OpenColorIO でのカラー マネジメント

OpenColorIO を使用し、プロジェクト間でカラーの一貫性を確保します。

OpenColorIO (OCIO) は映画やバーチャル プロダクションで主に使用されるカラー マネジメント システムです。OCIO により、撮影されたビデオのカラーの一貫性が、フィルム パイプライン全体で維持されます。このパイプラインには、最初のカメラでの撮影、撮影されたメディアで作業するために必要なすべてのコンポジット アプリケーション、および最終レンダリングが含まれます。

Unreal Engine (UE) には OCIO がビルトインでサポートされ、次の複数の方法でリニア メディアのカラーを変換します。

  • 撮影されたクリップやライブ フィードなどのメディア ソースをプロジェクトで使用するとき、カラー変換を適用して、これらのメディア ソースを UE のコンピュータが生成した要素に一致させます。

  • Unreal Editor で作業している間、 ビューポート にカラー変換を適用できます。これが便利なのは、エディタで作業しているときに、表示される参照フレームと、選択した色空間との一貫性が維持されることです。

  • 別のカラー変換を、 Composure から出力するコンポジットフィードに再度適用できます。これが便利なのは、CG 要素とライブ フレームをブレンドするとき、撮影した元のカラーを忠実に再現しながら、納得するものを実現できることです。

  • モニターおよび LED ウォールの nDisplay レンダリングに色空間変換を適用できます。

  • 最後に、 ムービーレンダーキュー でビデオをエクスポートするとき、色空間変換を出力ビデオに適用するように選択できます。

これらすべての OCIO の使用には、 OpenColor Configuration アセット という 1 つのアセットが必要です。このアセットは、作業するカラー プロファイルを管理するために使用します。

OpenColorIO Configuration アセットは、OCIO コンフィギュレーション (.ocio) ファイルを参照します。このファイルには、複数のカラー プロファイルに関する詳細仕様、それらの間で変換する方法が含まれます。Unreal Engine は現在、OCIO v1 をサポートしています。OCIO コンフィギュレーション ファイルの詳細については、 OpenColorIO v1 のドキュメント を参照してください。

このページには、OpenColorIO Configuration アセットの作成や Unreal Engine のさまざまなシステムへのカラー変換の適用に関するドキュメントのリンクが掲載されています。

使用を開始する

このページでは、OpenColorIO Configuration アセットの作成方法を説明します。

ビューポートで色を変換する

エディタでは、レベル ビューポートに対する ビューポートの表示モード を使用した OCIO 色変換の適用がサポートされています。このページでは、レベル ビューポートへの色変換の適用方法を説明します。

Composure で色を変換する

Composure では、入力メディアおよび出力メディアへの OCIO 色変換の適用がサポートされています。このページでは、Composure での色変換の適用方法を説明します。

ブループリントで色を変換する

このページでは、 ブループリント を使用して色変換を適用する方法を説明します。

nDisplay で色を変換する

nDisplay では、クラスタ全体、インナー フラスタム、または個々のクラスタ ノードの nDisplay レンダリングに対する OCIO 色変換の適用がサポートされています。これは、特定のディスプレイのカラー スペースの管理に役立つ場合があります。このページでは、nDisplay で OCIO を使用する方法を説明します。

ムービー レンダー キューで色を変換する

ムービー レンダー キュー では、メディア エクスポートに対する OCIO 色変換の適用がサポートされています。このページでは、ムービー レンダー キューに色変換を設定する方法を説明します。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
キャンセル