マテリアル関数

パッケージに保存して複数のマテリアル間で再利用できるマテリアルのスニペット。

Choose your operating system:

Windows

macOS

Linux

コンテンツ

マテリアル関数 を使用すると、マテリアル グラフの各部を再使用可能なアセットにパッケージ化できます。このアセットはライブラリで共有し、他のマテリアルに簡単に取り入れることができます。マテリアル関数の目的は、共通して使用するマテリアル ノードのネットワークに瞬時にアクセスできるようにして、マテリアルの作成を合理化することにあります。マテリアル関数を使用すると、複数のマテリアル ロジックを単一ノードに抽出することができるようになり、アーティストにとってマテリアル作成が簡単になります。

マテリアル関数の 2 つめの長所は、単一の関数に編集することで、それを使用するすべてのマテリアル ネットワーク全体に反映されることです。マテリアル関数の動作を修正または変更する必要がある場合、その関数を使用している可能性のある数多くのマテリアルに対して編集を行う必要はありません。以下の 2 つのページは、Unreal Engine でマテリアル関数を作成および使用する方法に関する情報です。

関数のリファレンス

以下のリファレンス ページには、Unreal Engine に含まれているすべてのデフォルトのマテリアル関数の情報と使用例が記載されています。これらは マテリアル エディタ パレットのカテゴリに従って構成されています。