XR 開発

XR (AR/VR/MR) プラットフォームとデバイスを Unreal プロジェクト用にセットアップおよび使用する方法を説明します。

Choose your operating system:

Windows

macOS

Linux

XR は次の体験の総称です。

  • AR (Augmented Reality / 拡張現実): ハンドヘルドまたはウェアラブル デバイスを通じて、現実世界にいるユーザーの視界に知覚情報が重なります。

  • VR (Virtual Reality / 仮想現実): ウェアラブル デバイスを通じて、ユーザーの視界が仮想環境に置き換わります。

  • MR (Mixed Reality / 複合現実): AR と MR が混ぜ合わさった体験です。

Unreal Engine は、コンテンツ作成パイプラインによる XR プラットフォームの開発と XR デバイスの使用の両方をサポートしています。以下のセクションでは、プロジェクトで XR デバイスを使用する方法に関するドキュメントのリンクを紹介します。

OpenXR でヘッドマウント XR 体験を開発する

OpenXR はロイヤルティフリーのオープン規格であり、XR プラットフォームおよびデバイスへの高性能なアクセスを提供しkます。OpenXR を使用すると、OpenXR API をサポートするあらゆるシステムで実行可能な Unreal Engine で没入感のある体験を作成することができます。現在 Unreal Engine の OpenXR は、ヘッドマウント デバイスのみをサポートしています。

このセクションは、Unreal Engine で OpenXR がどのように機能するのか説明します。

ハンドヘルド AR 体験を開発する

ハンドヘルド AR 体験は、ヘッドマウント XR 体験とは基本的に異なります。このセクションは、ハンドヘルド AR を使い始める方法、およびこれらのプラットフォームに含まれている固有の機能の使用方法について説明します。

XR を使い始める

このセクションでは、Unreal Engine で XR アプリケーションを作成するための基本を説明します。

インタラクティブな XR 体験を作成する

ハンド トラッキング、モーション コントローラー、アイトラッキングなど、数多くの多様な入力があります。このセクションは、Unreal Engine で XR アプリケーションに入力を追加する方法を説明します。

XR 体験の UI を作成する

XR 体験の場合、仮想環境でのインタラクションができるようにユーザーインターフェース (UI) は 3D である必要があります。このセクションは、Unreal Engine で XR アプリケーションの UI を作成する方法を説明します。

XR で体験を共有する

このセクションは、複数の XR デバイスで共有可能なコンテンツの作成方法を説明します。

Unreal Engine でサポートされる XR プラットフォーム

このページは、Unreal Engine でサポートされる XR プラットフォームとデバイスに関する情報を提供します。

XR のパフォーマンスとプロファイリング

このセクションは、XR アプリケーションのプロファイリング方法と、パフォーマンス向上のために考慮すべき内容について説明します。

コンテンツ作成に XR を使用する

Unreal Engine は、仮想現実での環境構築や、デバイスからアニメーション用のエンジンへのトラッキング データのストリーミングなど、コンテンツ作成パイプラインでの XR の使用もサポートしています。以下のページでは、Unreal Engine で XR を開発するだけでなく、それらを使用する方法について説明します。