XR 体験の UI を作成する

Unreal Engine で XR 体験のユーザーインターフェースを開発する

Choose your operating system:

Windows

macOS

Linux

XR プロジェクトにユーザーインターフェイス (UI) を追加して、情報を表示し、インタラクト可能なオブジェクトを作成します。このページには、Unreal Engine で XR アプリケーションの UI を作成するためのドキュメントへのリンクが含まれています。

3D ウィジェットとインタラクション

XR 体験の場合、仮想環境でのインタラクションができるようにユーザーインターフェース (UI) は 3D である必要があります。このページでは、Unreal Engine でインタラクト可能な 3D ウィジェットを作成する方法を説明します。

ヘッドマウント ディスプレイにアイテムをアタッチする

ポーンのカメラ コンポーネントを使用してアイテムを HMD にアタッチすることができます。これは、ヘッドアップ ディスプレイ (HUD) を作成し、プレイヤーをフォローする必要のあるアイテムを添付する場合に便利です。このページでは、アイテムを HMD をアタッチする方法について説明します。

ヘッドマウント XR 体験のプレイエリアの境界を視覚化する

ユーザーは XR デバイスにプレイ領域のサイズを定義することができます。このページでは、プロジェクトでユーザーがプレイできる領域の境界を視覚化する方法を説明します。

ヘッドマウント体験用のステレオ レイヤー

プロジェクトの他の部分とは別のレンダリングパスで、テクスチャをヘッドマウント ディスプレイ (HMD) に送信することができます。これらのテクスチャはポストプロセス エフェクトを使わずに表示することができます。

以下のページではステレオ レイヤーの種類とプロジェクトでの使用方法を説明します。

ヘッドマウント体験用画面を取り込む

HMD をターゲットとするアプリの場合、レベル間の移行を支援するロード画面としてテクスチャを使用できます。このページでは取り込んだ画面をプロジェクトに追加する方法を説明します。

次のステップ

XR プロジェクトにユーザー インターフェイスを追加したら、これらのガイドに従って機能を追加し、プロジェクトのパフォーマンスを向上させます。

タグ