンテンツを使用して上記の手順を説明する詳細なチュートリアルについては、「クイック スタート ガイド」を参照してください。

VR のサポート

「Collab Viewer」テンプレートは、OpenXR プラグインをデフォルトで使用し、VR ヘッドセットのインタラクションをサポートします。Oculus VR や Steam VR など、個別のプラットフォーム用カスタム プラグインは引き続きサポートされており、必要に応じて再有効化できます。

使用を開始する

操作ガイド

リファレンス

This page was written for a previous version of Unreal Engine and has not been updated for the current Unreal Engine 5.0 release.