アクタを選択する

レベル エディタのビューポートでアクタを選択する際に使用できる方法について説明します。

Choose your operating system:

Windows

macOS

Linux

アクタの選択は、単純な操作であるものの、レベル編集プロセスの重要な部分です。操作するアクタをすばやく簡単に選択できることで、生産性が向上し、設計プロセスが迅速化します。

このページでは、Unreal Engine でアクタを選択するさまざまな方法について詳しく説明します。

シンプルな選択

アクタを選択する最も基本的な方法は、ビューポートでアクタを クリック することです。アクタをクリックすると、現在選択されているすべてのアクタの選択が解除され、代わりに新しいアクタが選択されます。Ctrl キーを押しながら新しい (選択されていない) アクタをクリックすると、新しいアクタが選択内容に追加されます。Ctrl キーを押しながら選択されているアクタをクリックすると、そのアクタが選択から除外されます。

この方法は、少数のアクタや、レベル全体に分散している複数の孤立したアクタを選択するのには適しています。ただし、多数のアクタを選択する場合は、時間と労力がかかる場合があります。

A selected Static Mesh Actor in the Viewport

選択されたアクタは、ビューポート上でハイライトされます。この例では、黄色いハイライトとトランスフォーム ウィジェットの表示によって、テーブルが選択されていることがわかります。

複数のアクタを選択すると、それらのアクタをグループとしてトランスフォームすることができます。また、[Details (詳細)] パネルで、プロパティを一括で変更することができます。

複数のアクタを選択している場合、選択しているアクタをグループに追加することで、再選択やプロパティの変更を一括で簡単に行うことができます。詳細については、「アクタをグループ化する」を参照してください。

アウトライナでアクタを選択する

[World Outliner (アウトライナ)] は、レベル内のすべてのアクタの階層ツリー ビューを含む、Unreal Editor のパネルです。デフォルトでは、Unreal Editor ウィンドウの右側に表示されます。

ビューポートと同じように、リスト内の個々のアクタを選択および選択解除することができます。

また、次の方法で複数のアクタを選択することができます。

  • アクタをクリックして、Shift キーを押しながら別のアクタをクリックすると、リスト内のそれらのアクタの間のすべてのアクタが選択されます。

    Selecting a range of Actors in the World Outliner

  • Ctrl キーを押しながら複数のアクタをクリックすると、クリックしたすべてのアクタが選択されます。アクタは連続している必要はありません。

    Selecting multiple Actors in the World Outliner

また、[World Outliner] でアクタを選択すると、ビューポートでも選択されます。反対に、ビューポートで選択すると、アウトライナでも選択されます。

マーキー選択 (クリック&ドラッグ)

マーキー選択は、ビューポート内の特定の領域内にあるアクタのグループをすばやく選択または選択解除する方法です。このタイプの選択は、マウスをクリックしてドラッグし、必要に応じて、キーまたはキーの組み合わせを押しながら実行します。マウスをドラッグしながら押したキーとマウス ボタンの組み合わせによって、ボックス内のすべてのアクタが選択または選択解除されます。

Marquee selection in Unreal Editor

Unreal Editor でのマーキー選択。なお、このビューポートは平行投影のトップダウン ビューになっています。このビューでは、クリック&ドラッグを使用して複数のオブジェクトを簡単に選択できます。

以下の表に、マーキー選択で使用可能なキーボードの組み合わせを示します。

マウスおよびキーボード ショートカット

アクション

クリックしながらドラッグ

現在の選択をボックスに含まれるアクタに置き換えます。

クリック&ドラッグ + Shift キー

ボックスに含まれるアクタを現在の選択に追加します。

クリック&ドラッグ + Ctrl + Alt キー

ボックス内のアクタを現在の選択範囲から除去します。

選択メニューの使用

Unreal Editor のメニュー バーにある [Select (選択)] メニューを使用すると、複数の高度な選択手段が表示されます。

このサブメニューで使用できるオプションは、選択するアクタのタイプに応じて異なります。たとえば、スタティック メッシュを選択している場合は、ブループリントを選択している場合とは異なるオプションが表示されます。

以下の表に、[Select] サブメニューでよく使用されるオプションの詳細を示します。

オプション

説明

Select All (すべて選択)

現在のレベルにあるすべてのアクタを選択します。

Unselect All (すべて選択解除)

現在の選択項目をクリアします

Invert Selection (選択を反転)

現在の選択を反転します (現在選択されていないすべてのアクタを選択し、現在選択されているアクタの選択を解除します)。

Focus Selected (選択にフォーカス)

選択されたアクタをレベル ビューポートの中央に配置します。

Select Immediate Children (直接の子を選択)

現在選択されているアクタの「直近」の子アクタを選択します。たとえば、アクタ階層は次のようになります。

  • アクタ 1

    • アクタ 2

    • アクタ 3

      • アクタ 4

      • アクタ 5

    • アクタ 6

      • アクタ 7

この操作では、アクタ 2、3、および 6 のみが選択されます。

Select All Descendants (すべての子孫を選択)

現在選択されているアクタの「すべて」の子アクタを選択します。

Select Relevant Lights (関連するライトを選択)

現在選択されているアクタに影響を及ぼすライト アクタをすべて選択します。

Select Matching (Selected Classes) (一致を選択 (選択されているクラス))

(メッシュ アクタの場合) 選択されているアクタと同じスタティック メッシュおよび同じアクタ クラスのすべてのアクタを選択します。

Select Matching (All Classes) (一致を選択 (すべてのクラス))

(メッシュ アクタの場合) 選択されているアクタと同じスタティック メッシュのすべてのアクタを選択します。

  • Select All Additive Brushes (すべての加算ブラシを選択)

  • Select All Subtractive Brushes (すべての減算ブラシを選択)

  • Select All Surfaces (すべてのサーフェスを選択)

指定したタイプ (加算、減算、サーフェス) に一致するブラシ アクタをすべて選択します。

Select All With Same Material (同じマテリアルを使用しているアクタをすべて選択)

同じマテリアルを使用するすべてのアクタを選択します。

  • Select All Geometry in Hierarchy (階層内のすべてのジオメトリを選択)

  • Deselect All Geometry in Hierarchy (階層内のすべてのジオメトリの選択を解除)

  • Select Inverse Geometry in Hierarchy (階層内の逆ジオメトリを選択)

レベル内のすべてのジオメトリを選択、選択解除、または現在の選択を反転します。

タグ