視覚効果を作成する

Unreal Engine の Niagara 視覚効果システムを使って、パーティクル エフェクトをリアルタイムで作成およびプレビューします。

Choose your operating system:

Windows

macOS

Linux

Niagara VFX システム は Unreal Engine 5 (UE5) で視覚効果 (VFX) を使用するための主要なツールです。

このページでは、概要、起動および実行方法などを含めて Niagara VFX システムに関連するドキュメントのリンクを提供しています。Niagara エディタを初めて使う場合は、「[Getting Started (開始する)]」セクションにおいて、Niagara エディタの概要、クイックスタート ガイド、Niagara の主要概念および設計思想について確認することを推奨します。

また、「チュートリアル」セクションは、段階ごとのプロジェクト操作ガイドです。

リファレンス」セクションでは、システムおよびエミッター モジュール リファレンス、Niagara エディタ UI リファレンス、Niagara スクリプト エディタ UI リファレンスについて確認できます。

「使用を開始する」ページとチュートリアル

「使用を開始する」ページは、Niagara を初めて使う場合に役立ちます。Niagara の概要、アーキテクチャを説明する重要な概念、最初のプロジェクトを開始するためのクイックスタート チュートリアルなどのページが含まれます。

さらに一歩進むために、プロジェクトを作成する手順を説明しているチュートリアルをさらに確認してください。さまざまな効果を習得することで、Niagara システムの構築方法のコツをすばやくつかむことができます。

Niagara の機能

システムの機能について学ぶために、以下の Niagara の機能を十分に探究してください。流体シミュレーション、または実験的機能でる GPU Raytracing Collisions モジュールについて学習しましょう。

上級ユーザーの場合、最初に Niagara に付属しているモジュールでは、求めている効果を十分に発揮できない場合があります。Niagara スクリプト エディタを使用して既存のモジュールを修正したり、独自の新しいモジュールを作成することができます。

Niagara でのデバッグと最適化

ツールで操作を開始すると、Niagara のシミュレーションを微調整することができます。デバッグ描画ツールを使うと、サポートされたモジュールの一部のコンポーネントを視覚化しやすくなります。Niagara デバッガーは使用するレベルでのシミュレーションのパフォーマンスのリアルタイム解析を実行します。

リファレンス

最後に、ユーザー インターフェース、特定のボタン、またはモジュールに関する詳細な質問については、リファレンス ページを確認してください。