ポーズ キャッシュ

コントロールリグ グラフで参照するために、ボーンのポーズと状態を保存します。

Choose your operating system:

Windows

macOS

Linux

Control Rig のポーズ キャッシュ機能を使用すると、アニメーション ポーズを保存して、コントロールリグ グラフの異なる時点に適用できます。任意の リグ要素 をポーズにキャッシュできるため、カーブ値、トランスフォームなど、さまざまなプロパティにリグ グラフ内でアクセスできます。

このドキュメントでは、ポーズ キャッシュ機能の概要と、ポーズを格納して適用する方法を説明します。

前提条件

クイックスタート

以下は、ポーズの格納および取得方法を示すクイック ガイドです。

ポーズをソートする

ポーズは、コントロールリグの [My Blueprint (マイ ブループリント)] パネルに変数として格納されます。新しいポーズ変数を作成するには、[Variables (変数)] カテゴリの 追加 (+) ボタンをクリックして、変数タイプを [Rig Pose (リグ ポーズ) に設定します。

rig pose variable

次に、グラフにこの変数をドラッグして、Set を選択することで、Set 操作としてリグ グラフ内で変数を参照します。

rig pose reference

さらに、グラフで右クリックして Get Pose Cache を選択して、Get Pose Cache ノードを作成します。Pose ピンと Value ピンを接続します。

gest pose cache

最後に、Set ノードをイベントに接続します。この例では、Set ノードを Setup Event に接続することで、キャラクターの初期 A ポーズが格納されます。

store control rig pose

ポーズを適用する

ポーズは、Rig Pose 変数を読み取る Apply Pose Cache ノードを使用して適用されます。

まず、グラフに Rig Pose 変数をドラッグして、Get を選択することで、Get 操作としてリグ グラフ内でこの変数を参照します。

rig pose reference

次に、グラフで右クリックして Apply Pose Cache を選択して、Apply Pose Cache ノードを作成します。Pose ピンと Value ピンを接続します。また、このノードを Forwards Solve イベントなどのイベントに接続することで、その評価をプレビューすることができます。

apply pose cache

ポーズ全体を適用するので、Weight 値を編集してポーズ エフェクトをプレビューできます。この例では、ポーズの適用をより適切に確認できるように、 [Preview Scene Settings (プレビュー シーン設定)] からプレビュー コントローラーを使用することもできます。

apply pose

ポーズ キャッシュ ノード

次のポーズ キャッシュ ノードをコントロールリグ グラフで使用できます。

名前

画像

説明

Apply Pose Cache

apply pose cache

保存済みのポーズを適用します。リグ要素、トランスフォーム空間、Items to Set、ウェイトを設定するためのプロパティを含みます。

For Each Pose Cache Element

for each pose cache element

このノードは、特定のポーズのすべてのアイテムを反復的に実行します

Get Pose Cache

get pose cache

Items to Get およびリグ要素タイプの入力に基づいて、ポーズを保存します。アイテムが指定されない場合は、すべての項目が使用されます。

Get Pose Cache Curve

get pose cache curve

保存されたポーズから単一の アニメーション カーブ を取得します。

Get Pose Cache Delta

get pose cache delta

2 つのポーズを比較して、比較チェックのブール値を出力します。

Get Pose Cache Items

get pose cache items

リグ要素をアイテム配列で返します。

Get Pose Cache Transform

get pose cache transform

ポーズに含まれる単一のリグ要素から、トランスフォームまたはアニメーション カーブ値を取得します。

Get Pose Cache Transform Array

get pose cache transform array

ポーズに含まれるすべてのアイテムのトランスフォームを取得して、トランスフォーム配列として返します。

Is Pose Cache Empty

is pose cache empty

ポーズが空かどうかを確認します。

Draw Pose Cache

draw pose cache

ビューポートに保存されているポーズの軸デバッグ情報を描画します。ポーズに保存されている要素のみ描画します。

draw pose cache

ポーズ キャッシュに関連するほとんどのノードに、次の共通プロパティが含まれています。

apply pose cache

名前

説明

Element Type

ポーズを保存するときにフィルタするリグ要素。次の要素から選択できます。

  • Bones (ボーン)

  • Nulls (Null)

  • Controls (コントロール)

  • Curves (カーブ)

  • All (すべて)

Space

ポーズ情報を格納し、適用する必要のあるトランスフォーム空間。Local 空間または Global 空間のどちらかを選択できます。

Items to Set

ポーズを保存する際に含めるリグ要素の配列。何も設定しない場合、指定した Element Type に従ってすべての要素が含まれます。

ワークフローの例

Get Children などの配列ビルド ノードを使用することで、ポーズに保存するリグ要素の一部のセクションのみを取得することができます。これは、特定の要素のみにポーズを保存して適用したい場合に役立ちます。

apply pose partial

Branch などの実行ノードを使用すると、特定の時点や状態のポーズを保存することができます。

branch set pose