コントロール形状およびコントロール形状ライブラリ

コントロール形状ライブラリのさまざまなコントロール形状を使用して、コントロールをカスタマイズできます。

Choose your operating system:

Windows

macOS

Linux

コントロールリグのコントロールを作成する際は、コントロール同士を視覚的に区別できるようにしたり、コントロールにより適した形状を使用したりすることが必要になります。コントロール形状 のプロパティを使用すると、コントロールのトランスフォーム、色、形状に反映させることができます。また、コントロール形状ライブラリ を作成および編集して、使用可能なコントロール形状を追加または変更することもできます。

このドキュメントでは、これらのツールおよび機能の概要について説明します。

前提条件

コントロール形状

コントロールのプロパティを表示するには、コントロールリグ エディタ でコントロールを選択し、[Details (詳細)] パネルで [Control Shape (コントロール形状) のプロパティを特定します。

control shape property

形状の変更

コントロールの形状を変更するには、Shape ドロップダウン メニューからオプションを 1 つ選択します。

control shape circle

形状の色を変更することもできます。これには、Color プロパティをクリックして、 カラー ピッカー を開きます。色を選択して、[OK] をクリックすると、コントロール形状の色が変更されます。

control shape color

コントロール形状ライブラリ

使用可能な形状のリストを追加または変更する必要がある場合は、コントロール形状ライブラリ を使用して行うことができます。各 Control Rig アセットには、ライブラリへの参照が含まれています。これを表示するには、コントロールリグ エディタで [Class Settings (クラス設定)] をクリックして、[Details] タブで Gizmo Library プロパティを特定します。

class settings library

既存のライブラリを使用したり、他の ControlRigGizmoLibrary を Control Rig クラスに割り当てたりすることを選択できます。

ライブラリは、[Details] タブのアセットをダブルクリックするか、コンテンツ ブラウザ でライブラリに手動で移動することで開くことができます。ライブラリは、「Engine」 > 「Plugins」 > 「Control Rig Content」 > 「Controls」フォルダにあります。ライブラリが 「Engine」 > 「Plugins」 フォルダにあるため、コンテンツ ブラウザの [Settings (設定)][Show Engine Content (エンジンのコンテンツを表示)][Show Plugin Content (プラグインコンテンツを表示)]** を有効にする必要があります。

control library content browser location

ライブラリのプロパティ

ライブラリを開くと、以下のプロパティが設定されています。

control library properties

名前

説明

Gizmo Name

新しいコントロールを追加する際の初期のコントロール形状の名前。

Static Mesh

新しいコントロールを追加する際に初期コントロール形状に使用するメッシュ。

Transform

新しいコントロールを追加する際に初期コントロール形状に使用する位置、回転、スケール。

Default Material

すべてのコントロールに使用する マテリアル

Material Color Parameter

コントロール形状の Color プロパティを変更すると適用される、[Default Material (デフォルト マテリアル)] の Vector 3 の マテリアル パラメータ

Gizmos

コントロールの Shape ドロップダウン メニューに表示される配列。このプロパティでは、各形状の NameStatic MeshTransform を指定できます。新しい形状は、[Add Element (要素を追加)] ボタンを使用して追加できます。形状を削除するには、ドロップダウン ボタンをクリックして、[Delete (削除)] を選択します。

新しい形状を追加する

コントロール形状は、 スタティック メッシュ を使用して表されます。これは、Control Rig Library アセットと同じフォルダで確認できます。

control shape static mesh

独自の.fbx スタティック メッシュをインポートして、カスタム形状でライブラリを拡張することができます。拡張するには、.fbx モデル ファイルがすでにエクスポートされていることを前提として、このファイルを Unreal Engine にインポートします。インポートするには、コンテンツ ブラウザで [Import (インポート)] をクリックして、.fbx ファイルを選択し、[Import (インポート)] をクリックします。

import new control shape

コントロール形状として使用するために新しいメッシュをインポートする場合、テクスチャをインポートしたり、テクスチャのためのマテリアルを作成する必要はありません。そのため、[FBX Import Options (FBX インポート オプション)] メニューの [Import Textures (テクスチャのインポート)][Disabled (無効)] で、[Material Import Method (マテリアルのインポート方法)][Do Not Create Material (マテリアルを作成しない)] に設定されていることを確認します。

control shape import settings

スタティック メッシュがインポートされたら、Gizmos プロパティの [Add Element (要素を追加)] ボタンをクリックして、配列に新しい形状のエントリを追加します。配列リストを展開して、下にある新しく作成したエントリに移動すると、Gizmo NameStatic MeshTransform プロパティを設定できます。

add new control shape

これで、コントロールリグに戻ると、Shape プロパティで新しいコントロールを選択できるようになっています。

new control shape