ハンドヘルド AR 体験を開発する

Unreal Engine でハンドヘルド AR デバイス向けの開発を行う

Choose your operating system:

Windows

macOS

Linux

Unreal Engine では、単一の統合フレームワークでハンドヘルド AR 向けの開発をサポートしているため、最小限のプラットフォームでの検証作業で、複数のモバイル プラットフォームをターゲットにしたアプリケーションを作成することができます。ハンドヘルド AR プラットフォームでは、フェイシャル トラッキング、環境プローブ、オブジェクト オクルージョンなど、Unreal Engine プロジェクトで使用できるさまざまな機能を提供します。

現在のところ、OpenXR を使用してハンドヘルド AR デバイス向けの開発を行うことはできません。OpenXR を使用して XR プロジェクトを開発するには、「OpenXR を使用してヘッドマウント体験を開発する」を参照してください。

このページには、Unreal Engine でハンドヘルド AR デバイス向けの開発を行う方法に関するドキュメントへのリンクが含まれています。

ハンドヘルド AR の概要

Unreal Engine には、ハンドヘルド AR 用のテンプレート プロジェクトが含まれています。このテンプレートでは、ハンドヘルド AR プロジェクト用のシンプルなベースが提供されており、このベースは、プロジェクトのニーズに合わせて変更することができます。このページでは、テンプレートの使用方法と、Unreal Engine でハンドヘルド AR の開発を開始する方法について説明します。

対応プラットフォーム

このページでは、Unreal Engine でハンドヘルド AR をサポートするプラットフォームとモバイル デバイスに関する情報、およびアプリケーションをそのプラットフォームやデバイスにデプロイする方法について説明します。

ハンドヘルド AR の機能

以下は、プロジェクトに追加できるハンドヘルド AR 機能と、プラットフォームでその機能がサポートされているかどうかを示すリストです。

機能

説明

ARCore のサポート

ARKit のサポート

Plane Detection (平面の検出)

実世界の垂直面または水平面を検出することができます。平面が検出されると、その位置に仮想オブジェクトを配置し、テーブルの上など、実世界のオブジェクトにアタッチしているように見せることができます。

あり

あり

Object Occlusion (オブジェクト オクルージョン)

実世界のオブジェクトが仮想オブジェクトをオクルードすることができます。つまり、仮想オブジェクトが実世界のオブジェクトの背後にレンダリングされているように見えます。

あり

あり

People Occlusion (ピープル オクルージョン)

オブジェクト オクルージョンと同様に、人が仮想オブジェクトをオクルードすることができます。

なし

あり

Environment Probe (環境プローブ)

実世界の光源の強度および方向を推定することができます。この光源推定を仮想オブジェクトに適用することで、実世界と融合させることができます。

あり

あり

ARPin

ARPin を使用して、仮想オブジェクトを実際の場所にアタッチすることができます。。また、この ARPin をクラウドに保存し、他のデバイスと共有することで、複数のユーザーが同じコンテンツを同じ場所で見ることができます。

あり。ローカルおよび、Cloud Anchors と Azure Spatial Anchors を使用して、クラウド経由でもサポート。

あり。ローカルおよび、Geo Anchors、Cloud Anchors、および Azure Spatial Anchors を使用して、クラウド経由でもサポート。

Augmented Images (マーカー認識)

アプリが検出および拡張できるリファレンス画像を提供することができます。

あり

あり

Facial Tracking (フェイシャル トラッキング)

トラッキングとオーグメンテーションのために、ユーザーの顔のフィーチャー点を検出することができます。

あり

あり。ARKit API または Live Link Face アプリ のいずれかを使用して対応。

Geotracking (ジオ トラッキング)

デバイスの GPS を利用した特定の地理的位置の追跡や、ダウンロードした画像に基づくワールド トラッキングを実行することができます。この機能は、その領域の画像が収集されているかどうかに依存します。

なし

あり、詳細については、「Apple のドキュメント」を参照してください。

Camera Intrinsics (カメラの組み込み属性)

焦点距離や画像解像度など、デバイスの物理的なカメラに関する情報を取得することができます。

あり

あり