ファースト パーソン テンプレート

Unreal Engine のファースト パーソン テンプレートについて説明します。

Choose your operating system:

Windows

macOS

Linux

Unreal Engine 4 で新規プロジェクトを作成する場合、テンプレートを一覧から選択することができます。テンプレートには、レベル ジオメトリ、操作可能なキャラクター、シンプルなキャラクター アニメーションなど、すぐに使用できるアセットが含まれています。チュートリアルの多くでは、最初はこれらのテンプレートを使います。

ファーストパーソン ゲームでは、プレイヤーはプレイしているキャラクターの視点でゲームを見ます。ファーストパーソン ゲームの中には、キャラクターの腕や武器などのキャラクター モデルの一部を表示するものもあります。この点が、キャラクターの背後および少し上からの視点でアクションを見る サードパーソン ゲーム と異なります。

Unreal Engine 5 の ファースト パーソン テンプレートには次の要素が含まれます。

  • 移動と発射ができるプレイ可能なファースト パーソン キャラクター。

  • 拾い上げて発射物を発射できる銃。

  • 基本的なジオメトリ (傾斜、プラットフォーム) のあるレベル。

  • プレイヤーまたは発射物が衝突したときに反応する立方体。

ファーストパーソン プロジェクトを作成する

Unreal Engine 5 を起動すると プロジェクト ブラウザ ウィンドウが表示されます。このウィンドウでは、既存の Unreal プロジェクトを開いたり、新しくプロジェクトを作成したりできます。ファーストパーソン プロジェクトを作成するには、左の [Games (ゲーム)] カテゴリを選択し、「First Person」テンプレートを選択します。

Creating a new first-person project in Unreal Engine 5.

Unreal Engine 5 で新規のファーストパーソン プロジェクトを作成する。

ファーストパーソン プロジェクトに設定できる複数の追加設定があります。これらの概要については、「新規プロジェクトを作成する」ページを参照してください。

プロジェクト設定を行う場合、すぐに使用できるオブジェクトをレベルに追加したい場合は、[With Starter Content (スターターコンテンツ有り)] オプションを選択します。使っている間に Unreal Engine での制御とワークフローが分かるようになるのでお勧めです。

上記の手順を行うと、基本レベルにキーボードとマウスを使用して制御するファーストパーソン キャラクターが追加されます。

新しいレベルに挑戦してみましょう。メイン ツールバーの [Play (プレイ)] をクリックして動き回り、キューブをいくつか撃ってみましょう。

前後左右に移動するには WASD キーを使って前後左右に移動し、マウスを動かして見回します。

テンプレートの内容

ファーストパーソン テンプレートには、単純なファーストパーソンシューター (FPS) ゲーム、またはその他のファーストパーソン体験のすべての基本的要素がすべて含まれています。以下のセクションでは、これらの要素について、そしてこれらが コンテンツ ブラウザ のどこにあるかを説明します。

ブループリント

ファーストパーソン テンプレートには以下のためのブループリントが含まれています。

  • プレイヤー キャラクター

  • ライフル

  • ライフルの発射体

  • ゲーム モード

これらのブループリントは「Content/FirstPerson/Blueprints」フォルダにあります。

各ブループリントの イベントグラフ には、さまざまなノード グループの役目および実装の背後にあるロジックの一部を理解するためのコメントと注釈が含まれます。

ファースト パーソン キャラクター

プレイヤー キャラクターのアセットは「Content/FirstPersonArms」にあります。この中には、キャラクターのスケルトンメッシュ、マテリアル、テクスチャ、アニメーションがあります。

ライフルの発射体

Content/FPWeapon」にはライフルと発射体のアセットが含まれています。ライフルはスケルタルメッシュを使用します (SK_FPGun)。発射体は左クリックでスポーンされ、レベルで衝突する物理を有効にしているアクタに物理の推進力を適用します。このロジックが「Content/FirstPerson/Blueprints」フォルダにある BP_FirstPersonProjectile ブループリントにどのように実装されているかを見ることができます。

レベル

レベル ジオメトリ (スタティックメッシュ、マテリアル、テクスチャ) を構成するアセットは「Content/LevelPrototyping」フォルダにあります。

プロジェクトを改善する

プレイ可能なレベルができたので、コンテンツのインポートして、ゲームが面白くなるように調整することができます。

コンテンツ ブラウザ からドラッグ アンド ドロップすれば、とても簡単にレベルにコンテンツを追加することができます。スターター コンテンツ 有りを選択していれば、プロジェクトを作成するときにレベルにドラッグ アンド ドロップできる追加コンテンツが付いています。

レベルを追加する詳細な方法については、「レベル デザイナのクイックスタート」を参照してください。

次の学習内容

ファーストパーソン エクスペリエンスの作成の基本を完了しました。次は以下の内容の学習を提案します。

  • 異なるモデルの銃を インポートおよび設定 したり、まったく違う武器を選んでみましょう。 Unreal Engine の マーケットプレイス からあらかじめ用意されたアセットをダウンロードする、または自分でキャラクターを作成することができます。

  • ポストプロセス処理 を使って、ブラーやベネットなど魅力的な視覚効果をゲームに追加する。

  • Unreal Motion Graphics (UMG) を使用して、プレイヤーの健康状態や弾薬数などの情報を表示するために、インゲームのヘッドアップ ディスプレイ (HUD) を作成します。

  • Behavior Tree を使って AI キャラクターを追加します。プレイヤーを追いかけたり、逃げたり、助けたり、危害を加えたりするように設定できます。